愛媛県議会議員の  庶民派・元気派・さわやか派  石川みのるが見て歩き、いろいろな思いを語ります。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

09.6.7 松木坂井自治会館

 6月7日は全建総連・新居浜建設ユニオンの台14回定期総会の挨拶からスタート。

 建設労働者の皆さんにとっては公契約条例も重要課題です。

 昨年の大会の挨拶では言わなかったので、今回の挨拶では少し時間を取ってみました。

 何と言っても愛媛県議会で公契約条例の質問をしたのは昨年2月の小生の質問初めてであります。 

 あれから、1年半が経過すると全国的には大きく様変わりをしているようです。

09.6.7 松木坂井自治会館2

 建設ユニオンの定期総会を終えて、今度は松木坂井自治会へ。

 この自治会は今までは連合で12の自治会で構成されていましたが、ことしからはそれらが統合をして、単一の自治会に衣替えをしました。

 この過程でも役員の皆さんは大変なご苦労をされたことと思います。

 その苦労を経て、この日は統合記念行事が多くの自治会員の皆さんの参加のもと、記念式典、アトラクション、バザーなどを行って、その偉業を祝いました。

09.6.7 石川稔の看板

 午後からは市内にある子供たちの硬式野球チーム3チームを訪ねて、6月21日に新居浜市営野球場で行われるマンダリンパイレーツの野球教室の案内と調整。

 当日は市内の中学校の参観日があるために、その影響から自由ではありませんが、なんとか調整をしたいと思います。

 それを終えると白石洋一さんのポスター貼りに小生の長男と共に出陣。

 強い日差しの下で、汗をかきながら、ポスターを貼りました。

 小生の看板もご覧のような格好になってしまいました。

09.6.8 石川家の田植え

 8日は我が家の田植え。

 小生の父、兄、小生、小生の息子とでこの田植えに挑みました。

 以前なら近所の農家の皆さんの協力で田植えをしていたのですが、今は、乗用の田植え機にとってかわり農村の社会は大きな変化を遂げました。

 社会学的にもこの田植え機の登場が農村の社会を変えた大きなファクターになったといえます。

09.6.8 石川家の田植え2

 昼には田んぼのほとりで親子3代が談笑をしながら昼食を取りました。

 この10月からは東京への就職が決まっている長男にとっては最初で最後の1ページかも?

 息子は冷たい小川の水を使って育苗箱を何十枚も根気よくタワシで洗ってくれました。

 これだけでも随分と助かります。

09.6.8 石川家の田植え3

 この写真は田んぼの中に入って、田んぼを均す小生の姿を小生の長男が撮ってくれました。

 小生は田んぼを均すのは野球のトンボで慣れてます。

09.6.8 石川家の田植え4

 この田んぼでは小生が均す役でしたが、次の2枚の田んぼではちゃんと田植え機に颯爽とまたがって田植えをしたので、悪しからず。

 これが中々速いんですよ。

 それにしても、現在の日本の食料自給率が40%を切ってる中で、米の減反が進み、農家が意欲を持って、農業に打ち込める状況にはありません。

 ほんとにこれでいいのでしょうか?



大中俊宏先生の講演から・・

34

月経前緊張症候群の症状

身体症状・・・ 

 ■下腹部の張り ■腰痛 ■頭痛、頭重→片頭痛 ■肩こり ■めまい ■乳房の張り、痛み 

■乳首の痛み ■冷え ■下痢、便秘 ■食欲亢進 ■体重の増加、むくみ ■のどの渇き 

■ニキビ、肌荒れ ■疲れやすい ■眠くなる ■オリモノの増加  

精神症状・・・

 ■イライラする ■怒りっぽい ■攻撃的になる ■憂鬱 ■無気力 

 ■弱気になる ■涙もろくなる ■不安感 ■集中できない ■性欲が高まる、減退する

社会生活での症状・・・

■仕事の能率が落ちる ■口論が増える ■暴言が増える ■家に引きこもる 

■整理整頓がしたくなる ■人付き合いが悪くなる ■物事が面倒になる 

■健康管理ができなくなる 

スポンサーサイト

【2009/06/08 16:28】 | 未分類
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。