愛媛県議会議員の  庶民派・元気派・さわやか派  石川みのるが見て歩き、いろいろな思いを語ります。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 10.10.10 太鼓の組み立て

 この2日間は、県政報告会を終えてもなお、これまた忙しかった。

 10日の朝は東台神社の掃除、それを終えての祭りの幟立て、太鼓台の組み立て。

 夜は又野太鼓台の関係者を招いての交流・決起集会。

10.10.10 太鼓の組み立て2

 11日の朝は民謡の会での挨拶。

 それを終えて、大洲に車を走らせ、大洲球場へ。

 ここではマスターズ甲子園の予選トーナメントが大洲球場であり、新居浜東高校の歴史的な1ページ。

 そして夜は京城園での祝勝会と、こんな具合です。

 幟立てや太鼓の組み立ては多くの地域の方が参加をし、回数を重ねてきただけに段々と手慣れてきた感じです。

10.10.10 太鼓の組み立て3

 特に東田自治会館の北側に掲示している東田太鼓台の写真入りの「御花御礼」の看板は圧巻です。

 信号待ちをしている車の方々の視線は自然とこの看板に。

10.10.10 太鼓の組み立て4

 この夜の交流・決起集会には某マスコミの記者も取材に。

 熱心に太鼓蔵や太鼓の練習を取材していました。

10.10.10 太鼓の組み立て5

 翌11日は新居浜東高校にとっては記念すべき歴史的な日に。

 何と言ってもマスターズ甲子園愛媛予選に初登場。

 手探りの中にあっても練習を積み重ね、一つの集約点として有ったのがこの11日のデビュー戦。

 この日は約40人の武者たちが遠く大洲球場に馳せ参じ、マスターズ甲子園の記念すべきデビュー戦に臨みました。

10.10.10 太鼓の組み立て遅刻の罰

 伊予高校には初回の表に5点を取り、村上、近藤、源代、松浦投手らで試合の流れを作り、優勢に。

 しかし、なかなか簡単に勝たせてくれないのが、この世界。

 最終回に投手陣、守備の乱れから追いつかれそうにはなりましたが、最後は14:10で逃げ切り、新居浜東高校にとっては記念すべき1勝となりました。

10.10.10 東田太鼓台御花御礼

 2試合目の大洲では相手の好投手からスクイズで1点を先取。

 そして、尾崎選手の強打、チーム全体でチームワーク宜しく小技を絡め、小刻みに得点を重ね7点を奪 取。

 守っては村上、近藤、源代、松浦投手が踏ん張り、守備陣も好プレーが続出し、結局相手には1点しか与えず。

10.10.10 歓迎 東田太鼓台

 つまり、新居浜東高校は初出場にも関わらず、予選リーグを連勝で勝ちぬくという金字塔を打ち立てました。

 従って、夜の祝勝会で盛り上がったことは言うまでもありません。

10.10.11 マスターズ甲子園予選リーグ1

 それにしても、最初は不安から出発をし、同じ野球部出身とは言え、年齢の差があり、名前と顔が一致しないメンバーが集い、練習を重ねつつ、チームワークを形成し、このような金字塔を打ち立てることが出来たのは嬉しい限りです。

10.10.11 マスターズ甲子園予選リーグ2

 誰しもの口から、「楽しかった」「緊張した」「やって良かった」「○○高校には絶対に負けたくない」「県大会で優勝するぞ」「現役の高校生より先に甲子園にいくぞ」と、その感想・抱負は酒を飲むほどにエスカレートするのでした。

10.10.11 マスターズ甲子園予選リーグ3

 それにしてもこのマスターズ甲子園の予選リーグでは、久しぶりに楽しくも組織としての一体感を体で感じ、とても充実した空間を感じ取ることが出来ました。

10.10.11 マスターズ甲子園予選リーグ4

スポンサーサイト

【2010/10/12 08:24】 | 未分類
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。