愛媛県議会議員の  庶民派・元気派・さわやか派  石川みのるが見て歩き、いろいろな思いを語ります。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 去る、3月9日、日曜日に鬼北町の旧広見町で、第48回愛媛県クラブ対抗駅伝競走大会があったことは既報の通りです。

その結果がインターネットで見ることができたので、続報を。

この大会は1部から4部まで、さらに女性チームを含めて、186チームが参加しました。

愛媛県議会チームは今回が初エントリーというわけで、小生たちはある意味、生贄のようなものです。

この大会の会長に県議会のK県議が就任したものですから、ついつい安請け合いをして、「県議会も出ますよ」なんて言ったものですから、あとの6人が大変です。

7人で構成する県議会チームも現在フルマラソンを走ったりの選手もおり、それなりのメンバーではありますが、「過去の話」という人が大半。

 このクラスは1区が5キロでスタートして、2区が3キロ、3区が5キロ、4区が3キロ、5区が5キロ、6区が3キロ、7区が5キロの合計29キロ。 

 第1走者のH県議は県議会でも最年少で宇和島東高校野球部出身の元甲子園球児。

 しかし、結果は力走も空しく、27:52で77チーム中77位。

 2区は、元高校球児でドラフトにもかかろうかという元は好選手。

 しかし、今は51歳となって、体重も91キロとのこと。

 言いだしっぺだけに気力で17:33のタイムを叩き出し、区間73位で二人を抜き、順位を75位に上げる力走。

 3区は愛媛の名門の愛光学園で柔道をし、筑波大学でも柔道をしたと言われるO県議。

 この方も目方は今や91キロ。

 体中に張り巡らせたテープも痛々しく、大きな体をゆっさゆっさと揺らしながら力走。

 膝の痛みとの闘いで完走することが目的だったけど、33:53で自己ベストを更新。

 しかし、区間76位とは6:12遅れの77位。

 ここで、ふたたび最下位の指定席に脱落。

 4区は 、地元のT県議。

 年齢では県議会議員の中では「若手」に入る議員で、今回無理やりエントリーさせられた最大の理由は、年齢と地元出身であるということ。

 しかし、この大会に向けてのトレーニング不足が災いし、区間75位の20:31。

 そして、5区はフルマラソンをしているという若いN県議。

 正直もう少し好いタイムで中継点に帰ってくるかと思われたが、区間74位の26:45。

 この時点で76位の済美平成教育クラブに遅れること12:22で、最下位の77位をひた走る。

 ついに6区は小生。

 元高校球児とは言っても40年も前の話で、体重も当時からは10キロはアップし、県議会チームでの最年長ランナーに。

 この大会にあわせて多少の練習はしたとは言っても付け焼刃。

 それでも上り坂と迎え風と戦いながらの必死の力走。

 途中リタイヤしたいとの思いと幾度もの闘いを経ての力走の結果、区間62位の15:26。

 我がチーム初の60位台で走り、あとに15人を引き連れ、76位と1:30ほど詰めるも最下位の77位を脱するには不可能なタイム差。

 7区はこれまたフルマラソンをやっているF県議。

 彼は予想を裏切らない力走を見せ、区間30位の21:29で余裕のゴールイン。

 彼の予想に違わない力走で、77位から脱して堂々76位に「大躍進」。

 特に、最下位となった済美平成教育クラブの最終ランナーが41:35での区間77位という気の毒なタイムにも助けられた感も否めません。
 

 かくして、それぞれが死力を尽くし、鬼北路を駆けた初エントリーの愛媛県議会チームは、77チーム中堂々の76位でデビュー戦を飾りました。

 もっとも、これが最初で最後のエントリーとなるか否かは神のみぞ知る。
スポンサーサイト

【2014/03/14 15:05】 | 未分類
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。