愛媛県議会議員の  庶民派・元気派・さわやか派  石川みのるが見て歩き、いろいろな思いを語ります。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イオンでの献血の会場1
本日は世にいうバレンタインデー。

職場などではチョコが行き交い、チョコレート業界ではホクホクの一日だったことでしょう。

でも、お天気はと言うと昨日からずっと雨で、些かブルーになってしまいます。

それでも、一雨、一雨春に近付き、足元には春を見ることができている今日この頃となっていると思います。

小生は?というと高知、松山、大分、そして日曜日は大洲へと飛びまわったのとは裏腹に、昨日なんかはほぼ一日家にこもって、原稿作りに精を出して、日にあたることもなく、裏なり瓢箪のような趣であります。

一方では食べることだけは忘れず、動かないので、一層腹が弛んで醜くせり出しているように思えてなりません。

イオンでの献血の会場2

そして本日はB型肝炎で提訴したことから、弁護士の指示に従って資料集めに奔走しました。

小生の場合、3つの診療機関からの医療情報の開示を受けなければなりません。

この点に関してはそれぞれの医療機関が誠実に対応してくれていますし、カルテも廃棄している様子ではないので、心配は無いと思います。

後は小生が0歳から7歳まで居住していた所を証明する戸籍附票も筆頭者が小生ではなくて、父親が筆頭者でのが必要とのこと。

2011.12.11 イオンでの献血の会場3

そうでないとダメであるという意味が理解できませんが、裁判所に提出するのはそれでなくてはいけないようです。

また、母子手帳は制度上、1948年からあったそうですが、我が家にはどんな状態で保管されているのか、紛失したのか定かではありません。

年老いた母にその所在を聞くのも酷なような気もしますし、時間があれば改めて家捜しをしたいと思います。

なにせ、随分昔の代物です。

2011.12.11 イオンでの献血の会場4

他にも提出をしなければならない資料もあります。

恐らく多くの方は裁判所が求める古の資料を取り揃えることが出来ずに、頓挫したり、最初から諦めたりすると思います。

小生なら、今は元気で自分で車を運転して、目的地に行き、それを求めることができますが、亡くなった方の親族や病に伏している方などは無理でしょう。

2011.12.11 献血をする新居浜ライオンズクラブの久保田幹事

実際に自らが原告という身を体験するとその煩わしさを痛感し、諦め、頓挫し、救われない方が全国にどの位いるのだろうかとかを考えると不条理さを感じずにはおれません。

原発の損害請求なども煩雑な資料を提出しなければならないということで、煩わしさばかりが先行するのではないかと思ってしまいます。

天気のせいもあって、些か世を儚んだような気にさせられる本日のバレンタインデーでした。

2011.12.11 献血をする新居浜ライオンズクラブの久保田幹事2

さて、本日の画像は本文とは関係のない画像で恐縮です。

昨年の12月に新居浜ライオンズクラブがイオン新居浜店の駐車場で献血をした時の写真です。

2011.12.11 献血をする新居浜ライオンズクラブの伊藤さん

今も慢性的に血液が不足している中で、ライオンズクラブなどがまさにボランティアで協力し、社会貢献しています。

因みにお礼の洗剤やお菓子、ボールペン等に新居浜ライオンズクラブでは1回の献血で10万円程を支出しています。



さようなら原発2.18四国集会


スポンサーサイト

【2012/02/14 19:52】 | 未分類
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。