愛媛県議会議員の  庶民派・元気派・さわやか派  石川みのるが見て歩き、いろいろな思いを語ります。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 2012.10.16 親子三代

 10月27日、土曜日の午前はマスターズ甲子園の愛媛県予選の新居浜商業対西条農業の試合が新居浜市営野球場でありました。

 この試合に小生はボールボーイ、否ボールおじさんとして参加しました。

 午後からの県政報告会を控えての用務故に些か落ち着きを失っていました。

 ま、それはそれとして新居浜商業対西条農業の試合をじっくりと見させて頂きました。

 新居浜商業は昨年からエントリー、西条農業は今年からエントリーした比較的経験の浅いチーム同士の対戦となりました。

2012.10.27 県議会報告

 結果初戦はシーソーゲームで13-12の新居浜商業の勝利。
 
 二試合目は…、敢えて点数は記しませんが新居浜商業が連勝しました。

2012.10.27 石川かつゆき


 そして、午後からは気持ちをガラッと変えての県政報告会。
 
 この県政報告会には石川かつゆき前新居浜市長、つまり新居浜市長立候補予定者にも来賓として参加頂き、花を添えて頂きました。
 
 それにしても開会を待つ時の気持ちって何時も同じですね。

 準備は万端か、どれくらいの人が来てくれるのか、時間は大丈夫か…。

 色々と思いを馳せると胃が痛くなってきます。

 この27日は祭り、市長選、文化祭等の合間を縫っての非常に慌ただしい時期での設定となりました。

2012.10.27 県議会報告2

 お陰で予想以上の方々に参加を頂き、急遽、椅子も資料もお茶も追加しなければならない程の盛況となりました。

 また、参加者の皆さんから「良かった」「よくわかった」「参加して良かった」などと言われると正直嬉し いものです。

 この開催に当たって尽力頂いた皆さんにこの場を借りて厚くお礼を申し上げます。

 さて、本日の写真は県政報告会のものとFBで非常に好評だった「親子三代」の写真をアップしました。

 来年もこのような写真が撮れることを祈念します。
 
スポンサーサイト

【2012/10/29 08:41】 | 未分類
トラックバック(0) |
県政報告会カンバン
 
 23日から昨日まで、東京、千葉、神奈川へと県議会の経済企業委員会での視察。

 そして、明日は小生の県政報告会。

 また、本日は午後から松山へ行かねばならず、夜は夜で用事があり、ゆっくりと腰を落ち着けて県政報告会の取り組みが出来ないことが心残りです。

 この視察はそれぞれの項目や課題の研修、勉強になるのは言うに及ばず、数日間に他の議員と寝食を共にして、その人となりを理解するのも貴重な空間となります。

2012.10.24 スカイツリー

 今回参加された議員各位、また議会事務局の職員の方々とはまさにチームワーク宜しく、熱心にそして楽しく2泊3日の視察を終えることができたことを心から感謝します。

 せとうち旬彩館、今治タオル南青山店などを訪れる。

 特に今治タオル南青山店は月の売り上げが1,000万円を越すのですからびっくりです。

 今、このアンテナショップのお陰で、関東一円からお客さんが来店し、今治タオルが見直され、多くの顧客を獲得しているそうです。

 次は、都立駒込病院。

 残念ながら写真はありませんが、この病院はガン、感染症の近代的で高度医療を受けることができる最後の砦とも言うべき機能を持った病院。

2012.10.24 経産省

 一台の定価が80億円もする放射線のガン治療を行う機械を始め4台の高度の治療を行う機器が揃っている日本の最高峰に位置する病院です。

 院長を始め婦長以下のスタッフの皆さんも本当に丁寧に説明をしてくれ、垢ぬけした雰囲気が漂う病院でした。

 それでも地方は地方の病院の悩みがあり、都市部には都市部の病院の悩みがあることなどを知ることができました。

 2012.10.24 うみほたる

 翌日には経済産業省、海ほたる、東京電力袖ヶ浦LPG発電所、かわさきエコ暮らし未来館、川崎市上下水道局鷺沼発電所などを視察しましたが、本当に中身の濃い有意義な視察となりました。

