愛媛県議会議員の  庶民派・元気派・さわやか派  石川みのるが見て歩き、いろいろな思いを語ります。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

20070224122657

昨日は駅前病院の西側の交差点で早朝の挨拶を行いました。地元の東田の方や市役所の職員の方を始め多くの方から声援を受けました。もっとも例外の方は役所の方でも二人ほどいますけどね。

 でも、そんな声援を受けて、また元気にがんばることが出来ます。これからも声援をお願いします。

 小生が家庭を訪れても当然お父さん、お母さんが留守の家庭があり、お子さんが対応をしてくれる家庭もあります。

 そんな時、小生はお子さんに「写真と実物とどちらがいい?」なんて質問をします。そしたら10人の内、8人が「実物の方がいい」と言い、1人が「写真の方がいい」と言い、1人が「どちらとも言えない」という結果に。

 まあ、小生とすれば「実物方がいい」と言われる方がいいですよね。

 しかし、実際はどうなんでしょうか?このブログを見ておられる方はどっちがいいですか?少し知りたい気分です。

 今朝は河川敷で野球の練習をしている所にお邪魔をして挨拶をさせて頂きました。

 皆さん、ホントに元気です。好きな野球が出来て羨ましい限りです。小生もこの時期ならかなり走り込んでいるんですが、今年は歩きこそすれランニングは全くですからね。

 だから腹が出てさっぱりです。時間を気にせずにじっくりと走り込み、心地よい汗をかきたいですね。その走れる時が一番幸せな時間、空間です。

 ああ、走りたいなあ。
スポンサーサイト

【2007/02/24 12:26】 | 未分類
トラックバック(0) |

写真と実物?
津田博幸
 “写真と実物とどちらかいい”ってv-361 それは勿論「実物」でしょう。

 写真に語りかけても笑顔は返してくれるが言葉は返ってきません。やっぱり石川さんは『喋ってなんぼ』でしょうv-8

 今日の連合愛媛の総決起集会への参加ご苦労様でした。さすがに選挙の年の集会ですから力の入れようが違いますねv-91。いつもより時間を多くとって、参加された全員が一言ずつ喋ったのは初めてじゃないんですか。いつもは代表者が紹介するだけだったと思います。

 各候補者、支援する産別組織の組合員の皆さんにはそれぞれ頑張っていただきたいと思いました。

 勿論、私たちも石川さんの当選に向けて、それを上回るような運動をしなければならないのは言うまでもありませんi-227。あと41日しかないのですv-399

 それにしても、この集会でも自治労の存在感は充分に示すことが出来たんじゃないでしょうか。

 多少贔屓目にみたとしても、石川さんの挨拶が一番良かったと思います。いつもの調子で流暢に、かつ理路整然と、「格差、格差」のオンパレードではなく、『人間・石川みのる』を良く表現出来ていて、それでいて伝えたいことはしっかりと入っていてv-218、流石でしたv-425

 また、決意表明を行った県職労のY青年部長もよくまとまっていて、堂々として素晴らしかった。八幡浜のU市議もいい味出してました。

 『アゴの自治労』の本領発揮と言ったところでしょうかv-411。それはそれとして、めざすは『運動の自治労』です。組合員の皆さん、頑張りましょうv-217

 今春闘の取り組み指標のひとつに「パート労働者等の均等待遇・処遇改善」が挙げられていますが、今や全ての労働者の四分の一、約1,300万人に達しようかといわれています。

 短時間労働者は企業側の使い勝手がいい労働者として扱われていますが、人それぞれ様々な理由であるにせよ、正社員と同じ仕事を行いながら、約6割の賃金水準であったり、雇用保険や年金などで制約があるなど、処遇の面で厳しい条件下に置かれています。

