愛媛県議会議員の  庶民派・元気派・さわやか派  石川みのるが見て歩き、いろいろな思いを語ります。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 
09.9.27 泉川小学校運動会。5年生の「ソーラン節」の入場です。


 27日の日曜日、小生の母校である泉川小学校の運動会を見させていただきました。

 1年生から6年生までですから体型も随分と幅があります。

 みんな一生懸命に演技をしていました。

 小生の子供たちもこんな時があったし、もちろん小生にもありました。

 毎日多忙だった母親に弁当を作ってもらって、昼休みに家族で頬張っていたことを昨日のことのように思い出しました。

 そんな母ももう88歳になりました。

 とにかく今日は、泉川小学校の5年生の「ソーラン節」の動画をお届けしますから、ぜひ、見てあげて下さい。

 泉川小学校の5年生の「ソーラン節」は今や泉川小学校のメインベントになった感さえあります。

 それぞれが市内の太鼓台の法被を着て、誇らしく、そして自律的に楽しく踊っています。

 小生なんかはついつい鳥肌が立ち、目頭が熱くなってしまいまいた。


09.9.27 泉川小学校運動会。5年生の「ソーラン節」の演技です。
 

 この日は小生の長男は就職のために初めて新幹線で東京へ行きました。

 10月1日採用ということで、アルバイトをしたりして我が家で半年間待機してました。

 経ってみればホントに短く感じた半年でした。

 そして、東京での宿舎は4畳半一間、共同トイレ、共同キッチン、共同風呂、築後50年、家賃が2,075円…。

 未知の東京での独り暮らし。決して要領のいい方ではない息子がきちんと生活と仕事ができるのだろうかと不安が過ります。

 二男は松山の大学、長男は東京。我が家もとうとう妻と二人だけになってしまいました。

 息子も不安でしょうが、小生もやはり一抹の寂しさは隠せません。

 
スポンサーサイト

【2009/09/28 20:47】 | 未分類
トラックバック(0) |

管理人のみ閲覧できます
-


コメントを閉じる▲
携帯め!

 5日もあったいわゆるシルバーウイーク。

 なんだかんだと忙しくもあり、有意義だった5日間でした。

光と風

 24日からは県議会の一般質問が始まりましたが、5日も間が空くと何となく間延びをした感はいなめません。

 質問は政権交代をした感動や喜び、一方これに対する憤りや闘争心などが真っ向からぶつかり合うのかと思うと、これまた何となくお互いに遠慮をしているみたいです。

 ま、議員も日日顔を会わすもんですから、多少の躊躇もあるんでしょうね。

祭り虫

 今日は、新居浜図書館で行われた野外美術館のその3をお届します。

 作品の楽しさは言うに及びませんが、やはり空の青さと、芝の緑、そして清々しい風のコントラストは絶妙です。

 来年も楽しみです。

耕せ1


 久々に大中俊宏先生に登場していただきました。
 この記事もとうとうあと3回で終わってしまいます。



55
うつ病をカミングアウトした有名人

*倉嶋 厚(お天気キャスター)
*薫 ジュン(歌手)
*小川 宏(アナウンサー)
*藤臣 柊子(漫画家)
*高嶋 忠男(俳優)
*竹脇 無我(俳優)
*開高 健(作家)
*萩原 流行(俳優)
*宮沢 賢治(作家)
*北 杜夫(作家、精神科医)
*中島 らも(作家)
*夏目 漱石(諸説あり)
*ニクソン大統領
*チャーチル首相
*ゲーテ(作家)
*ヘミングウェイ(作家)
*リンカーン大統領
*ゴッホ(?諸説あり)

