FC2ブログ
愛媛県議会議員の  庶民派・元気派・さわやか派  石川みのるが見て歩き、いろいろな思いを語ります。
20070306114914

昨日のアクセスは久しぶりに50アップ。嬉しいですね。

 今朝は市役所前で早朝の挨拶をしました。場所が場所がだけに早く行かないと他の人に場所を取られるので、7時には到着しました。

 昨日の夜、全ての行動を済ませて小生の同級生が営む焼肉店へ初めて寺尾委員長とジンちゃんとで行きました。

 ま、この日も飲むほどに寺尾節が炸裂した感がありました。

 ジンちゃんは「犬」、「動物」の専門家だけにその種の話が主になり、寺尾委員長は寺尾委員長で労働組合にまつわる業界用語で喋り捲り。

 間にいた小生が思うに二人の言葉のキャッチボールにはなってなかったなー。でも、妙に「イノシシ」の話題には話が成立していたようです。

 喋り捲る二人を尻目に小生はただひたすら話に耳を傾け、ただひたすら箸を動かすことしか許されませんでした。

 とにかく、アルコールが入って饒舌に喋れる人は羨ましいですね。小生は飲めば飲むほど眠くなるだけですからね。
 
 おかげで腹が膨らみ腕は腱鞘炎になりかけました。
スポンサーサイト




【2007/03/06 11:49】 | 未分類
トラックバック(0) |

焼肉はいいよなぁ…
津田博幸
 今日はまたどうしたことかと驚くほど冬に逆戻りv-276。長浜は雨でも肱川を遡っていけば肱川町は辺りの畑、山は真っ白、スタッドレスを外したばかりだったからちょっとだけ焦ったv-404

 今朝の演説は値打ちがあったでしょうv-363。上げたり下げたりは株価だけかと思っていたら、身近にもありました。体調を崩さないよう充分、ご留意ください。まぁ、それだけ食べられれば大丈夫だとは思いますがv-355

 日曜日の毎日新聞の『余録』に、第9代米国大統領の「ウィリアム・ハリソン」のことが記されていましたのでご紹介します。

 68歳で権力の座を手にした彼は、寒風吹きすさぶ中で行われた就任式の演説で、2時間近くも長広舌をふるった、まではよかったが、翌日から風邪で寝込んでしまい、一ヶ月後、一度も大統領としての仕事を行うことなく肺炎で亡くなってしまったそうですv-75v-40

 「在任期間は最短で、就任演説は最長」という笑うに笑えない記録を残した彼の不運は、その後も「長広舌は身を滅ぼす」教訓として伝えられているそうですv-12

くれぐれもご用心をv-218

 これとは少し趣が異なりますが、先日は『円楽師匠』が高座から降りることを宣言されました。「自分の思い通りの噺ができない。こんな調子で恥をかきたくない」という潔い引き際だったと思います。流石はその道を極められた大御所の見事な幕引きでしたv-424

 言葉を大切にする、思いを届ける、届けようとしても伝わらないときは深く恥じる。そして潔く去る。「修羅場」をくぐり抜けてきた芸の道から厳しさを学ぶべきは、永田町のセンセイ方だv-412

「産む機械、装置、健全」、「人権メタボ、同質の国」、「慰安婦」発言などなど…。それを「鈍感力」で受け流し誰も責任を取ろうとも思わない。それどころか問題をすり替えて逃れようと画策する姿に不信感は募るばかりだ。緊張感を欠いて遊戯化が進むと暴言、失言が日常化すると言われています。もはや末期症状の何ものでもありませんv-40

 どうやら『』『潔い』という言葉はセンセイ方の業界には存在しないようですv-363

 我らが『庶民派・石川みのる』さんには、これからも熱く思いを語っていただきたいv-218



コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
焼肉はいいよなぁ…
 今日はまたどうしたことかと驚くほど冬に逆戻りv-276。長浜は雨でも肱川を遡っていけば肱川町は辺りの畑、山は真っ白、スタッドレスを外したばかりだったからちょっとだけ焦ったv-404

 今朝の演説は値打ちがあったでしょうv-363。上げたり下げたりは株価だけかと思っていたら、身近にもありました。体調を崩さないよう充分、ご留意ください。まぁ、それだけ食べられれば大丈夫だとは思いますがv-355

 日曜日の毎日新聞の『余録』に、第9代米国大統領の「ウィリアム・ハリソン」のことが記されていましたのでご紹介します。

 68歳で権力の座を手にした彼は、寒風吹きすさぶ中で行われた就任式の演説で、2時間近くも長広舌をふるった、まではよかったが、翌日から風邪で寝込んでしまい、一ヶ月後、一度も大統領としての仕事を行うことなく肺炎で亡くなってしまったそうですv-75v-40

 「在任期間は最短で、就任演説は最長」という笑うに笑えない記録を残した彼の不運は、その後も「長広舌は身を滅ぼす」教訓として伝えられているそうですv-12

くれぐれもご用心をv-218

 これとは少し趣が異なりますが、先日は『円楽師匠』が高座から降りることを宣言されました。「自分の思い通りの噺ができない。こんな調子で恥をかきたくない」という潔い引き際だったと思います。流石はその道を極められた大御所の見事な幕引きでしたv-424

 言葉を大切にする、思いを届ける、届けようとしても伝わらないときは深く恥じる。そして潔く去る。「修羅場」をくぐり抜けてきた芸の道から厳しさを学ぶべきは、永田町のセンセイ方だv-412

「産む機械、装置、健全」、「人権メタボ、同質の国」、「慰安婦」発言などなど…。それを「鈍感力」で受け流し誰も責任を取ろうとも思わない。それどころか問題をすり替えて逃れようと画策する姿に不信感は募るばかりだ。緊張感を欠いて遊戯化が進むと暴言、失言が日常化すると言われています。もはや末期症状の何ものでもありませんv-40

 どうやら『』『潔い』という言葉はセンセイ方の業界には存在しないようですv-363

 我らが『庶民派・石川みのる』さんには、これからも熱く思いを語っていただきたいv-218

2007/03/07(Wed) 17:42 | URL  | 津田博幸 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック