愛媛県議会議員の  庶民派・元気派・さわやか派  石川みのるが見て歩き、いろいろな思いを語ります。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

11.1.13 八ツ場ダム2号橋1
 
 ここ数日寒い日が続きます。

 16日の朝は松山では気温こそ低いものの、雪はおろか雨も降らず、うんかご無事で新居浜に向けて、9時に出発。

 しかし、高速道路は川内から三島川之江まで通行止め。

 あえなくチェーン規制のかかった11号線で帰新するも1時間半程度で到着。

 新居浜に向かうにつれて雪の量が多くなっていました。

11.1.13 八ツ場ダム2号橋2

 そんな寒いここ数日ですが、小生の場合は暑いとか寒いとか言っておられる状況にありません。

 朝、街頭に立てる日は極力立たねばなりません。

 17日は西の土居、18日は落神の交差点で約1時間20分ほど立って、一人でマイクを握って、ひたすら喋り続けています。

 この両日とも我が家ではマイナス1度。

 ボイラーも凍結してお湯が出ない程の冷え込みです。

 そんなに寒い中で風通しのいい街頭に立つのは並大抵ではありません。

 上半身、下半身はそれなりに防寒具を身に纏えばそれなりに暖かさを確保できますが、どうしても顔から上は露出しないといけません。

11.1.13 八ツ場ダム2号橋3

 従って、耳が寒くて、寒くて。

 それとアスファルトの上に立つものですから、爪先が・・・。

 さて、本日の画像は先日視察に訪れた八ツ場ダム関連の画像です。

 このように住民の皆さんが移転される場所についてもほぼ出来上がっているようですし、国道145号線、JR我妻線の付け替え工事も昨年の3月末までに85%、88%まで出来ていますから、それから1年が経過した今ではこの数字も随分と上がってきています。

11.1.13 八ツ場ダム・ニホンカモシカ

 ダム本体の工事にはまだ着手していませんが、総額4,600億円にも及ぶ国家的巨大プロジェクト。

 40年来のダム建設で地域住民の皆さんには様々な負担を強いてきました。

 そこで、政権交代の中で凍結に。

 地域住民の思いとすれば、当初は反対ではあったが、ここまで協力をし、ここまで進捗したのだから、ダム本体工事の完成を見て、完結させたいとの思いが強いものと推察をされます。

 また、一般論としてもここまで時間を掛け、税金を投入したのだから、完成させるべきだとの意見も多くあるのは理解できます。

11.1.13 八ツ場ダム3

 しかし、本質論から言ううとこのダムが本当に必要な物なのか、付け替えの施設も適正な物なのか?利権の匂いを完全に払拭できるのか?

 小生には断を下せるほどの情報を持ち合わせていません。

 いま、賛成か反対かの意見を表明するのはある意味では簡単かもしれません。

11.1.13 八ツ場ダム4

 今は、本当の住民の気持ちを斟酌し、少なくとも生活再建には全力を傾注すべきであることは誰の目にも明らか。

 事業が大きく進んでいる現実を見、ガイドをしてくれた篠原さんの思いを聞くにつれ、些か複雑な思いを抱いた八ツ場ダム視察でした。

11.1.13 八ツ場ダム5
 

スポンサーサイト

【2011/01/18 10:54】 | 未分類
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。