*カミングアウトしている人は少ないので、実際には相当数にのぼると思われる。



【2009/09/25 07:40】 | 未分類
トラックバック(0) |
09.9.19  角野泉川太鼓台運営委員会懇親会1

 この時期になると文化の秋に始まり、スポーツの秋、敬老会などの行事が目白押しです。

 そして、この地方になると秋祭りへの取り組みが本格化します。

 9月19日の土曜日には角野泉川太鼓台運営委員会の懇親会が行われました。

 この地区の太鼓台は8台。1台あたり10人プラス役員が参加するとなかなか壮観であります。

 今回は角野新田太鼓台の皆さんがお世話をしてくれました。

09.9.19  角野泉川太鼓台運営委員会懇親会2

 入口に並んで礼儀正しく、出迎え、見送りをしてくれます。こんな所でも一種の社会教育なんでしょう。

 小生の息子たちにもこんなところで社会勉強をさせたいと思います。

09.9.21 東田太鼓倉4

 さて、20日は新居浜50Sの皆さんと野球の試合で西条に。朝7時に集合し、ゲームは8時から。

 相手は小生たちの年齢から言えばダブルスコアー、もしくはトリプルスコアーの若いパナソニック。

 1対0で先行されはしたものの、小生の3打数2安打打点4などの活躍があり、一時は5対1でリードをしていたのですが、野球の流れとはひどいものです。

 殆どヒットがないにも関わらず、結局5対7で惜敗。

09.9.21 東田太鼓倉3

 普通なら他のチームはこれでこの日は終わりなんでしょうが、新居浜50Sはこれでは済みません。

 一度ファミレスで休憩をし、場所を新居浜の河川敷に移しての練習。

 ホント、皆さん元気です。いつもとほぼ同じ練習メニューをこなすんですから、小生なんかは付いていけません。

 この日は3時に練習が終わりましたが、休憩、移動を挟んで実に7時間の野球三昧であります。

 皆さん、ホントに野球が好きなんですね。

09.9.21 東田太鼓倉2

 21日は東田自治会の敬老会。小生は来賓で挨拶を。

 しかし、皆さんの心のこもったもてなしには何時もながら敬服いたします。

 また東田ライリストの皆さんの大正琴の演奏もありました。皆さん、毎週熱心にお稽古をされています。



 来年も元気で皆さんと再会できますことを祈念いたします。



 そして、今年で2回目の出場となる東田では祭りに向けた準備に多忙を極めています。

09.9.21 東田太鼓倉1

 通常でも大変なのに今年はきちんとした太鼓倉をみんなで完成させなければいけないし、出来上がったら出来上がったで、今まで民家などに分散していた飾り幕などを引越しさせなければいけないし、ホントに大変です。

 若い衆の皆さんの日夜に分たぬ献身的な尽力に心からお礼を申し上げたいと思います。

【2009/09/22 09:59】 | 未分類
トラックバック(0) |

管理人のみ閲覧できます
-


コメントを閉じる▲
09年9月議会 -県議会から1JPEG
愛媛新聞の切り抜きから


ささなみ

 18日には小生自身は昨年の2月議会に引き続いて、この9月議会でも会派を代表質問をさせていただきました。

 これで一般質問5回で、合計質問は7回目。また、修正案の提案が1度あったので、登壇は8回目となりました。

椅子とテーブル

 回数を重ねたとは言え、質問をする前の緊張感、そして実際に質問をするときの緊張は独特のものがあります。

 この日は 5時に起床し、原稿のチェックと読み込み。そして、県議会には10時半から始まる代表質問ではありますが、1時間以上も前に登庁。

 続いて原稿のチェック、傍聴者の出迎えなど、気忙しい時間を過ごします。

楽しいお墓

 この日の傍聴は新居浜からの7人、今治、松山、さらに愛南町からお越しいただき、小生の質問と理事者の答弁を傍聴していただきました。

 この日の傍聴者の半分は初めての傍聴。

 小生の質問に対する評価は別にしても、やはり理事者の答弁にはがっくり、落胆、期待はずれというのが一般的のようですし、小生も同じ思いです。

 答弁の原稿の長短は別にしても、まず、声が小さくて覇気がなく、聞き取りにくいのです。

 また、答弁の中身も当然にも原稿を読むだけで、当然にも表情も変わらず、抑揚もなく、無機質な印象を持たざるを得ません。

 答弁の内容が小生や傍聴者の意図するような、或いは予想する以外のものが返ってきた時には最悪の思いがします。

 大体、答弁の定番は、適切に、効率的に、関係機関と連携し、あらゆる機会を通じて、という言葉を使えば大体答弁が出来上がってしまいます。

 こちらは無い頭脳を使って、それなりに勉強し、胸が張り裂けんばかりに緊張し、なおかつ、口角泡を飛ばして、一生懸命質問をするわけですから、それに応えて欲しいと考えるの小生だけなんでしょうかね?

