愛媛県議会議員の  庶民派・元気派・さわやか派  石川みのるが見て歩き、いろいろな思いを語ります。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

20070703213222
新しく出来た小生の後援会報の2号です。

 上の写真は写りが悪くて恐縮ですが、拙い後援会報の2号です。

 さて、6月19日に招集された6月愛媛県議会も本日で閉会。

 本来なら、明日から参議院議員選挙が始まる予定でこのような日程が設定されたのですが、ご存知のように安倍総理は国会の会期を強引に延長したために、公示日は12日になってしまいました。

 会期を延長して多くの税金を使い、国民・市民の日常生活や各自治体に多くの負担を強いたこの会期延長。

 会期延長をしてまでも成立させる法案の中身とは到底思いませんがね。

 そうこうしていると、あの久間防衛大臣の「原爆投下は仕方ない」の発言。

 とんでもない発言です。とりわけ、被爆者の心をどれだけ傷つけたのでしょうか?

 こんな発言をする大臣のを安倍総理自ら罷免するどころか、擁護さえしていました。

 ひとまず、本人が辞任をしたことで「幕引き」ということになるんでしょが、ここで素朴な疑問。

 それは、久間前防衛大臣は「このまま大臣の席にとどまると、参議院選挙に悪影響を及ぼすから」として、辞任をしましたが、もし参議院選挙がなければどうなっていたのかという疑問です。

 みなさんはどのように思われますか?

 さて、小生にとって人生で初めて経験した県議会での初質問を含めて委員会デビュー戦を飾ることができました。

 人生の中で凝縮した日々を過ごし、自分の意図と違う形で波紋を広げたり、意外なリアクションにとまどったりと、大変に勉強になりました。

 それでも石川みのるは「いつも笑顔で平和に暮らしたい」、「庶民派、元気派、さわやか派」の原点を忘れることなく、頑張ります。 
スポンサーサイト

【2007/07/03 21:32】 | 未分類
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。