愛媛県議会議員の  庶民派・元気派・さわやか派  石川みのるが見て歩き、いろいろな思いを語ります。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 2011.12.17 宇和島道路・近家トンネル1
 
伊方の原発は今日も3機とも止まっていますが、当然にも停電はしていません。

 お陰さまでよく言われたように蝋燭の下での生活をしなくて済んでいます。

 前にも書きましたが、40%の電力を供給している原発を止めると…。

 さて、これは一体どうなっているのでしょうか?

 これを吹聴した人の責任は問われないのでしょうか?

 愛媛新聞の社説にもありましたように、もしも原発を再稼働したいのなら、1万歩譲ったとしても福島第一原発の徹底した原因究明、検証なくしてあり得ない話だと思います。

2011.12.17 宇和島道路の近家トンネル4

 さて、B型肝炎の訴訟をするためにはそれなりの資料を準備しなければなりません。

 今日は市役所の支所へ行って自分や両親の戸籍謄本などを取ってきました。

 役所が縁遠い人にはこれも大変な仕事の一つでしょう。

 更には

1 B型肝炎ウイルス感染判明後1年分のカルテ

2 B型慢性肝炎発症後1年分のカルテ

3 提訴前1年分のカルテ

4 B型ウイルスの治療等で入院している場合のカルテないし退院サマリー

 こんなのも必要になってくるそうです。

 幸い、小生の場合は全てではありませんが、闘病中に当時のワープロと手帳にそれなりの記録を残しておいたので助かりました。

 遠い20年前の過去の記憶なんてあてになりませんので、今は記録をしておいて良かったとホッと胸を撫で下ろしています。

 それでも、裁判所が求める全ての資料を提出できるかは定かではありません。

 印紙代も5万9000円も必要です。

 さて、これからどんな展開になるのでしょうか?

 B型肝炎で困っておられる方の一助になれば幸いです。

2011.12.17 宇和島道路の近家トンネル2

 さて、さて、昨日の愛媛新聞の朝刊には高速道路が西予宇和から宇和島北まで延伸するのが3月11日で調整していると報じられていました。

 この間、16.3キロで、時間にして、約20分の短縮になるそうです。

 未だ、明確な日は明らかではありませんが、あと2か月ほどであることは間違いないでしょう。

2011.12.17 宇和島道路の近家トンネル3

 さらにこの先には宇和島道路があって、宇和島北から津島・高田まで14キロが開通していますから、これと接続されるホントに早く愛南町まで行けるようになるわけですから、小生もその完成する日をキリンさんのようになって待ち望んでいる一人であります。

 そして、今は更に更に津島・高田から津島・岩松までの3.5キロの工事も進められており、この区間の完成が26年度頃と言われています。

2011.12.17 宇和島道路の近家トンネルの岩松側

 本日の写真はこの区間のトンネル工事のものです。

 実はこの写真を取ったのは12月の中頃だったので、今では随分と進捗していると思います。
スポンサーサイト

【2012/01/16 20:11】 | 未分類
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。