2012.10.24 うみほたるから

 これから順次報告したいと思います。

【2012/10/26 09:17】 | 未分類
トラックバック(0) |


h.manabe
ご活躍をユーチューブで拝見しました。
石川さん、お身体ご自愛ください。
http://www.youtube.com/watch?v=pPNHL_9UZW0

コメントを閉じる▲
DSC_0161 幕の乾燥



 祭りが済むと日常に回帰していきますが、それも徐々にということになります。

 何故なら、その片付け、後始末がまだここ1週間ほど続くからです。

 特に今年は中日の17日には大雨に見舞われ、多くの湿気を含んだため、最終的に幕や房の収納は28日頃になる模様です。

 祭りが終わって、まだ興奮覚めあらぬ、というよりもまだ疲れが癒されてない20日の土曜日には5時前に起床して、倉敷へ全日本シニア軟式野球大会へ。

 この大会も年々規模が拡大し、レベルも格段にアップしているようです。

 沖縄から北海道までの全48チームが参加し、この運営も去ることながらこの経済効果の大きさは推して知るべし。

 これは競技場が比較的近くに存在し、交通の便、宿泊等の受け入れが出来ることと何よりも受け入れ自治体の強いメッセージと意気込みが無いと出来ません。

 それらを兼ね備えた場所が倉敷なのでしょう。

DSC_0159 マスカット

 50歳を過ぎても益々健康で野球をこよなく愛する約800人の「若人」が集った熱戦は今日も倉敷の地で繰り広げられている筈です。
 
倉敷から帰ると地元では前述の片付け。

 太鼓台の刺繍は湿気が天敵です。

 直射日光を避けつつ、自治会会館の中で、扇風機を回しつつ1週間乾燥させ、更に水取り象さんと樟脳をふんだんに配した太鼓倉で保存します。

 この日は6カ所の幟の片付け、2か所の横断幕の片付け、太鼓台の片付けに多くの老若が参加していたようですが、小生は遅刻してこの作業には殆ど関わることが出来なかったことを申し訳なく思います。

 また、下の写真はこの祭りを食料の関係で支えて頂いた女性たちの写真です。

 このような多くの方たちの支えでこの祭りも成り立っていることを決して忘れてはいけません。

DSC_0157 賄い

 さて、今日は連合愛媛の関係で、県庁へ行き、明日からは経済企業委員会の視察で東京、千葉、神奈川へ行くため新居浜を空けなければなりません。

 来る27日の土曜日、午後2時からレイグラッチェふじでの県政報告会への取り組みが十分できないことが大変に気がかりです。

【2012/10/22 09:00】 | 未分類
トラックバック(0) |
 朝から晩まで太鼓と笛の音が鳴り響いていた新居浜祭りも、一夜明けての10月19日はこれまでとは打って変わって喧騒から解き放たれ、静寂と「日常」が戻った感があり、一方では寂しさも感じてしまいます。

 それでも3日間聞き続けてきた太鼓と笛の音が何処からか聞こえてくるような錯覚に陥っています。
しかし、現実は昨日までの喧騒が嘘のように今日からは仕事に学業にと日常に回帰しています。

2012.10.17 雨の東田太鼓台

 長い月日を掛けての準備、幾多の会議を重ねて365日の内のたった3日間に掛けるエネルギーとパワーは底知れぬものが存在するのは衆目の一致するところ。

 この1年間に蓄積してきたそのエネルギーとパワーの発散の仕方によって「いい祭り」であったりそうでない祭りであったりもし、その尺度は個々人によって異なります。

 そして「祭り」だからと多めに見る向きもありますが、しかし最終的には法律が優先し、時には逮捕者を出したりもします。

 喧嘩、鉢合わせをした太鼓台は今年、4台ありました。

 その時は勢いで止めようのないものかも知れませんが、それぞれの役員の皆さんは「お客さん」とは違い「後始末」にこれまた大変なエネルギーを費やさなくてはなりません。

 そんな中で17日の山根グランドの統一寄せは無情な大粒の雨にしてやられました。

 それでも大雨の中での多くのかき夫のパワーは圧倒的でした。

 小生も山根グランドでのこれほどの大きな雨は経験がありません。

 この大雨の中、長谷川副知事やインバウンド事業で来られた海外の方々には折角の機会がこのような大雨になったことが気の毒でなりませんし、申し訳ない気持ちにさえなってきます。

