愛媛県議会議員の  庶民派・元気派・さわやか派  石川みのるが見て歩き、いろいろな思いを語ります。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ビラ配り2

寒い中でビラ配り

 昨日の朝は7時50分位に新居浜市役所へ行って、自治労にいはまのビラ配りに参加しました。

 この日は寒かったのですが、それでも風がなかったから助かりました。

 自治労にいはまのビラももう360号になりました。その殆んどを朝ビラという形で朝、出勤する職員に10年間配ってきました。

 雨の日、風の日、雪の日、猛暑の日・・・。色々です。数が少ない組合員ですが、それだけはやりきろうと誓った朝ビラです。

 小生にとっても思い入れがある朝ビラ・・。これからも可能な限り参加していきたいと思います。

ビラ配り

小生なんかは「完全装備」です。

 午後からは県議会の行政改革特別委員会に参加しました。テーマは「第二期分権改革」。

 最初の説明は立場上、難解な教科書を読むみたいな説明でした。

 もっともこんなテーマをマンガを駆使して面白可笑しくできる訳にはいかないんですがね。

 説明をした課長さんがどうのこうのではなく、「中間とりまとめ」の文章自体がが小生にすれば余りにも無機質な語彙の羅列に思えてなりませんでした。

 この間の第一次、そしてそれに続く三位一体の改革。さらにその間に出された財政諮問会議の答申、いわゆる骨太方針などで地域間格差の拡大再生で結果として地方はずたずたにされてきました。

 このような地方へ強いてきた地方の痛みや苦しみなどに対する記述、総括などは当然にも皆無。

 「地方政府」などという文言まで登場しますが、その概念の説明や財政的裏付けもありません。

 問題は、今論じられてこのような「分権」が地域で、地方で生活を営む住民にとって福祉や教育や医療などのサービスがどのように向上をするかという点が全く見えてきません。

 それ故に感情が無い無機質な言葉の羅列と評した次第です。

 もっとも委員になっている方々は惨憺たる地方の痛みなどを体験してないし、関係のない方々でしょうから仕方がないでしょうけど。

 それだけにこのような方々にまことしやかな「地方分権」などを論じて欲しくないですね。

 
スポンサーサイト

【2008/02/08 20:10】 | 未分類
トラックバック(0) |

管理人のみ閲覧できます
-


コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2008/02/09(Sat) 12:30 |   |  #[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。