FC2ブログ
愛媛県議会議員の  庶民派・元気派・さわやか派  石川みのるが見て歩き、いろいろな思いを語ります。
鹿児島空港


 広くて立派な鹿児島空港です。

 1月23日、24日と行政改革特別委員会の研修で福岡、鹿児島へ行ってきました。。帰宅は24日の5時半頃でした。

 研修の中身はあとで記すとして、23日に自宅を出て、松山空港での待ち時間を含めても3時間後にはもう福岡空港へ。思いのほか近いんですね。

 また、福岡から鹿児島までは2時間12分。博多から新八代までは在来特急。そこから鹿児島中央までは九州新幹線。

 先般、東北にも行って、また今回九州へ行って思ったことは、国は「金がない、金がない」と言いつつ、四国以外の道路、鉄道などのインフラ整備が小生らの想像をはるかに超えるスピードで進んでいるということです。

 九州新幹線も21年度中に開通し、博多、鹿児島間がなんと1時間10分程度なんだそうです。

 溝辺鹿児島空港もとても広くてびっくりしました。

 それに比べ四国は・・・。本四連絡橋はあるにしても、なんだか取り残されているような気がしてなりません。

 福岡、鹿児島の県庁や県議会もとても立派な建物で、一緒に行った他の議員さんたちでさえも「ホー」、「ヘー」、「なんと」という声の連続でした。(それぞれのホームページなどで見て下さい。)

 いやー、愛媛しか知らない小生なんかはなおのことです。

とんかつ


 鹿児島に来たら食べなくてはいけないと思ってた黒豚のとんかつです。

 研修の着眼点は県立病院に対する各県の対応。

 福岡は以前には6か所あった県立病院を廃止、移譲が5か所、そして指定管理者として運営しているのが必要に迫られての精神病院だけ。従って実質すべて県から切り離しました。

 表向きは福岡には4つの大学病院があり、さらに民間の充実した医療機関などもあるが故に、あえて直営にこだわらなくてもいい条件があったとのこと。正直、愛媛の参考にはならなかったなというのがこの研修の成果?

 一方、鹿児島は地域住民のために5つある直営の病院を今後も「経営改善を重ね」、直営・県立で運営をしていこうとしています。

 同じ九州でも好対象の2県を見ました。ここにも地域間格差を垣間見た思いがします。

 愛媛の場合は当面、へき地や離島を抱え人口密度も低いことなどが共通する鹿児島県と同じ方向になると思います。

 しかし、違う角度から見てみると福岡、鹿児島両県に病院問題で常に重要な位置を占めていたのは労働組合でした。

 「一方的」な「移譲」や「改革」、「適正化」を許さないためにも労働組合が必要だと思いました。

 当局には煙たい存在かもしれませんが、福岡県は組合と66回の交渉をしたそうです。

 それはそれとして、この2日間にわたって、そつなく無事に帰松できるようにお世話を頂いた議会事務局の豊島さん、堀本さんには心から感謝申し上げたいと思います。

 また、同行いただいた松森さん玉井さん、ご苦労様でした。

我が家の雪


 上の写真は24日の5時半頃に帰宅をした時の我が家の軒下の雪。

 正直、雪は飽きました。
スポンサーサイト




【2008/01/24 19:43】 | 未分類
トラックバック(0) |

とんかつ
h.manabe
美味しそうな「とんかつ」ですね。料理の写真は私には大好評です。

管理人のみ閲覧できます
-


コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
とんかつ
美味しそうな「とんかつ」ですね。料理の写真は私には大好評です。
2008/01/26(Sat) 08:47 | URL  | h.manabe #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2008/01/25(Fri) 22:36 |   |  #[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック