愛媛県議会議員の  庶民派・元気派・さわやか派  石川みのるが見て歩き、いろいろな思いを語ります。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011.7.1 新居浜特別支援学校1
 
 もう7月になりました。

 当然と言えば当然かもしれませんが、梅雨故に湿気が高く、蒸し暑さを感じさせます。

 これで太陽が顔を出すものなら、暑くて、暑くてたまりません。

 6月県議会も6月30日で本会議での質問戦も終わり、7月4日、5日の常任委員会を経て、8日には閉会します。

 今議会は県議会議員が改選されて初めての定例県議会。

 また、3月11日の東日本大震災後、初めての定例会。

 交渉会派・維新の会が結成され、交渉会派が4つになって初めての定例会となりました。

 今回初めて登壇した新人議員は2人。

 逢坂県議、西原県議のお二人とも市議会議員を経験された方ではありますが、県議会という独特の雰囲気故に緊張されたのではないかた推察します。

 大震災後の県議会ということでボリュームの多寡はあるにしても原発、災害、自然エネルギーなどについてはどの質問者も触れられていました。

 意外な印象としてはこれまで、原発を推進していた自民党の議員も謙虚に、そして真摯に質問をされていたことです。

2011.7.1 新居浜特別支援学校2

 交渉会派として維新の会が初登場した為に代表質問もされましたし、常任委員会、特別委員会の正副議長選挙においても従来とは違った対応がされました。

 これまでは「指名推薦」として自民党内で予め内定していた人が「異議なし」ですんなり決定されていました。

 それが29日の議会運営委員会で一石を投じ、翌30日の特別委員会の正副議長選出では2つの委員会で投票に依る選出となりました。

 結局、多数を握る自民党の正副議長が選出されましたが、エネルギー・防災特別委員会では自民党の篠原実議員が8票、公明党の笹岡博之議員が4票となりました。

 愛媛県議会47人のうち、31人が自民党。

 全国的に見ても自民党の占有率が高い愛媛ではありますが、その率が落ちてきているのは事実であります。

 全ての常任委員会、特別委員会、さらに監査委員など全てのポストを自民党が「独占」することについてはどうなのでしょうか?

 せめて・・・。

 という思いは否定できません。

 加戸知事が誕生した折には我が社会党、社民党も正副議長の一角を担っていた時期もあったのではありますが・・・。

2011.7.1 新居浜特別支援学校3

 さて、本日の画像はこの12月20日の完成を目指して工事が進められている新居浜特別支援学校の体育館です。

 工事全体の進捗から言えばまだ、基礎の基礎という感じです。

 広さ700㎡の木造です。

 木造故に少し割高になりますが、県産材を使って地域の林業に貢献します。

 さて、本日は「新居浜を明るくする運動大会」、東田自治会の般若入れ、夕方からは新居浜東高校の同窓会である「国領会」の総会、懇親会に参加します。
スポンサーサイト

【2011/07/02 07:28】 | 未分類
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。