愛媛県議会議員の  庶民派・元気派・さわやか派  石川みのるが見て歩き、いろいろな思いを語ります。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

11.5.16 我が家の花
 
 本来は緑が萌え、爽やかな薫風を頬に受け、すっきりとした気分にひたれる筈でありますが、小生はどこかシャキッとしません。

 熱こそは無いとは思いますが、まだ、完全に風邪が抜けきらず、シュンシュンと。

 また、連日の新聞、テレビで報じられる福島第一原子力発電所の事故のニュース。

 後出しが恒常化しているかのように次々と明らかになる「事実」。

 こうなると、いつの時点のどの「「事実」を信じていいのか判らなくなってしまい、翻弄されているような気がします。

 当初は「想定外の津波で発電所に大きなダメージがあった」と言われたりしていましたが、実は地震そのものの揺れに依ってもかなりのダメージがあったと言われるようになりました。

 もはや「想定外」は許されません。

 五感で感じることのできない「恐怖との戦い」を強いられる放射能による事故であるが故に、「想定外」で片付けることはできません。

 「今ただちに健康に被害を及ぼすようなレベルではありません」。

 ならば、「ただちに」ではないのなら、5年後、10年後、30年後は?

 他にも聞きたいことが次から次に頭を過ります。

 まさにクエッションの連鎖で、真剣に考えると夜も寝られなくなってしまいます。

 とにかく、一日も早く収束することを願って止みません。

11.5.17 我が家の花1

 昨日は比較的ゆっくりと時間を過ごすことができると思っていましたが、次々と用事が出来て、ゆっくりなんてとんでもない一日となりました。

 まず新居浜市役所では4つの課を回り、用務を済ませ、次々に入ってくる携帯電話に合わせて、相談に。

 一件は小生の手に負えないので、弁護士に委ねることを進言。

 もう1件は、雇用に関する問題。

 法的には問題はないので、方言で言えば「けたいくそ」の問題か?

 本質的な問題の解決にはならないまでも、話を聞いてあげるだけで、相談者の気は和んだように見受けることができました。

 さて、最近の小生の頭の中を占有しているのが新居浜東高校野球部の問題。

 高野連からの処分が明けて、もう1カ月が来ようとしていますが、まだまだ「日常」はきていません。

 それぞれの関係者の心中では様々な思いが交錯して葛藤し、心の戦いが展開されていることと推察します。

 この場では詳らかに出来ませんが、とにかく「日常」が一日も早く来ることを望んで止みません。

11.5.17 我が家のバラ

 そんな重たい話が続いた後なので、肩の力が抜ける話題を。

 昨日、第一生命のご存知「サラリーマン川柳」の人気投票ベスト10が発表されました。

 2,219票を獲得し、一位に輝いたのが「久しぶり~ 名が出ないまま じゃあまたね~」。

 確かに思い当たる節がありますよね。

 次に2,217票を集めたのが「クレームも 社員じゃ わからんパート出せ」。

 非正規雇用が増大している笑えない現実の世相を如実に映し出していますね。
 
スポンサーサイト

【2011/05/19 09:57】 | 未分類
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。