 ホント、もう少し何とかならないですかね。 

楽器

【2009/09/19 08:05】 | 未分類
トラックバック(0) |


tasaka
石川先生、代表質問お疲れ様でした。私も 前々から 議会の答弁は どうにかならんかなー って思ってました。 国会も同じですけどね! 

コメントを閉じる▲
PDFで見えます。

 9月16日は鳩山新政権が誕生をした歴史的な1日でした。

 多くの民意での政権交代。この果実を大事にしたいものです。

全景1

 小生の18日に行う代表質問もこの評価を知事に問います。

 どんな答弁が返ってきますやら?

全景2

 さて、小生は16日の朝、松山から帰り、地元の老人会のお誕生会に参加して、挨拶。

 この歴史的な新政権の誕生についても話しました。

 このあと、本日の画像にあるように、新居浜の図書館の庭で開催されている野外美術館2009「あそびのかたちin新居浜」展を鑑賞。

 空の青、芝の緑が映え、爽やかの風が頬を伝う好天での野外美術館。いいロケーションです。

 最近は多忙でくつろぐ暇など無かった中、ゆったりとした空間を堪能しました。

うん?

 それぞれの作品にはそれぞれのメッセージがあるはずです。それを掴もうとして必死ではありますが、小生の能力では限界がありまして・・・。

ウッド、缶IN net

 自宅に帰ると18日の代表質問のチェック。何度か読み込みをしますが、なかなかうまくいきません。

 段々と緊張感が高まり、それとともに焦りが・・・。やはり登壇するとなれば心穏やかにはいきません。

 当日は友近聡朗参議院議員の秘書のお二人も来られるとか。脈拍が300位打ちますかね。

JUMP

 夜は船木小学校でのナイターリーグのソフトボールのダブルヘッダー。

 この日は1勝1敗でしたが、小生はあのウインドミルのピッチャーで投げ込む速い球に対して、この日は6打数6安打。

 先日の試合を含むと3試合で9打数7安打。まーまーの成績です。ようやくようやく慣れてきたのか。

 

【2009/09/17 07:42】 | 未分類
トラックバック(0) |
09.9.6 新居浜東高校白虎

 今日9月14日は小生の54回目の誕生日。

 もう、この歳になると大きな感慨もなく、普段の延長で迎えたような誕生日。

 しかし、やはりよくよく考えると、とりあえず元気で誕生日を迎えることができたということに感謝をしなければバチがあたります。

 生きたい生きたいと思っても生きれない方も方もいるんですから。

 そんな訳で、「頑張れ!石川 稔」をタイトルに入れさせて頂きました。

 年に1度ですからご容赦下さい。



さて、新居浜東高校の応援合戦の画像をお届けする白虎が最後となりました。

 皆さん、本当に競技も応援も本当に一生懸命です。清々しく力の限りのその姿は感動なくして見ることはできません。

 皆さんありがとう!


