愛媛県議会議員の  庶民派・元気派・さわやか派  石川みのるが見て歩き、いろいろな思いを語ります。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 2013.2.1 日赤手術室

 今日は節分。

 寒かった1月と違って、2月に入ると暖かくなってきました。

 もっとも、この暖かさが何時まで続くかわかりませんけどね。

 そして、今日は今治市の市議会議員選挙の投票日でもあります。

 前回は市長選も熱気を帯びていてこともあり、それに誘発されて市議会議員選挙も関心が高く72%程の投票率だったように記憶していますが、今回はその熱も無く、投票率は60%の中頃か?なんて勝手に予想しています。

 それはそれとして、我が党の若い、候補者も頑張っていますが、情勢は決して楽観を許さないと思っています。

 さて、その結果や如何に。
 
 勝利の美酒が飲めますように。

2013.2.3 浜崎ブログ用

 さて、我が家のことですが、次男坊は31日に松山赤十字病院に入院し、一昨年の8月に靱帯の手術をした際に入れた金具を取る、いわゆる抜釘の手術。

 この手術は今や手術の内に入らないそうですが、本人、家族にすれば穏やかざる思いになってしまいます。

 ま、無事済んで4日の月曜日には退院の運びとなり、ホッとしています。

 あとは卒論を無事仕上げて、卒業、就職となって欲しいものです。

 そうこうしていると2日の夕方に東京に居る長男からメール。

 「退院しました。心配かけました。」と。

 長男も「目の上にしこりがあるので全身麻酔で除去する」なんて以前に言っていましたが、手術を何時するのかは聞かされて無く、結果的に長男も次男もほぼ同時期に入院、手術をしていたとのことのようです。

 大したことのない次男には近いから小生夫婦も見舞いに行けましたが、遠い東京にいる長男の所には本人の希望もあって、見舞いにも付き添いにも行ってやれず、不憫な思いを。

2013.2.1 東高タオル

 本日の愛媛新聞の7面に「キーパーソン」の欄に我が家の近くに昨年11月にオープンした介護付き有料老人ホーム「さわやか新居浜館」の浜崎純・施設長の記事が大きく取り上げられていました。

 彼は北九州に居を構え、新居浜には縁もゆかりもありませんでしたが、昨年の8月から新居浜に赴任し、開設準備、開設、そして運営と約半年間新居浜に居ます。

 新居浜に縁もゆかりも無く、当初は右も左もわからず、まさに暗中模索、五里霧中の不安の日々を過ごし
たであろうことは想像に難くありません。

 そんな時、相談に乗ったりもしながら半年。

 これからも順調に運営がなされ、地域のニーズに応え、地域に必要とされる施設になって欲しいと願って止みません。
スポンサーサイト

【2013/02/03 12:31】 | 未分類
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。