愛媛県議会議員の  庶民派・元気派・さわやか派  石川みのるが見て歩き、いろいろな思いを語ります。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

09.6.2 上芳我家3
修復工事をしている上芳我家の外観

 6月2日3日と文教警察・総務企画委員会の研修があり、主に南予方面へ行ってきました。

 松山の交通管制センター、内子の上芳我家、八幡浜警察、南予地方局、宇和島のきさいや広場、三間高等学校・・・。


09.6.2 上芳我家2
鉄骨で耐震補強をしている上芳我家 

 当然にもプライベートでは見ることの出来ない視点からそれぞれの施設を見させて頂き、説明を受けました。

 上芳我家は1894年に建てられ、現在は3億5千万円で4年をかけて、修復工事を行っています。

 当時としてはとても立派で大き目の材料を使った堅牢な建物ではあるのですが、経年が経年だけに傷み具合もさることながら、さらに耐震化の工事もしなければならないということで、現場を見ると気の遠くなるような作業を求められています。

 建物の中に鉄骨を組み込んだりの作業で大変です。 

09.6.2 上芳我家1
上芳我家の内部

八幡浜警察署は狭い土地に築後32年の施設。震度6強、以上になると倒壊、または崩壊する危険があると耐震診断が出ています。

 建て替えるとすれば土地は別にして、も10億とか15億とかがかかるようですが、今の愛媛県では耐震診断の250万円を支出するのも容易ではないとのこと。

 ホントに情けない程の財政状況です。

 09.6.3 きさいや広場
宇和島のきさいや広場の正面

 3日の午前には南予地方局で南予の今日の概要についての説明を受けました。

 これまた大変です。

 人口を見ただけでもこの20年に36万5千人から29万5千人、つまり7万人も減りました。

 県もかなり南予地方に手厚く予算を投じていますが、今日の経済状態の中で人口が増え、総生産を増やす要素を探す方が困難です。

 そんな中で、この4月24日にオープンした宇和島港にある「きさいや広場」は8億円で作った施設。

09.6.3 愛媛丸の碑
愛媛丸の碑もありました。 

 年間50万人、5億円の売り上げを予定しているそうですが、ゴールデンウイークもあり、もう既に1億2千万円を売り上げたそうです。

 これから安定的に売り上げを伸ばして頂きたいのと同時に他のお店を圧迫しないように共存して頂きたいとの思いです。
  
09.6.3 牛鬼
きさいや広場に展示されている牛鬼の頭

 この研修の最後は三間高校へ。

 この高校は1学年、普通科40人、農業機械課40人ですが、ここんところは年間に50人~60人の入学者数。

 従って、全校生徒が129人しかいませんから定員に対する生徒の充足率は53%となります。

 この数字だけを見れば24年度からの募集停止も止むなしとなるのでしょうが、宇和島圏域でのこの高校の教育的役割を考えると募集停止というこの方針が正しいとは思いません。

 そんなことなどを考えながら、帰路に就いた今度の研修でした。

 帰宅して、午後7時からh新居浜東高校の野球部後援会の役員会。

 昼間に廃校も現実の問題となってる三間高校を見ただけに複雑な思いに駆られてしまいました。
 

09.6.3  三間高校の生徒さんからの花
三間高校の生徒さんから頂いた心のこもった花

 今日は大中俊宏先生の講演のアップはお休みして、警察の資料にあった「子育て10カ条」をお届けします。

 何かの参考になれば幸いです。

①子どもの逃げ場をふさがない。

②子どもの持ち物を勝手に調べない。

③自分に非がある時は素直に謝る。

④ほめ上手を目指し、心にもないことを言わない。

⑤時と場合によっては見て見ぬふりをするのは大人の配慮。

⑥譲れない一線は守り抜く

⑦どう生きるべきかは説教しない。

⑧「お前のために」は親の言い訳。

⑨自分の子ども時代のことを押し付けない。

⑩親子の育ちあいは、互いの違いを認める想像力から

                                            (一部編集)

                                            ー以上ー
 

スポンサーサイト

【2009/06/03 21:04】 | 未分類
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。