関大ウエイトリフティング1

 そして、本日の画像は関西大学ウエイトリフティング部の合宿。
 
 関大ウエイトリフティング4
 
 実は小生の母校であります関西大学のウエイトリフティング部は昭和35年、つまり1960年から新居浜の重量挙げ練習場で合宿をしてきたそうです。

関大ウエイトリフティング5

 恥ずかしながら、この事実を知ったのはつい2日前。

 灯台もと暗し、とでもいうのでしょうか?お恥ずかしい話で・・・。

関大ウエイトリフティング6

 知った以上は何かのアクションをと思い、練習所に顔を出し、マスコミにも取材のお願いをしたりしました。

 大学や社会人のスポーツクラブが合宿をするとなれば、当地で競技をする人たちの競技力のアップにつながるでしょうし、経済効果も否めません。

関大ウエイトリフティング7

 新居浜で合宿をした関西大学のウエイトリフティング部の皆さんの健闘を心からご祈念申し上げます。

PDFで見えます。

【2009/09/14 19:53】 | 未分類
トラックバック(0) |


tasaka
石川先生、誕生日おめでとうございます!
また、関西大学合宿訪問ありがとうございました。 今日私も合宿見学に行きました。
愛媛新聞の取材も受けて、学生たちもモチベーション上がってたみたいですよ!


コメントを閉じる▲
09.9.6 新居浜東高校青龍

 昨日の午前はPCとにらめっこをして、質問原稿の作成。そして葬儀、午後は松山でがん対策推進議員連盟の会。

 それを終えると愛南町へ。自治労いちごの里労組の第7回定期大会、更に県民相談に。

 今朝は200キロの道のりを駆け、11時から光明寺自治会の敬老会。午後は関西大学のウェイトリフティング部が新居浜で合宿をしているので、顔を出し、夜は市長のご尊父様のお通夜。

 ざっとこんな感じですが、この間も様々…。

 これまで玄武、朱雀の応援合戦の模様を動画でお伝えしてきました。

 本日は青龍です。とくとご覧ください。

青龍


 11日の葬儀は小生の大学の後輩のお嬢さん、Yさんのご葬儀。17年というあまりにも短い人生でした。

 まるで新居浜東高校の運動会が終わるのを待ってたかのように、長く苦しい闘病生活を経、薬石の効無く、無念にも黄泉の地に旅立たれました。

 会場には多くの同級生をはじめとした参列者に溢れ、故人の人柄が偲ばれました。また、友人からの多くの寄せ書があり、涙なくして目を通すことはできませんでした。

 遺影は満面に笑顔をたたえ、青春の1ページにふさわしい写真でした。あの写真の笑顔はよもやこのような人生の終焉を迎えるなんて微塵も感じてなかったでしょう。

 きっと、もっと生きたい、もっと人生を楽しみたかったとYさんは思っていたに違いありません。

 故人のご冥福、ご遺族の皆様に心からのお悔やみを申し上げます。

 そして、新居浜東高校の生徒の皆さんは17年という短い人生を閉じたYさんの分まで精一杯生きてください。

 それがYさんの何よりの供養になるのではないでしょうか。                                          
                     
                                合掌

【2009/09/12 15:36】 | 未分類
トラックバック(0) |
09.9.6 新居浜東高校朱雀

 今日は少し涼しさを感じる1日になりました。しかし、暑さ寒さも彼岸までとか言われるので、彼岸までは暑いと思って覚悟をしないといけません。

小生はというと朝5時に起きて質問現行の作成に。やはり能力がないためか時間がかかってしようがありません。

 そんな中で、葬儀が2件、そして、昼にはライオンズの例会が。

 お二人にはご冥福をお祈り申し上げます。

 さて、この時期になると秋祭りの話題が俄然浮上してきます。

 曰く、今年新調する東浜の太鼓のお披露目はどこで?

 曰く、新調する江口太鼓台のお披露目は何時?

