愛媛県議会議員の  庶民派・元気派・さわやか派  石川みのるが見て歩き、いろいろな思いを語ります。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

10.11.03 対今西試合前1
試合前の緊張が走るミーティング 

 11月3日に東予球場でマスターズ甲子園愛媛県大会の準々決勝がありました。

 9時から始まった新居浜東対今治西は、新居浜東が0:5の劣勢をひっくり返し、12:6で今治西に逆転勝ち。

 初出場で堂々のベスト4入りを果たしました。


タイムリー2ベースを尾崎選手が。

 新居浜東は10月11日に大洲球場で行われた予選リーグで伊予高校、大洲高校を撃破。

 そして、10月31日に宇和島の丸山球場で南宇和を7対4で破り、この日の準々決勝での対今治西高校戦となりました。

10.11.03 対今西試合前2

 この試合は今治西が1回表に2点を先取。

 更に5回にも3点を取り、完全に今治西の流れかと思われました。

10.11.03 対今西のスコアボード
対今西のスコアボード

 しかし、6回からは35歳未満が出場できないというこのマスターズ甲子園独特のルールにより、6回からはほぼ全員が入れ替わり、試合の流れが完全に変わりました。

 6回裏の新居浜東は先頭打者の源代君がデッドボールで出塁するとフォアボールや近藤敬、尾崎久君らの2本のタイムリーツーベース、冠、宮崎君らのタイムリーヒットなど打者15人の猛攻で一挙に11点を奪取。

10.11.03 対今西試合後1
喜色満面で全員で集合写真 

 7回にはそれぞれが1点ずつを取り合ったものの、これで試合の流れは完全に新居浜東に。

 47歳で帽子を脱ぐと年齢が判ってしまう程の髪の毛の量しか残っていない松浦投手が6回、7回を1点で凌ぎ、最後の8回、9回をエースの村上幸治君が力強い完璧なピッチングで今治西高校打線を封じ込めました。

 これで初出場ながらも強豪・今治西高校を破るという歴史的な一勝をし、準決勝にコマを進めました。

10.11.03 対今西の試合後3

 来る11月6日の土曜日11時から東予球場で宇和島東を相手に準決勝を行い、その試合に勝てば丹原対、松山西の勝者と決勝が行われます。

 11月6日と言えば新居浜東高校では学校創立70周年の記念式典などが行われる日。

 我がチームもあと2試合を制し、甲子園出場を果たし、学校創立70周年に花を添えたいと思います。

10.11.03 西条対宇和島東

 さて、さて、その結果は?

 何れにせよ、初出場で初優勝?

 夢が大きく膨らんできましたなあ。

 取りあえず、本日の歴史的な勝利にカンパーイ!

 さあ、今宵は焼肉の「京城園」で祝杯だ!

10.11.03 西条対宇和島東のスコア
スポンサーサイト

【2010/11/03 17:03】 | 未分類
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。