愛媛県議会議員の  庶民派・元気派・さわやか派  石川みのるが見て歩き、いろいろな思いを語ります。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

image014.jpg

 上の画像は、ご存知昨日の日食。

 次回の日食を見る時まで生きてるかどうかは定かではありません。

 とりあえず、今回の日食を元気で見ることができたことに感謝、感謝。

09.7.22 ひめゆり幟1

 小生の議会報告も発行して、2週間近くが経ってようやく完配に近づきました。

 郵送は全体の1割程度で、あとは手配り。小生一人で配布をするのは物理的に不可能なので、多くの方々に助けてもらっています。

 この暑い中で小生の議会報告を配って頂いている多くの皆さんに心から感謝を申し上げたいと思います。

09.7.22 ひめゆり幟2

 昨日は午前に党事務所での打ち合わせ、新居浜ライオンズクラブの例会、葬儀、写真にある映画「ひめゆり」の幟立て、の合間を見つけての議会報告の配布。

 そして色々な方と会話をします。

 いつも50枚の配布をお願いしているIさんは「石川さん、もっと沢山のビラを配ってあげるよ」と。

 それに対し、「気持は嬉しんですが、長丁場なので無理をしないように」と。

 さらにIさんは「とにかく政権交代をせんといかんね。長い間、政権の座にいたらうぬおれるからね」と。

 まさにおっしゃる通りです。Iさんのためにも政権交代を目指して2区の岡平知子さん、3区の白石洋一さんの勝利に向けて尽力をしたいと思います。

09.7.22 ひめゆり幟3
 
 次のお宅に行くと何時もお願いをしているご主人がいない。玄関に出てきた奥さんに事の仔細を尋ねると「腰のヘルニアで今、病院に」ということ。

 小生が「なら、議会報告を配って頂くのは無理ですね」と、問うと奥さんは「いえ、いえ、私が配っておきますから」と。

 ホントに有り難いではありませんか。

 こんな方々の支えで議会報告も市内各所に配られていきます。

議会報告の配布と言えば、今朝は小生の父と長男も早朝の5時半に起床をして、某地区へ配りに行きました。

 身内とは言え、やはり有り難いですね。

 さてさて、映画「ひめゆり」も間近になってきました。昨日は長男と新居浜市民文化センターの2階の手すりに幟を立てました。

 ただし、許可は3本のみ。

 この幟効果で多くの方が映画を見に来てくれれば幸いです。


09.7.22 ひめゆり幟4


【仙波保健福祉部長】 

 石川議員にお答えをいたします。

 動物愛護について2点お尋ねをいただいております。

 まず、動物愛護推進員の選任方法および活動状況はどうかとのお尋ねでございます。

 県におきましては、平成13年度から動物愛護推進員を設置し、現在107人の方々を委嘱しておりまして、選任方法につきましては、推進員がそれぞれの職業等の特性に応じて広く活動していただけますよう活動内容に係る条件は設けず、動物愛護に熱意と見識を有する獣医師や動物取扱業者、教員などの適任者を市町および獣医師会から推薦をいただきますほか、公募による選考も行いまして、地域バランスにも配慮をしているところでございます。

 推進員の方々には県の行う動物愛護週間事業や犬、猫の譲渡会、動物ふれあい教室等に積極的に参加をいただきまして、動物の健康相談やふれあい指導等を行いますとともに、それぞれの地域におきまして、獣医師や教員等の特性を活かして、動物愛護や適正な飼い方に係る地域住民や児童・生徒に対する啓発・助言等に活動をいただいているところでございます。

 次に関係機関が連携し、学校訪問活動を積極的に行うべきではないかとのお尋ねがございました。

 合わせて、学校訪問活動についてのコンセプトも合わせて問うとのことでございます。

 子どもの時期から動物に触れ合い、正しい接し方や動物を愛する心を育てることは豊かな情操や道徳心を培う上で有意義でありますので、愛媛県動物愛護管理推進計画において動物愛護団体や動物愛護推進員との連携による学校での動物愛護教育を主要施策の一つに掲げておるところでございます。

 このため動物愛護センターでは、これまで保育所や幼稚園を中心に実施をして参りました動物ふれあい教室に加えまして、今年度からは動物のことを学び触れ合う中で、命の大切さや思いやりの気持ち、心の豊かさを育むことをコンセプトとしまして、小学生の動物愛護教室を開始をしたところでございまして、今年度末に要望のございました7校を訪問して、動物の正しい飼い方の学習やふれあい体験の機会を提供したところでございます。

 今後とも教育委員会や動物愛護団体、動物愛護推進員等との連携を深めまして、動物愛護教室の積極的な開催を働きかけまして、未来を担う子どもたちへの動物愛護思想の普及と児童の健全育成に努めて参りたいと考えております。

 以上でございます。


 
スポンサーサイト

【2009/07/23 07:33】 | 未分類
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。