 
 ならば、この際にこのブログを見ておられる方にそっと教えましよう。

 東浜も江口も10月4日の日曜日。時間は東浜が10時から。江口は11時から。

 場所は、東浜が菊乃家の駐車場。江口がイオンの駐車場となっています。

 時間があれば皆さん、新品で金糸が眩しく輝く雄姿を見て、お餅でも拾って帰られたらいいと思います。

朱雀


 さて、さて今日は新居浜東高校の運動会での朱雀のアーチと応援合戦の1シーンをお届けします。

 とくとご覧あれ。

 しかし、それにしてもよく覚えられますねえ。

【2009/09/09 21:19】 | 未分類
トラックバック(0) |
09.9.6 新居浜東高校70周年イラスト
新居浜東高校70周年イラスト 

 総選挙も済んで1週間。月日の経つ速さを痛感します。

 6日は午前に葬儀に参列をし、お見送りを。

 それが済んで、小生の母校である新居浜東高校の運動会に顔を出しました。

 新居浜市内の高校の運動会での新居浜西高校の応援合戦は定評のあるところで、その応援合戦を見るためだけに運動会に足を運ぶ通もおられます。

 しかし、ここにきて新居浜東高校の応援合戦も昨年から俄然熱を帯びてきました。

 振りも西高校に近くなってきましたし、今年は桟敷を作り、各チームが人文字に挑戦をし、見る人を楽しませてくれました。

09.9.6 東高校玄武

 その応援合戦の様子を今日から連載で玄武、朱雀、青龍、白虎の順で順次お届けします。

玄武1



 生徒の皆さんは応援合戦にとどまらず競技もひたすら真面目にそして一生懸命に取り組んでいました。

 やはり、こんな姿勢を見てると心を打ちますよね。

玄武2



 それにしても先週は政権交代という歴史的な鮮やかな1ページ。そして高校の運動会となれば青春の鮮やかな1ページ。

 感動を与えてくれた1週間でした。
  

【2009/09/07 20:04】 | 未分類
トラックバック(0) |
 合唱コンクール1

 はやいもので、政権交代という歴史的1ページを刻んで、早1週間。

 選挙が済んで悲喜こもごも。

 小生たちは選挙を終えて感傷に浸るばかりにはいきません。

 残務整理、総括作業、さらに9月14日から始まる9月県議会に向けた質問原稿の作成・・・。

 そのような中で、新居浜西中学校のS君からは合唱コンクールで四国大会で優勝し、全国大会に出場をするといううれしいニュースが届けられました。

 実はこの報告をくれたのは小生とはメル友のS君。以下はメールを転載させていただきます。


 「高知市の高知市文化プラザかるぽーとで四国合唱コンクールがあり、僕たち西中学校合唱部・合唱隊の結果は金賞に輝き、全国大会出場の切符を手に入れました。

 全国大会は10月25日(日)に石川県金沢市の金沢歌劇場で行われます。

 NHK全国学校音楽コンクールでは7月26日にあった東予地区コンクールで金賞、愛媛県コンクールで銀賞、愛媛大学付属中学校と西条北中学校が金賞で四国大会の切符を取ることが出来ませんでした。

合唱コンクール2


 そんな2校は四国大会で愛媛大学付属は銀、西条北は奨励賞で全国大会には行きませんでした。こちらの立場としては「ヨシッ!」と思いました。

 四国大会を逃したのは本当に悔いが残りました。

 そして昨日、「愛大付属と西条北には絶対負けない!!」と思い、歌いました。すると愛媛大学付属、西条北どちらも銀で全国大会には行きませんでした。

そこで僕たちが金賞で全国大会出場を決めました。

 リベンジを果たせて本当に嬉しかったです。みんな号泣です。

 僕も泣きました。良い事で泣けたので良かったです。応援宜しくお願いします。 」

 とのことです。

 並々ならぬ努力が結実し、清々しい涙を流した新居浜西中学校合唱部・合唱隊の皆さんに心からの祝福の拍手を送りたいと思います。

合唱コンクール3

 さて、16日には民主党を中心とした新政権が誕生の運びとなっています。

 しかし、自治体などでは直近に国が組んだ15兆円の補正予算の執行、行方に不安が出てきているようです。

 そんな中で小生が6月議会で質問をした国直轄事業に関する質問に対する問い合わせがありましたので、少し長いのですが、ここでその質問と理事者の答弁を一括してアップしておきます。


  09.6月愛媛県議会質問と答弁
                            社会民主党・護憲連合 石川 稔



 次に2月県議会で我が会派の野口議員が質問を致しましたし、昨日も質問がありましたが、国の直轄事業について改めてお尋ねを致します。

 国の直轄事業は、法律により事業範囲を定め、国自らが直接行う事業であり、全国的な見地から必要とされる広域的事業等ではありますが、その実施にあたっては、道路法、河川法、港湾法、空港法などに基づき、国が地方に直轄事業の負担を求めています。
 
