愛媛県議会議員の  庶民派・元気派・さわやか派  石川みのるが見て歩き、いろいろな思いを語ります。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

岡平・看板1
街頭に掲示され始めた岡平知子の看板。本番が近付いてきたことを感じさせます。 

 9月1日に突如として福田総理が退陣を表明しました。前任の安倍前首相も約1年で突如として政権を投げ出し、これで2代の首相が続いて政権を投げ出すという異例の事態となりました。 

 それらに対する論評はマスコミも、また、知事をはじめとする要職にある方たちがコメントを発し、小生の思いを代弁してくれているようです。

 つまり、異口同音。まるで以心伝心であるかのようです。

岡平街頭ポスター1
これまた街頭に掲示され始めた岡平知子のポスター。 

 異常な原油価格の高騰や食料品の高騰、さらに、年金、後期高齢者医療制度、「格差と非正規雇用」など、庶民いじめの政治が横行し、国民生活は困窮の極に達しようとしています。

岡平街頭看板、ポスター
岡平知子の看板とポスターの「複合技」。

 そのような国民生活の立て直しを放棄した安倍、福田の2代にわたる首相は「無責任」との批判は免れません。

 奇しくも、政権与党としての資格がないことを自ら満天下に明らかにしたと断じざるを得ません。
 新たに登場をするであろう内閣とて、同じ自民党の内閣である以上、限界は自ずと明らかで、期待は到底できません。

事務所の3連看板
社民党今治総支部の掲示された「岡平知子」、「山岡けんいち」、「村上要」の看板。

 この福田前首相の突如の辞任、そして国民不在の新内閣の誕生は総選挙が予想以上に早くなったことを意味しています。

岡平街宣車
装いも新たになった岡平知子の街宣車。

 今こそ、「庶民いじめ、無責任な政治」を変え、国民生活を省みない政治を変えなければ、私達の生活はズタズタにされてしまうのでないでしょうか?

岡平街宣車2
岡平知子の街宣車を斜め前から。

 地方は疲弊し、富める者は富み、貧しくなる者は益々貧しくなるような政治は変えなければなりません。

 来るべき総選挙では2区の「岡平知子」さん、3区の「白石洋一」さんを先頭に、このような国民不在の政治の流れを変え、「政権チェンジ」を果たし、政治を私達庶民の手に取り戻そうではありませんか。

今治の街

 商店街でも多くの店が空き家になり、今治大丸も今年いっぱいで閉店が決まりました。島、中山間地はこの比ではありません。

 これを単に「時代の流れ」で片付けることはできないと思います。
 
スポンサーサイト

【2008/09/04 11:09】 | 未分類
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。