愛媛県議会議員の  庶民派・元気派・さわやか派  石川みのるが見て歩き、いろいろな思いを語ります。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014.5.3 風雪の碑 サイズ変更

 世の中はゴールデンウイーク真っただ中。

 多い人では11連休だとか。

 新しく社会人になった人や親元を離れて進学した人などはこのゴールデンウイーク後にいわゆる「五月病」になる人が多いそうです。

 このゴールデンウイークの過ごし方にも寄るそうですから、該当する方はくれぐれもお気を付け下さい。

 小生はと言うと、気分的には楽な時期ではありますが、それでもこの時期ならではの行事に参加しないといけませんし、議会報告の配布もまだ完全には終わっていません。

 従って、些かの強迫観念にとらわれ、ゆっくりと朝寝をしようと布団に潜り込んでも、朝の4時、5時には目が覚めてしまいます。

 さて、5月3日は憲法記念日。

 そして、石川家の34回目の結婚記念日。

 社民党愛媛県連合では毎年この日に買う心的な運動をされ、道半ばにして、他界された方々を顕彰し、慰霊する「風雪の碑」の慰霊祭を行っています。

1986年に始まり、今年で回を重ねて28年。

 昨年の慰霊祭からは石水伴清顧問、田中恒利顧問など、我が党の偉大な先輩たちが相次いで他界されました。

 在りし日のお姿を偲びながら献花させて頂くとともに、参列者一同がご遺志を継ぐことを改めて決意しました。

2014.5.3 憲法集会 サイズ変更

 日の午後からは愛媛県民文化会館(ひめぎんホール)では愛媛憲法集会が開催され、約1,000人の方が参加しました。

 今年の講演のテーマは「憲法と国民の暮らし」として、講師は中央大学教授の植野妙実子さんが務められました。

 先生のやさしい口調で、尚且つアカデミックなか語り口は聞く人を頷きさせたと思います。

 それにしても安倍総理の発想は危険極まりなく、歴史に残る悪首相であることを再認識しました。

 特定秘密保護法の強行採決、武器輸出三原則の見直し、集団的自衛権の行使容認、そして憲法の改悪と留まるところを知りません。

 安倍総理と、石破幹事長のいわば「戦争オタク」によって、平和国家であるはずの我が国をとんでもない方向に導こうとしています。

 話は全く変わりますが、小生の愛車のプリウス君もとうとう27万キロを突破してしまいました。
スポンサーサイト

【2014/05/04 08:55】 | 未分類
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。