愛媛県議会議員の  庶民派・元気派・さわやか派  石川みのるが見て歩き、いろいろな思いを語ります。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新居浜公演案内チラシサイズ変更

7月10日に投開票のあった第24回参議院議員選挙が終わって、早いものでもう10日。

梅雨時特有の蒸し暑さと雨という悪コンデコンディションの中で戦った参議員議員選挙。

さて、冒頭の画像は茨城県の大洗高校のマーチングバンドが8月5日に新居浜市民体育館で講演を行う案内チラシ。

今回は愛媛には8月3日~5日まで滞在して、実に8会場で演奏会をするとのこと。

酷暑の中でのマーチング演奏は体にかなりの負担を掛けると思いますが、この8会場の中でエアコンがあるのが3会場。

ホントに酷だと思います。

詳報は後日に。

サイズ変更永江さんの挨拶

さて、今回の参議院議員選挙は投票率は全国が54.7%で前回を2.09%上回ったが、憲法問題が問われた極めて重要な選挙でありながら、戦後5番目に低い投票率であった。

これは安倍総理の巧妙で極めて姑息な争点隠しによるものと考えられる。

 全国的に改憲を阻止し、立憲主義を取り戻すために野党が協力をする必要があるというムードが徐々に醸成され、1月29日に県内の野党間で学者・弁護士らの呼びかけによる協議が始まり、4月5日にながえ孝子さんが出馬表明し、5月12日に様々な調整をした上で、野党統一候補として調印を行った。

20自治体のうち、
松山:5,880票、新居浜:4,093票、西条 :3,313票、
東温:  106票、八幡浜:  636票、西予:   177票、
鬼北:  332票、松前:    384票 などで、ながえ票が上回った。

一方、山本候補の地元である今治市の11,694票を始め、
四国中央:3,041票、上島町:1,538票、愛南:1,040票、
内子:   1,014票、 伊方:   901票、など12市町で山本候補にリードを許した。

メガホンとのど飴サイズ変更

ながえ候補が立候補表明をして約95日、統一候補となって、約60日、それぞれが運動を展開し、現職候補を猛追したが、結果は…
山本  326,990票  
ながえ 318,561票 で、誤差の範囲とも言われる約8,429票及ばなかった。

正に惜敗だった。

スポンサーサイト

【2016/07/19 08:37】 | 未分類
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。