愛媛県議会議員の  庶民派・元気派・さわやか派  石川みのるが見て歩き、いろいろな思いを語ります。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 先日、色平哲郎先生に新居浜で講演をしてもらったことはこのブログでもお伝えをしました。

 インターネットで先生を検索していると標記の題の文章が目に留まりました。

09.9.2 宇和島道路2


 小生たちにしてみると色平哲郎先生はカリスマ的な存在にすら思えるのですが、奥さまの「かすみ」さんにとってみれば以下のように映るそうです。

 色平先生に承諾を得て、奥さまの文章をアップさせていただくことにしました。

 本日のこのブログを見て、少しばかり肩の力を抜いて、笑って頂ければ幸いです。

 それにしてもこの「かすみ」さんてどんな方なんでしょうか?

 なお、本日の写真は現在工事中の宇和島道路で、「かすみ」さんの文とは関係ありませんので、悪しからず。。

 上の3枚は9月のはじめに撮影をしたもの。下の3枚は11月の中頃に撮影をしたものです。


「私の夫は医者」  

 
 医師 色平(いろひら)哲郎の妻 

かすみ 1995年
 

私達が結婚したころ、結婚するなら”三高”の人という言葉がはやりました。 

私達の場合”三高”どころか、背が低い、学歴なし、収入なしの”三低”

(学生結婚だったので)おまけに、短気、単純、短足の”三短”にもかからわず、

うまくだまされ、結婚届に印を捺してしまいました。

09.9.2 宇和島道路3

夫は東(あずま)男、私は京女とことわざになるような夫婦なのですが、

家庭での彼は、夫として、父としての自覚がまったくなく、子どものために

食べやすく作ったおかずを食べるし、いじわるを言って子どもを泣かせるし、

子どもに焼きもちをやくしと35歳の頭のはげた万年反抗期の子どもなのです。

(注:この文章は12年前に書かれたものですので、その時は35歳でした。)

09.9.2 宇和島道路4

オーブンレンジの使い方、留守番電話の聞き方、自分の衣類の場所も何も

判からない本当に手のかかる夫で、5歳の息子が彼の世話をしている事が

あるくらいです。
 

彼の楽しみは、やっぱり旅行でしょうか。普段あまり家にいないので家族団欒

といえば、病院を替わる時に行く長期の旅行なのです。

09.11.19 宇和島道路1 ブログ用

行き先を決めず、こっちの国、あっちの国と親子3人でふらふら!
 

今度は今年2月に生まれた娘も一緒に親子4人で息子がお気に入りのタイで

象に乗りたいものです。

09.11.19 宇和島道路2 ブログ用
 

彼が学生時代「色平さんを知る会」という学生サークルがあって、本人は

「知る必要がない」と言っていましたが、私に講師依頼がありました。
 

とにかく不思議な人に見えるようですが、私は100年に1人の奇人変人

と思っています。
 

彼に、ごく普通の家庭があるというのは、妻の私が言うのは変だけれど

本当に不思議なことです。

 09.11.19 宇和島道路3 ブログ用


でもこの人に家庭がなかったら、今よりもっと変わり者で普通のことが

判からなかったと思います。
 

夫は「かすみは、世の中の人のために僕と結婚してボランティアをしている」

と言っています。

「僕より先に死ぬな。老後は頼む」

と私に言うので、

「私は哲郎君よりも長生きしても、夫婦を続けているとは限らない」

と言い返すこのごろです。
 

彼がちゃんと医者をしているか一度、診療参観をしてみたいものです。


スポンサーサイト

【2009/11/25 14:24】 | 未分類
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。