愛媛県議会議員の  庶民派・元気派・さわやか派  石川みのるが見て歩き、いろいろな思いを語ります。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 昨日行われた滋賀県知事選挙で社民党支持の女性の嘉田新知事が誕生した。ある人に言わせると小舟が戦艦大和に勝った位らしい。相手は現職でバックも誰が見ても万全だった。それが争点、イメージ、候補者が見事にマッチングして3万2千票の差をつけての勝利。野党が圧倒的な多数に中で舵取りは大変だろうが、滋賀県民の審判を評価したい。久々の朗報だ。
 また、昨日は上部のある地域をAさんに案内をして貰って地域を歩いた。この地域では我が社はなかなか挨拶回りをして貰えない地域。今回、縁があって一緒の歩いて頂いたAさんに心からお礼を言いたい。
 このブログももうすぐ200件になる。毎日何処かで誰かが見てくれているんだなあと実感。他の人にも紹介して下しね。
 
スポンサーサイト

【2006/07/03 16:44】 | 未分類
トラックバック(0) |


岩崎晃
少子化問題など、現代では本当に様々な問題が山済みだと思います。私の住んでいる愛南町でも新聞でも載ったように、少子化と財政難と言う理由で2010年までに小中合わせて学校数が10校も削減されます。1/3減少に伴い教員数の削減も合わせて問題となると思います。本年度より教員も自己採点と第3者の評価委員による採点となりました。教員も少なからず保護者や地域の顔色を伺いながらの仕事となるため、子ども達に正しく教育が出来るのだろうかと、日々不安が残ります。共働きでしか生活できない状況や、また、学校問題なども有り、将来のある子どもに余りにも不安材料が多すぎると思います。ましてや財政難を理由にするのは問題外だと思います。このままで行けばさらに少子化が加速すると思います。情報の少ない田舎でもこのように住みぬくい現状となっているので、是非、頑張って生活しやすい波を田舎まで届けてください。大人も子どもも生活しやすい町であれば自然と子どもも増えると思います。応援しています。頑張って下さい。


自治労いちごの里 国松
 私達、「自治労いちごの里組合員」が石川さんと運命的な出会いを果たして、もう4年の年月が経過しました。地獄の様な状況か救い出してくれた石川さんは、私達にとって“白馬に乗った王子様”(ちょっと無理あるから訂正)“桃太郎侍”の様な存在なのです。
 恩人である石川さんの選挙戦に私達もなんとか恩返しを・・・・と気持ちは膨らんでいるものの実際は遠方のため知人も少なく、気持ちだけが空回りしている状態です。
 ブログからも本当に多忙の日々を過ごされている様子、お体に気を付けて頑張って下さい!

 PS:社民党支持の嘉田新知事が誕生のニュースを見て一番に浮かんだのは石川さんの嬉しそうな顔でした(笑)ただ敗者は“国松さん”なんですよね(苦笑)


大政幸司
社民党支持の嘉田新知事が誕生したことは利害抜きで本当に住民が求めている姿ではないでしょうか?幸先いいですね。社民党県連合の一部OBと取り巻きの「大馬鹿者」たちはこれをどう受け止めているのかな?ともあれ、社民党支持者である私は、支持者有志とともに運動を拡大し、石川みのるの当選に向けて微力ながらがんばりたいと思う。
たまにはいいニュースがないとね。

まさしく梅雨の晴れ間
津田博幸
 ホントにびっくりです。現職陣営の油断もあったんでしょうけど、この選挙ではもはや看板はあまり意味が無いものだったのでは。それだけ分かり易い争点で浮動票を掴みそれが投票率アップにみられるように、市民を動かしたのでしょう。国民も何かしら変化を求めているのでは、と思います。
 そういえばNHKの大河ドラマも滋賀県周辺で下克上の物語が展開されています。何が起こってもおかしくない、現世もそんな時代なのかもしれません。
 石川さんも体力測定でいい汗をかいたとのこと。”健康こそ功名の種”ということです。(うまくまとまりました)

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
少子化問題など、現代では本当に様々な問題が山済みだと思います。私の住んでいる愛南町でも新聞でも載ったように、少子化と財政難と言う理由で2010年までに小中合わせて学校数が10校も削減されます。1/3減少に伴い教員数の削減も合わせて問題となると思います。本年度より教員も自己採点と第3者の評価委員による採点となりました。教員も少なからず保護者や地域の顔色を伺いながらの仕事となるため、子ども達に正しく教育が出来るのだろうかと、日々不安が残ります。共働きでしか生活できない状況や、また、学校問題なども有り、将来のある子どもに余りにも不安材料が多すぎると思います。ましてや財政難を理由にするのは問題外だと思います。このままで行けばさらに少子化が加速すると思います。情報の少ない田舎でもこのように住みぬくい現状となっているので、是非、頑張って生活しやすい波を田舎まで届けてください。大人も子どもも生活しやすい町であれば自然と子どもも増えると思います。応援しています。頑張って下さい。
2006/07/08(Sat) 17:48 | URL  | 岩崎晃 #-[ 編集]
 私達、「自治労いちごの里組合員」が石川さんと運命的な出会いを果たして、もう4年の年月が経過しました。地獄の様な状況か救い出してくれた石川さんは、私達にとって“白馬に乗った王子様”(ちょっと無理あるから訂正)“桃太郎侍”の様な存在なのです。
 恩人である石川さんの選挙戦に私達もなんとか恩返しを・・・・と気持ちは膨らんでいるものの実際は遠方のため知人も少なく、気持ちだけが空回りしている状態です。
 ブログからも本当に多忙の日々を過ごされている様子、お体に気を付けて頑張って下さい!

 PS:社民党支持の嘉田新知事が誕生のニュースを見て一番に浮かんだのは石川さんの嬉しそうな顔でした(笑)ただ敗者は“国松さん”なんですよね(苦笑)
2006/07/06(Thu) 11:19 | URL  | 自治労いちごの里 国松 #-[ 編集]
社民党支持の嘉田新知事が誕生したことは利害抜きで本当に住民が求めている姿ではないでしょうか?幸先いいですね。社民党県連合の一部OBと取り巻きの「大馬鹿者」たちはこれをどう受け止めているのかな?ともあれ、社民党支持者である私は、支持者有志とともに運動を拡大し、石川みのるの当選に向けて微力ながらがんばりたいと思う。
たまにはいいニュースがないとね。
2006/07/04(Tue) 14:43 | URL  | 大政幸司 #-[ 編集]
まさしく梅雨の晴れ間
 ホントにびっくりです。現職陣営の油断もあったんでしょうけど、この選挙ではもはや看板はあまり意味が無いものだったのでは。それだけ分かり易い争点で浮動票を掴みそれが投票率アップにみられるように、市民を動かしたのでしょう。国民も何かしら変化を求めているのでは、と思います。
 そういえばNHKの大河ドラマも滋賀県周辺で下克上の物語が展開されています。何が起こってもおかしくない、現世もそんな時代なのかもしれません。
 石川さんも体力測定でいい汗をかいたとのこと。”健康こそ功名の種”ということです。(うまくまとまりました)
2006/07/04(Tue) 09:50 | URL  | 津田博幸 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。