 次回は快晴での山根グランドでの絢爛豪華、勇壮華麗な統一寄せを是非観覧して貰いたいと願って止みません。

 来年は今年よりももっともっといい祭りであることを祈念しながら今から362日待ちます。

【2012/10/19 11:03】 | 未分類
トラックバック(0) |
2012.10.14 御花無御礼の懸垂幕
 
今日は10月15日で新居浜祭りに一番近い日。

 そして当然にも10月19日は新居浜祭りの一番遠い日。

 今宵一晩寝ると新居浜市内は祭りの坩堝と化します。

 早い太鼓台は午前2時運行を開始し、角野の内宮神社を目指します。

 現在行われているこの内宮神社へかき上げも昭和58年ころ中筋太鼓台の新調を期に再開したとのこと。

 長いようで意外と今年で約30回ということになります。

 最初の内はお客さんもまばらだったそうですが、今では新居浜祭りの幕開けを報じるニュースの代名詞のようになり、マスコミ各社も競って報じ、これが功を奏して、今では早朝から多くの観客で埋め尽くされるまでになりました。

 当該のある太鼓台は自治会員以外の参加者は法被代のリースや、保険代などを含めて3,500円だそうですが、このかきあげに参加するためだけに3,500円を払って参加している方もおられるようです。

 これらの事を考えただけでも「祭り好き」は尋常ではありませんね。

2012.10.11 別労大会

 祭りを控えても小生らは様々な業務を勤めなければなりません。

 写真にあるように歴史と伝統のある、別子労働組合の定期大会にも参加させて頂きました。

 そのような用務の間を縫って、祭りに関する会議や寄り合いにも参加させて頂き、いよいよ明日の開幕を厳かでなおかつハイテンションで迎えます。

また、12日に閉会した9月定例県議会ではオスプレイに対する意見書も採択されました。

【2012/10/15 08:48】 | 未分類
トラックバック(0) |
2012.10.7 太鼓の組み立て1
 彼岸花の時期が過ぎ、金木犀の香りが漂う季節となりました。

 この仄かな香りと共にやってくるのが新居浜太鼓祭り。

 市内のそれぞれの太鼓台は本番に向け、様々な打ち合わせ、作業、練習に余念がないのがこの季節です。

 小生は祭りのみならず、マスターズや本業の議員活動をしなければなりません。

 今朝はマスターズ関係の文書のマスプリントとその紙折り。

 自宅に帰っては稲刈り。
 
 昼からは祭り関係で、国交省の国際観光課で取り組むインバウンドフェエアーに関する打ち合わせを新居浜市の部長、JTBとで打ち合わせ。

 そして、議会報告の配布とあるドクターとの意見交換、マスコミとの電話。

 夜は東田の太鼓倉に行って、練習の「監督」。



 さて、愛媛県議会の9月定例会も12日で閉会となりました。

 通常の補正予算もさることながら、我が社民党会派はあの危険な飛行物体であるオスプレイに対して何らかのメッセ―ジを県議会で発することができないかと腐心し、最大会派の自民党との公式、非公式の折衝を経て、ようやく意見書の採択にまでこぎつけることが出来ました。

 自民党も賛成できる内容ですから、本来の我々の主張とは幾らかの相違がありますが、とにかく「意見書」をとの思いが結実したことを嬉しく思います。

 明日の議会運営委員会ではその中身が明らかになり、提案者も明らかになると思います。

2012.10.7 太鼓の組み立て2

 ところで、今年の新居浜祭りは昨年の喧嘩のペナルティーもあって、出場する太鼓台は51台あるうちの45台となりましたが、基本的に16日、17日、18日の統一開催となりました。

 特に17日の山根グランドには長谷川愛媛県副知事も来られることになりましたし、国のインバウンド事業の一環でシンガポール、韓国、中国、香港からメディアも来ることになりました。
 
