愛媛県議会議員の  庶民派・元気派・さわやか派  石川みのるが見て歩き、いろいろな思いを語ります。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

10.5.18 アジアゾウ1

 17日、18日と愛媛県議会の環境福祉委員会、建設委員会の合同で主に南予方面へ視察に行きました。

 前回の更新の時にも写真をアップしていますが、まず、松山市の吉田にあるダイキアクシスへ。

 こちらは廃食用油を精製し、バイオ燃料を製造している業者。

 商標的にはD・OIL若しくは新しくという意味でNを加えたD・OILNで、化学的には「脂肪酸メチルエステル」というそうです。

10.5.18 アジアゾウ2

 これをディーゼルエンジンやボイラーの燃料として活用することで

 ①硫黄酸化物や黒煙が大気中に放出されることが少なくなります。

 ②リサイクルすることでCO2の削減に効果をもたらします。

 ③廃食用油の回収で河川などの水質防止に役立ちます。

 まとめるとこんな感じでしょうか?

 もともとダイキは浄化槽のメーカーでもありました。其の折から浄化槽内に流入してくる食用油を何とかできないものか?

 という問題意識からこのように廃食用油をリサイクルし、燃料化することに着眼したとのことであります。

10.5.18 アジアゾウ3


 今後の課題はより多くの廃食用油を回収し、より多く生産し、より多く給油することでコストの削減をはかることだそうです。

 確かに廃食用油を台所の流しに流したり、新聞紙に吸わせてゴミとして捨てたり、廃食用油に凝固剤を入れて燃えるゴミとして捨てたりしているのが一般的ですね。

 この回収を自治体や様々な業者で進める必要はあるでしょうね。

 既に、県内では東温、松前、砥部、久万高原町などでは取り組んでいますし、スーパーは勿論、面白いところでは愛媛銀行も取り組んでいるとのことです。



 このあとは鹿野川ダム管理事務所へ行き、鹿野川ダムの洪水吐きや山鳥坂ダム関係の説明を受けました。

 この鹿野川ダムでは420億円をかけて改修し、山鳥坂ダムは850億円をかけて建設する予定だそうですが、現在は凍結中。

 現場も見たのですが、この時期の河辺川の水量を見た時に洪水調整力としてのダムが本当に必要なのかは素人の小生には十分に理解はできません。

 この日の夕食は宇和島の「かどや本店」。

10.5.18 オランウータン

 この時には普段はいかつい感じの県議も相好を崩し、その人間性に触れることが出来る時間。

 特に議員となってまだ日が浅い小生らにとってみれば極めて貴重な空間となります。

 なかなか、10人の議員、3人の県職員。皆さんいい人ばかりです。

 18日はエコビレッジなんぐん市場・山出(やまいだし)憩いの里温泉へ。

 小生はこれで2回目の訪問となりましたが、マネージャーの中野さんは相変わらずエネルギッシュに精力的に活動されているようで安心をしました。

「NPO法人ハートinハートなんぐん市場」をH18年に設立し、今では40人を雇用し、そのうち17人が障がい者ということで、随分と規模を大きくされている様子が伺われました。

 今後の隆盛を期待せずにはおれません。

 このエコビレッジなんぐん市場を経て、西予市の「どんぶり館」で昼食をとり、とべ動物園へ。

10.5.18 カバ

ここでは「とべ動物園」の活性化に向けての様々な取り組みを伺いました。

ここのアジア象の身長は3メートルを超し、日本最大級。

また、カバの体重は2トンを越しているそうです。

次回に続く・・・。

10.5.3 河内・東山田子供太鼓台14

で、本日も河内・東山田子ども太鼓台の画像をアップしました。

10.5.3 河内・東山田子供太鼓台15

実は、まだまだ画像があるんですよね。

10.5.3 河内・東山田子供太鼓台13
スポンサーサイト

【2010/05/19 10:06】 | 未分類
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。