 しかし、地方が国庫補助負担金の交付を受ける場合には、国への事前説明や提出書類の作成といった膨大な事務手続きが求められるのに対し、国直轄事業負担金の請求の際には、事前協議は行われず、その内訳についても十分な明細が示されないままに、地方は、国から請求された額を支払うだけという、国従属で地方分権にももとる手続きとなっているのはご案内の通りであります。

 それ故、地方六団体はじめ地方の側は、予てから国直轄事業負担金の縮減・廃止や現行制度の早急な改善を進めることを要求し、また地方分権推進委員会や地方分権改革推進会議なども、その見直しを提起してきたところであります。

 本県関係での国交省関係は08年に約154億円、09年見通しでは約136億円となっています。

 この金額は本県の財政規模からすると決して小さな金額ではないと思うのであります。

 特に最近、国直轄事業負担金に、河川国道事務所等の庁舎改修費や職員の退職手当、一般旅費、さらに河川国道事務所等の上級機関である地方整備局の人件費まで含まれていることが明らかになるなど、国直轄事業負担金のあり方が大きく、地方分権の課題としてクローズアップされているのであります。

 例えば、国交省関係の人件費だけでも本県では08年度で約9億5,000万円、09年度は人件費とその他事務費を含むと約13億2,000万円となっているのであります。

 また、隣の香川県では、河川国道事務所の移転先の改修費、約20億円の内、約7億円が県負担となっていたことが明らかとなり、マスコミでも大きく取り上げられたのは記憶に新しいところであります。

 このようなことから、全国知事会でも、事前の説明がない中で、請求をされれば、事務的・機械的に国に支払わなければならないという構造に対しての批判が噴出し、この状態をして、ある知事は「まるでぼったくりバー」であるとの形容をしているのであります。

 しかし、この負担金の中身についての議論は古くからあり、全国知事会では、1958年には人件費負担の地方転嫁を取りやめるように要望をし、1976年には事務費率が地方の事業に比して著しく高いなどの問題があると指摘をしているのであります。

 これらを受け、国交省では1993年には赴任旅費を、1999年には休職者給与を、2001年からは失業者退職手当、恩給負担金などを地方負担から除外をしてきた歴史的経緯があります。

 このような中で、参議院総務委員会は3月27日、「地方分権改革を推進するための地方税財政基盤の確立に関する決議」において、「国の直轄事業については、国と地方の役割分担の明確化と国の役割の重点化の観点から、抜本的に見直すこと。

 また、直轄事業負担金については、役割分担の明確化等に応じ、廃止を含む見直しを行うこと」とし、また、地方分権改革推進委員会も4月24日、「国直轄事業負担金に関する意見」において、直轄事業の縮減、透明性の確保・充実及び維持管理費負担金の廃止など負担金の見直しを打ち出しているのであります。

 そこでお尋ねを致します。

 まず、国と地方の役割と財政負担のあり方という点で、社会資本整備に関する国と地方の役割分担を明確化した上で、国直轄事業負担金制度を廃止すべきと考えますが、国の事業への地方の負担という制度そのものに対する知事のご所見をお聞かせ下さい。

 2点目に、今日の負担金の中に本来入れるべきではない費目が全国的にも指摘をされているように、多く存在すると考えますが、それに対する考えをお示しください。

 3点目として、現在、知事会では負担金制度の見直しを行わなければ、09年度の負担金の支払いについては保留するとの考えを示されているようですが、県はどのように考えるのかお聞かせください。

 最後に、県の土木建設事業に対する負担率の上限を定める条例は1998年に一度廃止をし、わずか2年後に復活するという歴史があります。

 そして今日、例えば道路の県事業に対し街路整備事業が8%、地方道整備事業で7%を受益する市町が負担することとなっています。

 そこでお尋ねを致しますが、先日の知事の記者会見の折りに、知事も答えてはおられましたが、県下の市町との間では、その事業費の細部を説明するなどし、現在物議を醸している国直轄事業負担金のような問題は存在しないのか否かお答えください。

