愛媛県議会議員の  庶民派・元気派・さわやか派  石川みのるが見て歩き、いろいろな思いを語ります。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

11.2.18 愛機エンジニアリングのウメ
 
いよいよ明日22日から愛媛県の第321回定例県議会が開会します。

 中村知事となって初めての本格的な予算編成となり、活発な論戦が展開されるものと期待されます。

 我が会派を代表して、村上 要県議が25日に登壇し、知事の考えを質す予定です。

 今回の県議下会での小生の質問はありません。

 だから小生は挨拶回り、街頭演説、小集会での挨拶など日夜を分かたず、市内を走り回っています。

 考えてみれば昨年の2月議会から6月議会、9月議会、12月議会と4回連続だったんですね。

 そんなこともあって、都合11回の質問回数を数えるに至りました。

11.2.18 愛機エンジニアリングのケシの葉の水滴とハエ科昆虫

 さて、新居浜に久々の大型の企業誘致の朗報が届きました。

 2月18日に県、新居浜市、企業との3者で協定書を交わしましたから、公にできることとなりました。
 
 その企業とは「リブドゥ」。

 本来は紙加工業でありますが、今回新居浜では手術キットなどを扱う業務を行うのだそうです。

 この「リブドゥ」の資本金は7億7千万円、売り上げは347億円、従業員は780人だそうです。

 新居浜市の観音原の新居浜市土地開発公社と住友林業が所有する土地の約49,500㎡を造成し、工場を建設し、25年度から操業する予定だそうです。

 最終的には350人規模の雇用を見込んでいると聞きます。

 また、この雇用も精密さと衛生という点が特に求められるために、多くが正規社員で対応するそうです。

 新居浜地方での経済、雇用、税収という点で大きな期待が持たれますが、東田という地域的には東田太鼓台の花を頂戴できる企業が一つ増えたと密かにほくそ笑んでいます。

 それは冗談としても、久々の大型の企業誘致が出来たことを率直に喜びたいと思います。
スポンサーサイト

【2011/02/21 21:17】 | 未分類
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。