愛媛県議会議員の  庶民派・元気派・さわやか派  石川みのるが見て歩き、いろいろな思いを語ります。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

20071024183529.jpg
佐々木・新居浜市長と記念撮影。今井監督と兼子キャプテン代理、市長、小生
 
 今日の午前11時からは先日行われた全日本シニア野球大会の優勝報告を新居浜市長に行い、午後からは公務で県議会へ

 実は市長への報告は小生からの連絡の不備があり、一瞬ドキッとしましたが、市の担当の方の高配もあって、なんとか市長への「優勝報告」と相成りました。

 今にして思えばやはり全国大会での優勝は価値があると思います。

 もちろん、村上投手という傑出したプレーヤーがいるのは間違いないのですが、野球は団体競技であることもこれまた間違ありません。

 試合に出る人の一人一人の勝利に対する執念、ボールに対する執念がなければ優勝なんて到底出来ません。 

 その執念は皆さんが毎週、毎週、暑い日も寒い日も練習を積み重ねたことによって育んできたものと思います。

 考えてみれば殊のほか暑かった今年の夏なんて、太陽の下で立つことすら大変な中で、皆さんはこれでもかこれでもかとひたむきに練習をしていました。

 チームの中では比較的若くて体力がある小生ですら、「まだ練習をするの?もーやめません?」と思うくらい皆さんは練習をしていました。

 その努力が栄えある「全国優勝」として結実したのだと思います。

 勿論、新居浜50’Sだけではなくて、毎年上位に勝ち上がるチームも練習をしているのだと思います。

20071024183549.jpg
和やかな雰囲気での優勝報告
 今回の大会では鍼灸の先生、スタッフの皆さんに大変にお世話になったことは先日のブログにも記しました。

 そして、早速お二人の先生からこのブログにコメントを寄せていただきました。

 松浦先生、大町先生!改めてお礼を申し上げたいと思います。こんな人と人との交流ができるのもこの大会のお陰です。

 でも、正直あの施術が有料なら何回も治療をして頂いた小生や村上投手は一体いくら支払わなければならなかったんでしょう?

 うーん。

 とにかくチームメート、大会関係者、鍼灸の先生やスタッフの皆さんに心からの感謝を申し上げたいと思います。

 そして、この歳まで野球が出来る自分を褒めてやりたいとも思います。
スポンサーサイト

【2007/10/24 18:52】 | 未分類
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。