愛媛県議会議員の  庶民派・元気派・さわやか派  石川みのるが見て歩き、いろいろな思いを語ります。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

20070821210202
前回のは朝鮮朝顔だったらしいのですが、今回はサボテン系みたいです?! (実はハイビスカスでした。)

 今、外の気温は26度。室内は31度。どうしてこの時期にこんなに暑いのでしょう?

 今朝はわが会派で9月議会に向けた予算要望の打ち合わせを県議会の応接室で行いました。

 今回は「現場の声を聞こう」ということで自治労の愛媛県職労の役員の皆さんから1時間半にわたって現場の生々しい状況を説明して頂きました。

 表面的なものだけでは県民・庶民の皆さんニーズには応えられないと思い、前自治労愛媛県本部の書記長として最低限の役目を果たしました。

 今回の予算要望では「理念」や「綱領的」で「抽象的」なものからより具体性を持ったものにしようとの思いからでした。

 他の会派ではこのようなチャンネルは持っていないでしょうから、「現場の声」を活かせる私たちの優位性を少しは示せるものになると思います。


 午後には9月15日から滋賀県で軟式野球など15種目にわたって開催される「スポーツマスターズ」への対応を聞くために県の体育協会に赴きました。

 「スポーツマスターズ」の歴史自体が浅いがために、ある程度の覚悟はしていましたが、同じ日本体育協会協が主催者に名を連ねる国体との対応の違いに唖然としました。

 参加選手すべてが自費の参加となると大変です。いくら草創期とは言え、もう少し何とかならないの?と思い県体協をあとに。

 そして4時過ぎには新居浜警察署の某課に。これまた結論はある程度予想をしていましたが、そのプロセスは小生の予想を超えた「想定外」でした。

 このブログの場では細かい記述は避けますが、公務員用語でいうところの「根拠規定」よりも「前例」。

 その時々の時代、解釈で変わるであろう「運用」によって左右されるような気がしてなりません。

 そして、このように釈然としない二つの思いを胸に日中友好協会の総会に。

 ここでは歴史的で具体的な数字を目の当たりにして、改めてショックを受けました。

 詳報は次回に。
 
スポンサーサイト

【2007/08/21 21:02】 | 未分類
トラックバック(0) |


Zin.
アオイ科フヨウ属のハイビスカスです。
和名はブッソウゲ(仏桑華)
サボテンとかの多肉植物とは程遠い種ですよ~。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
アオイ科フヨウ属のハイビスカスです。
和名はブッソウゲ(仏桑華)
サボテンとかの多肉植物とは程遠い種ですよ~。
2007/08/23(Thu) 01:06 | URL  | Zin. #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。