 昨年の6月議会の質問の中で、私は、不適切な道路特定財源の使用、杜撰な年金管理、「居酒屋タクシー」など国に対する恨み節を披露しました。

 今回はまた、道路関係においては道路特定財源や暫定税率で潤沢に財源があるはずなのに、地方にこれまた多くの不適切な負担を強いているのではないか、と国に対する不信感を払拭しきれない私の思いを披歴し、そして政治とは人の命を大切にすることが最大の責務であることを改めて肝に銘じ、6回目の質問を終えたいと思います。

ご静聴ありがとうございました。

【加戸知事】 

石川議員の質問に答弁いたします。

 国直轄事業負担金に関しまして、国事業への地方負担という制度について知事はどう考えているのかとのお尋ねでございました。

 ご指摘の国直轄事業負担金につきましては、従来から機会あるごとに述べておりますように、地方分権の趣旨からすれば国と地方との役割分担を明確にした上で、基本的には国の事業は国が全額負担するのが望ましい訳でございますが、本県といたしましては、当面、高速道路の南予延伸をはじめとしまして重要事業の進捗がペースダウンすることがないよう現時点では応分の負担はやむを得ないと考えております。

 このため差し当たり維持管理費の地方負担廃止や退職手当の除外など負担金対象範囲の基準づくりとともに事業内容の事前協議など手続きの改革を早期に進めることが必要と考えております。

 ついては、現在、プロジェクトチームを中心に全国知事会でこれらの実現に向けて国と協議するなど鋭意取り組んでおりますことから、知事会と連携しながら引き続き関係機関に働きかけて参りたいと考えております。

 その他の問題につきましては、関係理事者の方から答弁させることといたします。

【井上土木部長】 

 石川議員にお答えをいたします。

 直轄事業負担金について、3点お答えをいたします。

 まず、直轄事業負担金に本来入れるべきではない費目が多く存在するのではないかとのお尋ねでございます。

 県では、先般、国から平成20年度ならびに21年度の国直轄事業負担金の説明を受けたところでありますが、負担金の内訳を見てみますと、本来国が負担すべきものと考えらます退職手当や国直轄事業と関係が薄いと考えられます職員宿舎の修繕費、および土地借り上げ料などが含まれていますことから、これらを負担することは非常に疑問を感じているところであります。

 このため県といたしましては、これら費目の問題点につきましては、すでに国に対し、指摘いたしますとともに、全国知事会にも意見を提出しているところであります。

 2点目は直轄事業負担金の支払いに対する県の考えはどうかとのお尋ねでございます。
 直轄事業負担金の問題につきましては、全国知事会として7月中旬をめどに対象範囲等の基準案を作成し、国と協議の上で、7月末までに基準を決定することにしておりまして、その基準に沿って21年度分の負担金予定額通知書などの再提出がない場合には、請求時期の延期を要請するとの方針が出されております。

 県といたしましては、負担金の支払いは全国共通の問題であると認識しておりまして、今後、全国知事会と国との協議結果を踏まえまして、適切に対応して参りたいと考えております。

 3点目は、県土木建設事業に対する市町負担金には、直轄事業負担金のような問題はないのかとのお尋ねでございます。

 市町負担金につきましては、昨日、豊島議員にもお答えしましたとおり、従来から事業概要や負担額を事前に協議するなど、県と市町の信頼関係に基づき事務処理を行っておりまして、今まで市町から問題提起はなされておりません。

 しかしながら、県といたしましては、市町に対し、負担金の詳細な内訳まではお示ししていなかったことから、意見照会の際の様式をより詳しくする方向で、現在、市町と協議しているところであります。
 
 なお、本県における市町負担金につきましては、国直轄事業負担金で問題となっております退職手当や庁舎、職員宿舎の経費などには充てておりません。

 以上でございます。







 