 労働組合を結成し、経営者側と交渉をすることなどなく(最近は結成の動きが出始めましたが)、正に「言い成り」で仕事をせざるを得ない状況にあります。

 経営者から賃金を貰っている『労働者』に変わりはない訳ですから、働く環境を整えることによって、今後の暮らしに安心が生まれてきますし、何よりも「働きがい」も出てきます。働きがいが出てくれば更に働く意欲が生まれ、それによって企業も業績を上げられる。そして労働者の賃金も増え、結果的に消費の拡大につながり、働く者も景気が実感できる社会で生まれる。

 言葉で言うのは簡単ですが、クリアしなければならないハードルは幾つもあります。しかし、大局的な視点にたって、それを実現するのが『政治』であり、『政治家』の仕事ですv-363

 雇用環境に生じた「ひずみ」を是正していくことが、社会保障、福祉、高齢化、少子化などの課題解決への道ではないかと思いますv-218

 我らが『庶民派・石川みのる』さんには生活者の視点で労働環境の改善を語っていただきたいと思いますv-421



コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
写真と実物?
 “写真と実物とどちらかいい”ってv-361 それは勿論「実物」でしょう。

 写真に語りかけても笑顔は返してくれるが言葉は返ってきません。やっぱり石川さんは『喋ってなんぼ』でしょうv-8

 今日の連合愛媛の総決起集会への参加ご苦労様でした。さすがに選挙の年の集会ですから力の入れようが違いますねv-91。いつもより時間を多くとって、参加された全員が一言ずつ喋ったのは初めてじゃないんですか。いつもは代表者が紹介するだけだったと思います。

 各候補者、支援する産別組織の組合員の皆さんにはそれぞれ頑張っていただきたいと思いました。

 勿論、私たちも石川さんの当選に向けて、それを上回るような運動をしなければならないのは言うまでもありませんi-227。あと41日しかないのですv-399

 それにしても、この集会でも自治労の存在感は充分に示すことが出来たんじゃないでしょうか。

 多少贔屓目にみたとしても、石川さんの挨拶が一番良かったと思います。いつもの調子で流暢に、かつ理路整然と、「格差、格差」のオンパレードではなく、『人間・石川みのる』を良く表現出来ていて、それでいて伝えたいことはしっかりと入っていてv-218、流石でしたv-425

 また、決意表明を行った県職労のY青年部長もよくまとまっていて、堂々として素晴らしかった。八幡浜のU市議もいい味出してました。

 『アゴの自治労』の本領発揮と言ったところでしょうかv-411。それはそれとして、めざすは『運動の自治労』です。組合員の皆さん、頑張りましょうv-217

 今春闘の取り組み指標のひとつに「パート労働者等の均等待遇・処遇改善」が挙げられていますが、今や全ての労働者の四分の一、約1,300万人に達しようかといわれています。

 短時間労働者は企業側の使い勝手がいい労働者として扱われていますが、人それぞれ様々な理由であるにせよ、正社員と同じ仕事を行いながら、約6割の賃金水準であったり、雇用保険や年金などで制約があるなど、処遇の面で厳しい条件下に置かれています。

 労働組合を結成し、経営者側と交渉をすることなどなく(最近は結成の動きが出始めましたが)、正に「言い成り」で仕事をせざるを得ない状況にあります。

 経営者から賃金を貰っている『労働者』に変わりはない訳ですから、働く環境を整えることによって、今後の暮らしに安心が生まれてきますし、何よりも「働きがい」も出てきます。働きがいが出てくれば更に働く意欲が生まれ、それによって企業も業績を上げられる。そして労働者の賃金も増え、結果的に消費の拡大につながり、働く者も景気が実感できる社会で生まれる。

 言葉で言うのは簡単ですが、クリアしなければならないハードルは幾つもあります。しかし、大局的な視点にたって、それを実現するのが『政治』であり、『政治家』の仕事ですv-363

 雇用環境に生じた「ひずみ」を是正していくことが、社会保障、福祉、高齢化、少子化などの課題解決への道ではないかと思いますv-218

 我らが『庶民派・石川みのる』さんには生活者の視点で労働環境の改善を語っていただきたいと思いますv-421

2007/02/25(Sun) 19:05 | URL  | 津田博幸 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。