愛媛県議会議員の  庶民派・元気派・さわやか派  石川みのるが見て歩き、いろいろな思いを語ります。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

20071206225218.jpg
ガソリンも高くなりました。松山のスタンドの看板。

 上の写真は松山のガソリンスタンドで料金を表示する看板。

 ここはセルフの店だからまだ安い方でしょう。これが南予になれば、これよりもうんと高い表示になっていると思います。

 南予で生活をするのは大変だなとつくづく思わされたのは12月議会の質問の中でも沢山ありました。

 この12月議会は小生も含めて12人の方が質問をし、それぞれの議員の様々なキャラクターを拝見させて頂きました。

 聞く人に「うーん」と訴える質問、ただただ原稿を読んで速射砲の如く猛スピードで質問をする人・・。色々と勉強になりました。

 自民党の人でさえ三位一体改革への批判は憤りすら感じ、小生達の認識と全く一致する方もおられました。

 かたや委員会、本会議では県職員の賃金改定で人事委員会勧告の完全実施に伴う理事者からの提案に対して、反対をする民主党の議員。

 小生は不当にも公務員には労働三権が保障されていない代償措置としてある人事院勧告、若しくは人事委員会勧告制度を考慮すれば理事者の提案に賛成するのは当然のことだと思います。

 職員は4年間で165億円もの賃金削減を強いられようとしている中で、ささやかな賃金改定は当然でしょう。

 曲がりなりにも今まで公務員の労働組合で飯を食わせて頂き、賃金の確定などに骨を折ってきた小生にすれば、反対した議員に対して腹立たしさすら感じます。

 この怒りをどこに持っていったらいいのか?そんなことを考えながら明日の委員会に臨みます。

  
スポンサーサイト

【2007/12/06 23:19】 | 未分類
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。