愛媛県議会議員の  庶民派・元気派・さわやか派  石川みのるが見て歩き、いろいろな思いを語ります。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012.10.14 御花無御礼の懸垂幕
 
今日は10月15日で新居浜祭りに一番近い日。

 そして当然にも10月19日は新居浜祭りの一番遠い日。

 今宵一晩寝ると新居浜市内は祭りの坩堝と化します。

 早い太鼓台は午前2時運行を開始し、角野の内宮神社を目指します。

 現在行われているこの内宮神社へかき上げも昭和58年ころ中筋太鼓台の新調を期に再開したとのこと。

 長いようで意外と今年で約30回ということになります。

 最初の内はお客さんもまばらだったそうですが、今では新居浜祭りの幕開けを報じるニュースの代名詞のようになり、マスコミ各社も競って報じ、これが功を奏して、今では早朝から多くの観客で埋め尽くされるまでになりました。

 当該のある太鼓台は自治会員以外の参加者は法被代のリースや、保険代などを含めて3,500円だそうですが、このかきあげに参加するためだけに3,500円を払って参加している方もおられるようです。

 これらの事を考えただけでも「祭り好き」は尋常ではありませんね。

2012.10.11 別労大会

 祭りを控えても小生らは様々な業務を勤めなければなりません。

 写真にあるように歴史と伝統のある、別子労働組合の定期大会にも参加させて頂きました。

 そのような用務の間を縫って、祭りに関する会議や寄り合いにも参加させて頂き、いよいよ明日の開幕を厳かでなおかつハイテンションで迎えます。

また、12日に閉会した9月定例県議会ではオスプレイに対する意見書も採択されました。
スポンサーサイト

【2012/10/15 08:48】 | 未分類
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。