FC2ブログ
愛媛県議会議員の  庶民派・元気派・さわやか派  石川みのるが見て歩き、いろいろな思いを語ります。
09.7.15 新居浜東対帝京第五の写真1

 今日の昼下がりまでの暑さは尋常ではありませんでした。

 それもそのはずで、フェーン現象で新居浜は全国放送で報道されるほどの猛暑日。なんと36.7度。たまりません。

 そんな中で、小生は午前中、新居浜の上部地区の一部と川西地区の小・中学校、高校を訪れて7月25日に行われる映画「ひめゆり」の案内に。

 案内で同じことを何回も何回も言うのは当然なんですが、とにかく「暑い」。漢字の表記は「暑い」が正解なんですが、この日は「熱い」が正解かも知れません。

09.7.15 新居浜東対帝京第五の写真3

 午後からは今治へ。党の事務所、桑森法律事務所に行き、目がクリッとして、キュートな中川弁護士と会い、その後、今治市営球場での新居浜東高校と帝京第五高校の野球の試合をのぞきました。




 昨年の夏の大会で母校の新居浜東高校が負けたのはこの帝京第五高校でした。

 あれからも1年が経つんですね。歳月の経つ速さを痛感します。

 それにしてもこんなクジってあるんですね?



 今日の試合も昨年に続いて帝京第五の好投手の平井君に押さえつけられた感じですが、選手のみんなはひたすら頑張っていました。

思ったような結果こそは出ませんでしたが、選手の皆さんのひたむきな姿を見た方たちは、惜しみない拍手を送ると思います。

 先週の皆さんにとっては不本意な結果かも知れませんが、新居浜東高校の野球部で頑張ってきたことはこれからの長い人生の中できっと大きな財産になると思います。

 新居浜東の野球部の皆さん、応援をされた皆さんに心からの拍手を贈り、さらに平井君をはじめとする帝京第五の皆さんの今後の健闘を心から祈念いたします。



 本日のブログでは3つの動画をお届けし、後日残りの3つの動画をお届けします。

 小生と会話を交わした生徒さんとの動画は次回となりますので、ご容赦ください。



09.6月愛媛県議会質問と答弁

社会民主党・護憲連合 石川 稔

 次に、動物の愛護についてお伺いをします。

 動物の愛護及び管理に関する法律、いわゆる動物愛護管理法により、県が動物愛護管理推進計画を定めなければならないとされたことを受け、本県でも2008年度から2017年度までの10年間を計画期間とする動物愛護管理推進計画を策定しております。

 この計画は、県民、市町、動物愛護団体など、動物愛護管理に関わる様々な団体及び個人が共有すべき認識を示す指針となるものであり、本県においては、動物に関わる全ての人々による「人と動物が共生する豊かな地域社会」の確立を目指しているのであります。

 さて、この動物愛護管理法には「都道府県知事等は、地域における犬、ねこ等の動物の愛護の推進に熱意と識見を有する者のうちから、動物愛護推進員を委嘱することができる。」との規定が設けられています。

 この規定に基づく動物愛護推進員の委嘱者数を見ますと、四国の他の3県では30人台でありますが、本県では107人もの方が委嘱されており、四国内での突出ぶりは際立っているところであります。

 多くの動物愛護推進員が委嘱されていることから、各地域で、動物愛護思想や動物の適正飼養に関する知識の普及啓発活動が取り組まれているものと推察を致しますが、動物愛護推進員が、動物愛護センターや所管の課等と有機的に連携を持ち、十分にその機能を果たしているかどうか、私としては気がかりなところであります。

 と、申しますのは、動物愛護推進員には、先に申し上げました動物愛護思想や動物の適正飼養に関する知識の普及啓発活動に留まらず、動物とのふれあいを通して、動物の命の大切さ、更に人間の命の大切さをも教えていくことも重要な役割の一つであると思うからであります。

 昨年の12月県議会で、教育長は「学校へ芸術家を派遣し、優れた生の芸術等に親しむ機会を提供することにより、感性豊かな人間形成に取り組んでいる。

 今後とも、芸術文化活動、読書活動、豊な自然体験活動などを通じた情操教育の充実に一層努めたい」旨の答弁をされました。

こうした教育サイドからの情操教育の充実意欲に応えるためにも、動物愛護推進員が、動物に優しく触れ合うことを通じて人にも優しく接し、命の大切さを理解してもらえるよう、学校訪問活動を積極的に行うべきと考えるのであります。

 そこでお尋ねを致します。

 高知県では、動物愛護推進員の募集・選任に当たって、学校への訪問活動を行うことを条件としているとのことですが、本県における動物愛護推進員の選任の方法、及び活動状況はどのようになっているのかお聞かせ下さい。

また、学校訪問活動については、今年度から始められたと伺っていますが、保健所、動物愛護センター、動物愛護推進員、更に教育委員会が連携し、その活動をより積極的に行うべきと考えますが、ご所見をお聞かせ下さい。

 併せて、学校訪問活動についてのコンセプトについてもお聞かせ下さい。

スポンサーサイト




【2009/07/15 22:43】 | 未分類
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック