愛媛県議会議員の  庶民派・元気派・さわやか派  石川みのるが見て歩き、いろいろな思いを語ります。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

№30表紙サイズ変更

今年も今日を含めてあと5日になりました。

それだけに何時もに増して慌ただしさを感じます。

来年の4月3日に告示、4月12日に投票の県議会選挙は、告示まで98日、投票まで107日となりました。

サイズ変更jpeg

今朝の新聞を見ると、現職の4人に加えて39歳の新人が立候補するとのことです。

まだ、共産党の候補者の動きが定かではありませんが、少なくとも選挙になることだけは確かです。

小生は毎議会ごとに議会報告を発行し、配布し、常在戦場の思いでこの4年間を過ごしてきましたが、選挙結果とその思いは別であるのがこの世界の非情なところ。

この8年間で時の経過とともに多くの支持者が他界し、そして齢を重ねています。

そして、この8年間に若い支持者をどれだけ拡大したのか?

日常活動の評価とそれらが問われます。

いずれにせよ、厳しい選挙が予想されます。

これからの年末年始の過ごし方が選挙の帰趨を決すると言っても過言ではないでしょう。

団結

県議会報告の№30号は既に配布中です。

この30号は小生の2期、8年間の足跡を辿ったものとなっており、この8年間の質問の軌跡を記したり、その折、折の写真なども配してみました。

少し欲張って、12ページにもなってしまいました。

見てみたいと思う方は小生まで連絡して頂けると嬉しいですね。

また、31号は新年用で、昨日刷り上がり、配布の準備を進めています。

慌ただしい毎日ではありますが、兎に角、少しづつでも前へ、前へです。

スポンサーサイト

【2014/12/27 08:49】 | 未分類
トラックバック(0) |


-
石川さんは市民生活に根ざした市民の為に日々奔走されています。このブログを拝見しても、お目にかかってお話をお伺いしてもよくわかります。このような方が議員で居られるから私たちは安心して生活できます。

コメントを閉じる▲
県議会ビラ

数日来の寒波から少し寒さが緩んだ感じの今日でした。

朝からは久しぶりに太陽を見た感じさえあり、午前中は晴天でした。

しかし、放射冷却の関係で、外は3℃。

風こそなかったけれど、指先はとても冷たく感じました。

何故そう感じるか?

今朝は東田自治会館北側の交差点に7時からマイクを持って立ったからです。

7時から8時半まで、1時間半、喋っていました。

何とか途中トイレにも行かず、持ち堪えました。

そんな中で道行く多くの方から声援を受けました。

じっとし喋っているだけでは疲れますが、皆さんの声援が何よりのビタミン剤です。

声援を頂いた皆さんに心から感謝申し上げます。

さて、21日、日曜日の午後2時~、東田自治会館で小生の地元後援会の総会と県政報告会を行います。

本来なら、もっと早く行う予定だったのですが、衆議院議員選挙の関係から法的に制限を受けるために行えませんでした。

この後援会総会、県政報告会を乗り切って、来春4月の県議選に向けていよいよ本格的な運動が始まります。

今回の講演会総会、県政報告会には石川勝行市長、清田循環器内科の清田先生、そして桑森ひとみ弁護士も来賓として参加してくれます。

また、会が終了後、桑森ひとみ弁護士による法律相談も行われます。

是非、多くの皆さんが、隣り近所お誘い合わせの上、参加していただければと思います。

【2014/12/19 18:33】 | 未分類
トラックバック(0) |
10801585_691301294300876_5290900428935132149_n.jpg

四国の山にも雪が降り積み、冬の訪れを感じます。

また、今日、明日と寒波がやってきて、冷え込み、更に大雪の心配もあるとか。

しかし、慌ただしかった今総選挙。

小生にすれば12月県議会での質問もあり、本当に慌ただしかった思いは否めません。

質問では国体に対応する組織再編について意外なほど、知事から前向きな答弁を頂きました。

また、新居浜の道路についても意外にすんなりと思いが叶う感じでした。

10432483_694692127295126_8593389528738622695_n.jpg

一方、原発や特に肝炎肝がん問題については些か誠意を欠いた答弁のような気がします。

答弁の中身も去ることながら、ボリュームについても小生がこの議会で最もボリュームを割いた肝炎、肝がん問題に対する答弁は残念でした。

一般的には質問のボリュームの半分程度のようですが、この問題に対する答弁は4分の1。

余りにも少なすぎて、情けない感じさえ受けました。

肝炎や肝がんの患者さんも傍聴にきている中で質、量ともに残念です。

さ、明日は第47回衆議院議員選挙の投票日。

各種世論調査では小生の思いとは真逆で、与党の圧勝の様です。

小選挙区制という制度の関係もあるでしょうし、師走の慌ただしいこの時期での選挙、さらに政治不信が蔓延している中での選挙ということからこのような結果に至るのでしょうか。

とは言っても、選挙期間も残すところあとわずか。

寒い中ではありますが、小生は午後から社民党の比例の宣伝カーに乗って、支持を訴えます。


【2014/12/13 11:01】 | 未分類
トラックバック(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。