【2009/09/05 06:20】 | 未分類
トラックバック(0) |
岡平さんと渕上副党首

 選挙が済んでも一息つけないのがこれまた選挙。

 暑い中、連日我らが岡平知子さんは駆ける。

 ある日、岡平さんのアッシー君として小生もお手伝いをさせていただき、移動する車中で岡平さんといろいろな会話をさせていただきました。

 内心は1年4カ月に及ぶ異常とも言える選挙運動を経て、この間の筆舌を尽くせぬ苦労をしたが故にどうしても当選をしたかったであろうことは想像に難くありません。

 悔しくて悔しくて仕方がないと思います。

 しかし、我らが岡平知子さんは努めて気丈にそして爽やかに接してくれます。

 特に「当確」を打ち間違えた某テレビ局の話題になると、責めるどころか・・・。

 
 これが立場が変わり、ほかの陣営であれば大変なことになっていたでしょう。テレビ局の関係者は相当辛辣な言葉を浴びせられるでしょう。

 
 しかし、岡平知子さんはそんなことは微塵もみせません。まさに豪傑です。

 頑張れ岡平知子!

岩城さんの出陣式1

 この第45回衆議院選挙と同じ日に投票が行われたのが宇和島市議会議員選挙。

 自治労愛媛県本部で書記長を歴任し、社民党公認で2回目の戦いに挑んだ岩城泰基(いわき ひろもと)さん。

岩城さんの出陣式2

 前回は3位で見事に初陣を飾りはしたものの、この業界では2回目が鬼門。

 更に今回は市長選挙、更に衆議院選挙も同日にあり、複雑さに輪をかけた戦いとなりました。

 しかし、本人の日常活動の蓄積はもとより、自治労をはじめとする多くの支援者の踏ん張りで、前回の得票数から250票減にとどめ、1,884票を勝ち取り、前回よりも数段困難な戦いの中で15位の成績で見事再選を果た、貴重な社民党の議席を守りました。


岩城さんの出陣式3

 当選した岩城さんに心からのお祝いを申し仕上げたいと思います。

 それにしても岡平さんも当選していたらなあ。

 2チャンネルでは圧倒的に現職を凌駕しているのになあ・・・。

【2009/09/03 08:10】 | 未分類
トラックバック(0) |
岡平 知子 写真 ブログ用トリミング

 歴史的な政権交代を現実のものにした第45回衆議院選挙。

 これはこれでうれしいニュースには違いないのですが、小生にとってはいささか複雑です。

岡平 知子 ブログ用

 なぜなら、愛媛2区ではどうしても岡平知子さんに勝ってほしかったからです。
 
 当初は、現職の大臣経験者の強大な自民党候補にいくら女性とは言え、社民党公認の無名の候補者の勝ち目は無いと評されていました。

 特に週刊誌の予想なんか失礼な位のノーマーク。

北条街宣1

 しかし、投票日が近づくにつれて猛追。

 某テレビ局なんかは「当選確実」を打ち間違えるほどの大健闘。しかし、結果は残念ながら落選の憂き目に。

 当然にも当選を勝ち取りたかったけれども、あの強大な候補を相手に結果的には9,500票差まで詰め寄りました。

 惜敗率で言うと89.9。全国の社民党の候補の中で最も高い数字だし、投票数は小選挙区の社民党の立候補者の中で4番目。

 また、動画のアクセス数も辻元清美さんについで2番目。また、先日のブログのアクセスも一日に1,141件。

 小生もそれにつられて205まで伸びました。

先導1

 岡平さんを勝たすことができなかった原因はたくさんあると思いますが、今は只々残念で悔しくて岡平さんや風の会の皆さん、そしてご支援をいただいた多くの皆さんに申し訳なく思います。

先導2

 負けはしたけど、最終日の旧今治市内の反応は嘘ではなかったことが開票結果を見て、納得しました。

 がんばれ岡平知子!

【2009/09/01 08:31】 | 未分類
トラックバック(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。