愛媛県議会議員の  庶民派・元気派・さわやか派  石川みのるが見て歩き、いろいろな思いを語ります。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 10.3.3 体協表彰式1

 今日は午前の2番手で一般質問に立ちました。

 これで修正案の提案も含めて9回目の登壇となりました。

 独特の雰囲気故に時間も気になるため、緊張を余儀なくされます。

 小生は、人から見られるほど神経が太くないので、本当に掌に汗を一杯かきます。

 そのことを多くの人は理解をしてくれないのが残念です。

10.3.3 体協表彰式2

 今日のテーマは先日の更新の折に記しました。

質問内容が少し細かすぎるきらいはありましたが、知事の答弁は1問しかなく、時間にして3分ほど。

 せめてこの日質問をした自民党の二人の議員と同じように、2問位は答えて欲しいと思うのは身の程知らずというものなのでしょうか?

10.3.5 国領川河川敷公園の整備1

 何れにせよ、無い知恵を絞って、一生懸命それなりに勉強し、口角泡を立て、大きな声で質問をしても答弁はやはり短いとの感は否めません。

 当然のことながら質問の中身にも依るでしょうが、些かの疎外感すら感じてしまいます。

10.3.5 国領川河川敷公園の整備2

 ま、愚痴はこの程度にしますが、過去3回やり、今回で4回目となった公契約条例関係については議員の皆さんも少ずつは理解を深めてくれているのではないだろうかと勝手に思っています。

 脳脊髄液減少症についても愛媛県議会の本会議では2年8カ月ぶりに登場しました。

 患者さんの思いを質問の中へ凝縮させたつもりです。

 また、児童養護の分野での里親については折しも奈良の児童虐待が連日報道されている中で、インパクトはあったと思います。

10.3.5 国領川河川敷公園の整備3


 さらに警察のメンタルヘルスについては生々しい数字を聞いて、その多さに驚かされました。

 今治特別支援学校新居浜分校については本校化に向けての展望が明らかにされたものと解釈しました。

 とにかく、質問をするために大変な労力、時間、体力、精神的負担を伴い、命を縮めているような感じさえ覚えます。

 それにしても西条選出の自民党県議と加戸知事との間での分水問題のやり取りを見ていると、怖ささえ覚えてしまいます。

 また、意見書や請願にしても様々な所からの様々な「力」も感じます。

 小生のような経験の短い者にとってみれば、なかなか順応できません。

10.3.5 国領川河川敷公園の整備4

 さて、本日の画像は3月3日に新居浜市体育協会の表彰式がありましたので、その写真です。

 そしてもう一つは現在整備を進めている国領川河川敷公園の様子です。

 新居浜市が21年度に10,380万円を予算化し、22年度には17,400万円の予算を計上し、新居浜市議会で審議されています。

10.3.5 国領川河川敷公園の整備5

 そして、3年間では約4億円で整備をすることになっています。

 そうなれば今より数段に利便性が向上するだろうと思います。

10.3.5 国領川河川敷公園の整備6

 で、このトイレは常流循環式の水洗トイレで、1基あたり、600万円~700万円するそうです。

 今までの不便さと不衛生さを思うと格段の差です。

 しかし、皆の施設ですから大事に使いたいものですね。

スポンサーサイト

【2010/03/05 18:50】 | 未分類
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。