愛媛県議会議員の  庶民派・元気派・さわやか派  石川みのるが見て歩き、いろいろな思いを語ります。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

20070222090509

昨日は市役所前の交差点で早朝の街頭挨拶。今朝は西の土居の交差点。日中は暖かいのですが、放射冷却の関係で朝は冷えます。

 昨日は我が家では2度、今朝は3度でした。喋り始める頃はやはり寒いんですよね。

 で、昨日訪問をした家庭で21歳のお嬢さんが応対してくれました。話をすれば小生と同じ東高校の卒業生ということで、従来の家庭訪問とは違って異例の「長話」になってしまいました。

 その話の中で彼女は小生が野球をしていたことを知っており、小生が歳の割りに若いとも言ってくれました。

 そこで小生はついつい調子に乗り、「去年6月に砥部の総合運動公園で計測をしたら50メートルは7秒4、100メートルは16秒4だったよ」なんて喋り始めました。
 
 そんな会話を二人でしました。と言ううよりも、よくよく考えると小生が一方的に喋ったようですが。

 そんな中で21歳の彼女は若いのに非常に人当たりが良く、感じのいい子でした。

 どこに行ってもこのように対応をしてくれれば元気が出るんですが、現実はなかなかそうはいかないんですよね。 
スポンサーサイト

【2007/02/22 09:05】 | 未分類
トラックバック(0) |

日付が替わってしまいましたけど…
津田博幸
 今日は2月22日。数字の並びと鳴き声「ニャン・ニャン・ニャン」の語呂合わせから『猫の日』。

 私の家にも現在三匹が住み着いている。よって、先般紹介した愛犬一匹を含めると、人間の数よりペットの数の方が多い。因みに男女の対比は2対4、子どもが帰ってくれば2対5。それもそのはず、津田家は女系家族v-405。無論、女帝がおなりあそばすv-399

 猫に話を戻すと、「猫に小判」「猫の額」「猫をかぶる」などあまりいいイメージには例えられない一方で、商売繁盛や開運の縁起物としては『招き猫』が有名ですね。

 我が家にもいろいろな『招き猫』がおりまして、右手はお金、左手はお客を招いていると言われ、白色は福を招く、赤や黒色は厄よけ・病除け、金色は金運を招くなどの御利益があるそうですv-421

 中には両方の手を挙げている欲張りな猫もいますが、私にはどうしても「お手上げ状態」にしか見えないのでお勧めはいたしませんv-40

 もう一つ数字が揃うと言えば、このブログのアクセス数。めでたく今日「6666」がクリアされた。今回もまたまた残念、次の「7000」をめざすゾv-217

 この位のことで一喜一憂するんだから平和と言えば平和ですねv-75

 「一喜一憂」と言えば、支持率低下などをいちいち気にすることなく、精神的にタフな意味で『鈍感力』という言葉が登場し話題になっている。現実には「一喜」は思い当たらず憂いてばかりだと思うのだが、長く落ち込むより素早く立ち直る鈍感さが必要だというのだ。

 言われてみれば「なるほど」と思うのだが、いい意味での『鈍感力』は、その対極にある『敏感力』とのバランスがとれていて始めて作用するのではないか。

 格差と正面から向き合おうとしない姿勢、失言と批判が相次ぐ閣僚の資質と進退問題、事務所費で改めて問題となった政治と金の疑惑、充分すぎるほど「鈍い」ではないか。

 今必要なのは国民の声をよく聞くことだ。

 “お行儀”の悪い閣僚連中に今頃になって首相への忠誠心を求めるようなことでは「鈍感力」もあったものではない。早い話が求心力のあるリーダーではなく、単なる仲良しグループと揶揄された内閣を露呈してしまう結果となったことさえも判らないような「鈍感」さでは思いやられる。

 それよりも何よりも、多少鈍くてもいい、世論を真摯に受け止め、何を解決していかなければならないかを見定める『判断力』をまず示してほしい。政策云々ではなく国会議員としての資質が問われているv-219

 我らが『さわやか派・石川みのる』さんには野球で培った様々な「力」を発揮していただきたいv-237


コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
日付が替わってしまいましたけど…
 今日は2月22日。数字の並びと鳴き声「ニャン・ニャン・ニャン」の語呂合わせから『猫の日』。

 私の家にも現在三匹が住み着いている。よって、先般紹介した愛犬一匹を含めると、人間の数よりペットの数の方が多い。因みに男女の対比は2対4、子どもが帰ってくれば2対5。それもそのはず、津田家は女系家族v-405。無論、女帝がおなりあそばすv-399

 猫に話を戻すと、「猫に小判」「猫の額」「猫をかぶる」などあまりいいイメージには例えられない一方で、商売繁盛や開運の縁起物としては『招き猫』が有名ですね。

 我が家にもいろいろな『招き猫』がおりまして、右手はお金、左手はお客を招いていると言われ、白色は福を招く、赤や黒色は厄よけ・病除け、金色は金運を招くなどの御利益があるそうですv-421

 中には両方の手を挙げている欲張りな猫もいますが、私にはどうしても「お手上げ状態」にしか見えないのでお勧めはいたしませんv-40

 もう一つ数字が揃うと言えば、このブログのアクセス数。めでたく今日「6666」がクリアされた。今回もまたまた残念、次の「7000」をめざすゾv-217

 この位のことで一喜一憂するんだから平和と言えば平和ですねv-75

 「一喜一憂」と言えば、支持率低下などをいちいち気にすることなく、精神的にタフな意味で『鈍感力』という言葉が登場し話題になっている。現実には「一喜」は思い当たらず憂いてばかりだと思うのだが、長く落ち込むより素早く立ち直る鈍感さが必要だというのだ。

 言われてみれば「なるほど」と思うのだが、いい意味での『鈍感力』は、その対極にある『敏感力』とのバランスがとれていて始めて作用するのではないか。

 格差と正面から向き合おうとしない姿勢、失言と批判が相次ぐ閣僚の資質と進退問題、事務所費で改めて問題となった政治と金の疑惑、充分すぎるほど「鈍い」ではないか。

 今必要なのは国民の声をよく聞くことだ。

 “お行儀”の悪い閣僚連中に今頃になって首相への忠誠心を求めるようなことでは「鈍感力」もあったものではない。早い話が求心力のあるリーダーではなく、単なる仲良しグループと揶揄された内閣を露呈してしまう結果となったことさえも判らないような「鈍感」さでは思いやられる。

 それよりも何よりも、多少鈍くてもいい、世論を真摯に受け止め、何を解決していかなければならないかを見定める『判断力』をまず示してほしい。政策云々ではなく国会議員としての資質が問われているv-219

 我らが『さわやか派・石川みのる』さんには野球で培った様々な「力」を発揮していただきたいv-237
2007/02/23(Fri) 00:44 | URL  | 津田博幸 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。