 今、領土問題で幾らかぎくしゃくしている中で、民間レベルの交流は継続していいかないといけないと思います。

 従って、通常の観光のみならず、日本と言うよりも新居浜の人たちが祭りを媒介にして交流が深まるような仕掛けをしないといけません。

2012.10.7 太鼓の組み立て3


 今回は長谷川副知事もそして外国からのお客さんも新居浜の方たちと普段通りの昼食を取るところからの交流を行いたいと思います。

 それぞれにとって、様々な点からいい祭りとなることを願います。

【2012/10/10 20:32】 | 未分類
トラックバック(0) |
2012.10.4 今治造船労組大会1ブログ用

 久しぶりの更新となってしまいました。

 秋の訪れと共に様々な行事に追いまくられている感じです。

 普段でも多忙な中ではありますが、さらにどうしてもこの時期になると祭りの用事が加わり、忙しさに拍車がかかります。

 様々な祭りに関する会議、「お花」集め。などなど。

 さらにマスターズ甲子園に関する用事。

 例えば文書発送の準備や寄付金の依頼、さらに予選と様々です。

 10月27日に行われる小生の県政報告会、そして、11月4日に告示となる新居浜市長選挙の取り組みなどなど。

 その中で昨日は2013マスターズ甲子園の愛媛予選の予選リーグが新居浜市営野球場で行われました。

 新居浜東高校は初戦の東予高校に20対0で勝ち、2試合目は今治東に13対1で勝ち、幸先の良いスタートを切りました。

 これで3期連続決勝トーナメントに挑むことになりました。

 小生も2イニングマスクをかぶったのですが、やはり硬球は面白いですね。

 それにしても新居浜東の力は抜群です。

 現役時代以上の力をこのマスターズで発揮しています。

2012.10.4 今治造船労組大会3ブログ用

 さて、10月3日に今治造船労組の大会に参加させて頂きました。

 全組合員が参加し、壮観な感じさえ受けました。

 大会の冒頭には組合の綱領を全員で読み上げるのには厳かさを感じました。

 1.我らは団結しお互いが助け合おう。

 1.我らは我々の労働条件、経済条件の改善をしよう。

 1.我らは社会人として責任を重んじよう。

 1.我らは不当な弾圧を加えるものと闘おう。

 先輩たちが育んできた歴史を感じさせます。

【2012/10/07 08:08】 | 未分類
トラックバック(0) |
 早いものでもう10月の声を聞くようになりました。

 暑さ寒さも彼岸までとはよく言われますが、暑い、暑いと言っていたのと打って変わって、秋の訪れを感じます。

 過日の台風17号は太平洋沖を通過したこともあって、県内には大きな被害も出なくて安堵しています。

 ただ、その台風による大雨、強風を考慮したり、交通機関への影響などもあって、様々な行事が中止になったり、延期になったりしてしまい、スケジュールには少なからず影響が出ました。

 私たちも9月30日には八幡浜で「伊方原発停止・廃炉、愛媛大分共闘会議」で、薦田弁護士を講師にした
 
 集会を予定していたのですが、ご案内のような状況で中止の判断をせざるを得ませんでした。
残念です。

 やはり、土曜、日曜の台風の襲来は様々な行事に少なくない影響を及ぼします。



 さて、愛媛県議会も5人の代表質問、12人の一般質問を終え、10月2日には条例審査特別委員会。

 3日からは各常任委員会が開催され、25日に及ぶ9月定例議会が閉幕します。
 
 一方、小生は新居浜市長選挙、新居浜祭り、マスターズ、さらに議会報告の配布と息つく暇もありません。

 21日に退職した石川勝行前副市長が11月4日告示、11日投票の新居浜市長選挙への準備を加速させています。

 石川勝行さんは小生と同じ「石川」で、よく皆さんから「親戚ですか?」と聞かれますが、残念ながら小生とは姻戚関係にはありません。

 とは言え、同じ東田自治会であるが故に地元での取り組みも一通りは開いておかなければなりません。

 その一環として、台風一過の9月30日の夜には地元・東田自治会の臨時総会を開催し、約120人が参加して満場一致で推薦を決定しました。

 また、10月1日には地元世話人会を開催して、今後の取り組みを協議もしました。

 そして、本番に備えます。

 祭り、市長選と結構多忙な東田自治会です。

【2012/10/02 18:00】 | 未分類
トラックバック(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。