愛媛県議会議員の  庶民派・元気派・さわやか派  石川みのるが見て歩き、いろいろな思いを語ります。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

971678_421224737975201_6821069_n.jpg
 
 時間が経つのはホントに早い。

 前回、ブログを更新して、はや1週間が過ぎてしまいました。

 毎日、相変わらずバタバタとすごしていますね。

アケボノつつじをバックに

 それでも、昨日は歴史的な1日となり、中村時広愛媛県知事ら25人で標高1626メートルの西赤石山を目ざして登山をしました。

銅山越えからの眺望


 朝、5時半に起床し、我が家を6時15分に出発。

 そして、みなさんと合流して、7時30分頃に日浦の登山口をスタート。

 最初は口数も多かったのですが、段々と体にダメージが…。

ダイヤモンド水で一服

 人に依れば、ハイキングコースなんて言いますが、中々どうして。

 800メートルの日浦から1600メートルの日赤石山の頂上は1626メートルで、この標高差は結構きつかったですね。

 この登山には元新居浜市職員の坪井さんが同行し、別子銅山の歴史を紐解きながら体力と知力を駆使しての登山となりました。

歓喜坑

 小生も体力に自信はあったのですが、こと登山となると普段のランニングや野球とは違う筋肉を使います。

 登りの足の裏の筋肉がだるくなって、だるくなって…。

 誰か後ろから押して欲しいとの思いに駆られました。

 それにしてもこの別子山には今では信じられませんが、1691年銅の採掘を始め、往時には1万2000人もの人が住んでいたとのことであります。

山伏姿の坪井さんと中村知事

 今と違って、レッカーもユンボも無い時代にこの奥地に多くの人が住めるようにしていました。

 人の力強さを痛感した次第です。

 別子の悠久の歴史を堪能した登山でありました。

 それにしても中村知事は健脚でありましたし、皆さんもお元気で、根性のある方々ばかりです。

醸造所跡の煙突

 本日の写真は順不同になりましたが、その登山の様子をアップします。
スポンサーサイト

【2013/05/14 09:01】 | 未分類
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。