愛媛県議会議員の  庶民派・元気派・さわやか派  石川みのるが見て歩き、いろいろな思いを語ります。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

10.11.07 新居浜東高校正門
 
 早いもので、8月も終わり、今日から9月。

 この辺りの学校では今日から2学期となり、朝、夕と然るべき時間になれば学校へ向かう子ども、学校から帰る子どもが行き交いする「日常」が帰ってきます。

 また、校庭では子ども達の歓声が響き、高校では運動会に向けた本格的な練習が行われます。

 因みに新居浜西高校は9月5日の月曜日、新居浜東高校は9月10日の土曜日となっているそうです。

 私達にはお陰で「日常」があるのですが、東北の被災地で子どもたちはどのように過ごし、どのような2学期を迎えようとしているのかと思いを馳せてしまいます。

 7月31日の朝日新聞の「天声人語」には福島の小学校2年生の女の子が七夕の短冊に「しょう来、がんになりませんように」と書いたことが紹介されていました。

 何とも切ない気持にさせられます。

10.11.07 新居浜東高校モザイク東田2

 さて、この時期になれば10月の新居浜祭りに向け、それぞれが本格的に稼働します。

 もっともこれまでの様々な会や警察との打ち合わせ、折衝なども積み重ねてはきましたがね。

 小生も8月30日には上部太鼓台運営委員会の皆さんと新居浜警察署に赴き、約2時間15分にわたり副署長以下、新居浜警察との意見交換をしました。

10.11.07 新居浜東高校モザイクアート新須賀

 特に新居浜警察署からは、上部太鼓台運営員会が求める10月15日の山根グランドの統一寄せが①本来の祭礼日ではないこと ②西条祭りと重なり、国道11号線の渋滞が長時間、長区間に及ぶことが予見されること ③当日、マリンパークで水樹奈々さんを始めとする「あかがねロックフェスティバル」が行われること ④市内の他の地域が祭りではないために土曜日ということもあって昨年以上の人出が予想されること等が指摘されました。

10.11.07 新居浜東高校モザイクアート東雲

 つまり、それだけに警察からの「要望」「リクエスト」は従来とは違う質・量となり、上部太鼓台運営委員会もそれらからは自由であり得ず、従来の既成概念にとらわれない対応が求められるということを意味します。

 この種の話は極めてデリケートなだけに、この中身をこの場でこれ以上詳らかにはできませんが、何れにせよ、「双方が知恵を出して、汗をかいて、いい祭りにしましょう」ということでの共通認識が醸成されたものと思います。

10.11.07 新居浜東高校モザイクアート又野

 ということで、本日は太鼓台にまつわる画像を再掲します。

 これは昨年、新居浜東高校の生徒さんが市内の4太鼓台のモザイクアートを作成したものです。

 見事な出来です。

 さて、本日中にこのブログへのアクセスが10万件を突破するだろうと思います。

 2006年6月25日以来5年少々を要しましたが、これまでアクセスを頂いた皆さんに感謝を申し上げます。

 はて、誰が10万人目?

 名乗っていただければ幸いですが・・・。
スポンサーサイト

【2011/09/01 09:23】 | 未分類
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。