愛媛県議会議員の  庶民派・元気派・さわやか派  石川みのるが見て歩き、いろいろな思いを語ります。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 またまた暑い!

 昨日の3日には大洲で今年県内最高気温が36.7度、標高の比較的高い位置にある久万高原町でも34.2度などとなったそうです。

10.8.2 愛媛動物愛護センター1

 その3日に小生は新居浜東高校野球部の伊予市の「しおさい球場」での練習試合に同行しました。

 この日、小生は自分の車ではない車に乗り込んで、学校を出発。

10.8.2 愛媛動物愛護センター2 譲渡会に出される犬1

 最初、その車からは「キュルキュル」という異音がしていましたが、10分ほど走ると音がしなくなり、安心と共に一方では不吉な予感が。

10.8.2 殺処分される犬1
 
 結果的には後者が的中。

 音が無くなると共に車内の吹き出し口から冷たい風が出る筈が、これと期を一にして冷風が止まってしまいました。

「これって、まさかエアコンが故障したことを意味するの?往復エアコンが故障した車に乗らないといけないの?」。

 そう。厳然たる故障のようです。

 まさかこの猛暑中で、よもや自分がエアコンの故障した車を運転するなんてことは予想だにしなかったことが現実に。

10.8.2 殺処分される犬2

 道中、窓を全開にして走らざるを得ない侘しさが・・・。

 ま、人生は生きていれば、否、生きていればこそ色々なことを経験させてくれます。

 さて、2日には愛媛県の動物愛護センターへ「命のツアー」の一員として訪れたことは先に記しました。

 本日8月4日、愛媛新聞の朝刊7面の左にもこの記事が掲載されています。

10.8.2 殺処分される犬3

 見出しには「消える命 飼い主のモラルは…」「処分目前の犬猫と対面」とあり、写真の説明には「県動物愛護センター職員から説明を受け、まもなく処分される犬たちと対面する参加者」と。

10.8.2 殺処分する操作盤1

 この愛媛県動物愛護センターは2002年に開設し、総事業費が13億4,000万円、敷地面積14,000平方メートルあり、9人の職員がおり、そのうち6人が獣医さんとのことです。

 小生は以前訪れた時、「動物愛護センターと言いつつも犬猫の殺処分が大きな業務?」と少なからず違和感を覚えました。

10.8.2 収容されている猫1

 しかし、飼い主の我がままからこれが現実なのです。

 今では随分と減ったとは言え、年間で約5,600匹。

10.8.2 殺処分された犬たちの首輪1

 単純に1日に15匹が処分されているわけです。

 職員の説明によると炭酸ガスで処分をした後、その死を確認しながら飼い主が着けたであろう首輪を除けるのが一番つらい」と。

10.8.2 殺処分された犬たちの首輪2

 犬猫とは言え、飼い主が、人間がその命を粗末にしていい筈がありません。

 命の意味、重たさを皆さんに再認識して欲しいと思います。

10.8.2 犬と触れ合う子ども達
スポンサーサイト

【2010/08/04 14:03】 | 未分類
トラックバック(0) |


さざえ
動物愛護センターの写真。とてもつらく捨てた人間に見ていただきたいものです。私の家にも30年以上何匹も犬を飼いましたが、しんだときは自分の身体を切り刻んだようなつらさがありました。我が家の犬は水冷クーラーのある専用の部屋と外の小屋には扇風機が2台回っています。ちょっと過保護すぎですが。家族と一緒です。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
動物愛護センターの写真。とてもつらく捨てた人間に見ていただきたいものです。私の家にも30年以上何匹も犬を飼いましたが、しんだときは自分の身体を切り刻んだようなつらさがありました。我が家の犬は水冷クーラーのある専用の部屋と外の小屋には扇風機が2台回っています。ちょっと過保護すぎですが。家族と一緒です。
2010/08/04(Wed) 23:43 | URL  | さざえ #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。