愛媛県議会議員の  庶民派・元気派・さわやか派  石川みのるが見て歩き、いろいろな思いを語ります。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

08年戦没者慰霊祭1

 14日は自治労にいはまの早朝びら配布。

 組合を結成したのが98年7月。それから10年余が経ちましたが、配布したビラの号すう数は370号。

 そのほとんどを早朝びらで対応しています。これは言うべくして大変な作業です。

 作る人、配る人、読む人・・・。この早朝びら配布にはこだわりを持って、これからも頑張って欲しいと思います。

 もちろん小生も可能な限り参加します。


 夕方は時間が取れたので、小学校でたっぷりと1時間半の走り込み。帰宅してバットの素振り、ダンベルと充実した時間を過ごし、無秩序にせり出した腹が少しは引っ込んだかな?などと思いながら、腹をさすっていたら、甥っ子から電話。

 「稔兄ちゃん、今から焼肉をするから来て」と。

 「なら、ちょっとだけよ」と馳せ参じる。

しかし「ちょっとだけよ」で済まないのが焼き肉好きの小生の悲しい性。

 運動で消費した以上のカロリーを摂取して「ああ、また食べ過ぎた」と腹をポンポンと叩いて帰宅。
 
 息子に腹を指さされて嘲笑されてしまい、反省しきり。明日からダイエットに本気で取り組もうと決意を新たにする。

 しかし、息子には毎度のことながら空しく聞こえたらしいことは想像に難くない。

戦没者慰霊祭2

 15日は県民文化会館で行われた県の戦没者慰霊祭に県議として2回目の参加をしました。

 毎年高齢化が進むのは偽らざる事実。
 東京でも慰霊祭が実施された。軍人230万人、市民80万人が犠牲になったとのこと。

 それぞれの命の火が消える時どんな思いで、どんな苦しみで、どんな痛みを伴っt、絶えたのか?

 また、あの戦争がなければ、お父さんの顔を見ることができただろう、あの戦争がなければ学校にも行けただろう、あの戦争さえなければおいしいものが食べられたであろう・・・。

 310万人、それぞれに思いを致すと戦争の悲惨さを風化させることなく、二度と戦争をしてはならないとの決意を新たにする。

 さらに日本軍は多くの外国の兵士はもとより、多くの非戦闘員を殺戮し、強制連行をして過酷な条件で働かし、多くの命を奪ってきたという特異な歴史を持っています。

 このような歴史を2度と繰り返してはなりません。
 

08年船木夏祭り

 この時期は戦没者に対する慰霊の行事と共に各地で夏祭りなどが催されます。

 小生も夕方からは船木校区の夏祭り、光明寺の盆踊り大会に顔を出しました。



 船木校区の夏祭りには毎年交替で太鼓台が登場します。

 今年は新居浜の東端の長野太鼓台が登場しました。

 この地区の自治会は100戸ほどで、市内で太鼓台を保有する地区では最少。それでも毎年勇壮、華麗に運行します。



 やはり、小生も太鼓の音を聞くとじっとしておれません。

 これまた、太鼓好きの悲しい性です。

 動画をとくとご覧あれ。

 
スポンサーサイト

【2008/08/16 08:24】 | 未分類
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。