愛媛県議会議員の  庶民派・元気派・さわやか派  石川みのるが見て歩き、いろいろな思いを語ります。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

生協連
11日に行われた県生協連との懇談会から 

 選挙カーの公費負担の「不正請求」、「水増し請求」の件が、この間の新聞、テレビで報じられており、その中に私もいることは前回のブログにも記させていただきました。

 全く給油をしていないのに広告会社を介して公費を請求していたとの報が最初にありました。

 私の場合を調べてみると、ガソリンスタンドで選挙カーには給油をしてはいたものの、認識の違いから実際よりも多くの請求をしていたことを前回のブログで明らかにしてきました。

 私がガソリンスタンドの資料を参考に調べた結果を記しますと、法で認められた選挙期間中の3月31日から4月7日までの9日間に8回の給油をしており、その総量は185.2リットル、単価が140円(消費税込み)で、金額にして25,921円でした。

 公費で1日に60リットル、9日間に満額の66,150円の負担をしてくれるという認識の違いから、そのまま県に請求をしていました。

 つまり、66,150円ー25,921円=40,229円となり、この40,229円が「不正」もしくは「水増し」を意味し、この金額をガソリンスタンドを介して県に返還する手続きを取らなくてはなりません。

 今後、県の選管がガソリンスタンドによって提出された資料を基に返還額を確定し次第、ガソリンスタンドを介して返還の手続きをしたいと思います。

  
 改めて、県民の皆さんにお詫びを申し上げます。

 この間、せめてもの私の務めと思い、私の方から経過報告などその時点で可能な限り事実をマスコミの皆さんにも直接会ったり、或いは小生の方から電話をして、状況が変化する毎に誠心誠意そのつど報告をさせて頂きました。

 同じ報告をしてもマスコミによって、あるいは会社によってその取扱いが全く違うということを今回学びました。

皆さんからの感想・ご意見・コメントをお待ちしています。

 
スポンサーサイト

【2007/12/11 20:40】 | 未分類
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。