愛媛県議会議員の  庶民派・元気派・さわやか派  石川みのるが見て歩き、いろいろな思いを語ります。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

09.6.28 岡平知子
09年6月28日の瀬戸内運輸の退職者会の総会での岡平知子さん

 昨日で6月県議会の一般質問が終了しました。

 4日間にわたって計11人が登壇し、社民党・護憲連合からは小生と村上要県議と2人が質問をしました。

 小生のことは先日記したので敢えて、ここで記述する必要はありませんが、今後このブログの末尾に質問と答弁を連載したいと思います。

 

09年6月28日の瀬戸内運輸の退職者会の総会での岡平知子さんの動画

昨日の村上県議の質問はさすがと唸らせる中身でした。

  ①貸し渋り、貸しはがし ②子どもの貧困 ③内海航路を重視した総合的な交通政策 ④有機農業の推進 ⑤プルサーマル計画の見直し。

 ⑤のプルサーマルについては今日の政策が極めて無責任に国、県が進めていることを示し、我々の原則的な立場を鮮明にしました。


また一方で、③には「以前にクリープのないコーヒーなんてと言われたことがありましたが、いまや船の出入りのない港となっている」というくだりも原稿の行間にちりばめ、硬軟織り交ぜての質問でした。

 少数会派でありながらも、期数を重ねてきたことによる県議会での圧倒的な存在感、さらに経験からくる自信があいまって、多忙を極める中でも昨日のような見事な原稿を仕上げてくれます。

 小生は、ウイット、ユーモアーのセンスでは村上県議に負けないとの自負がありますが、そこは県議会。

 小生が如きの1年生議員がそんなことをしたら、大変です。だから、暫くは正面からの直球勝負と声の大きさで売っていきます。 

64yenshi.jpg

 上の写真はこのたび社民党新居浜総支部で発刊をした「社会党・社民党 新居浜総支部 戦後64年誌」の表紙です。

 まさに戦後の困難な時期に様々な艱難辛苦を乗り越えて営々と活動をしてきた社会党、社民党をA4判、90ページの年表と写真で綴っています。

 全国には総支部が数多ありますが、このような形で製本をしたのは極めて稀だと思います。

 この本に込められた先人の思いから我々が学び、それを後世に伝えていかなくてはと思います。

 この出版を記念して、4日の土曜日には祝賀会も行う予定です。

 なお、この本は一冊1,000円です。限定販売ですので、ご希望の方は小生まで連絡をして下さい。


大中俊宏先生の講演から・・


43
 どんな人がうつ病になりやすいのか?

*古典的にうつ病になりやすいといわれてきた性格

 ・下田の執着気質

■熱中、凝り性、徹底、正直、義務感、過重負荷で疲弊しやすい。

 ・メランコリー親和型

■綿密、几帳面、完全欲、徹底性、誠実、奉仕的、過剰適応、まじめ、責任感が強い。

■滅私利他的。他者配慮的。

■信頼されるが、自己は疲弊し、うつ病になりやすい。

*「いい人がうつ病になりやすい」というのはある面は正しい。が、例外もある。
スポンサーサイト

【2009/07/03 07:51】 | 未分類
トラックバック(0) |


こんにちは 小生さんの活動範囲は距離も内容も遠くて深いですね。これからも大きな声で直球勝負楽しみにしております。
11日(土)海上視察一緒にいかがですか

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
こんにちは 小生さんの活動範囲は距離も内容も遠くて深いですね。これからも大きな声で直球勝負楽しみにしております。
11日(土)海上視察一緒にいかがですか
2009/07/03(Fri) 09:13 | URL  | 風 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。