FC2ブログ
愛媛県議会議員の  庶民派・元気派・さわやか派  石川みのるが見て歩き、いろいろな思いを語ります。
08.11.22 フェルナンデスちゃん
サンパウロに住んでいる13歳のフェルナンデスちゃん。 

 昨日は午前中に松山で2時間ほど時間が取れたので、宿からジャージに着替えて、アップシューズをはいて、松山城に駆け上がりました。

 時間が早かったので、人影はまばらでした。ま、ロープーウェイやリフトを使わずに天守閣まで行くのはきつかったですね。

 でも、あれを毎日やると、このせり出した腹がなんとかなるんじゃないかと思いますが・・・。


 で、本日はブラジル訪問記の最終回を。 

08.11.22 妹
9歳のフェルナンデスちゃんの妹。 

 色々な思い出を作ることができた今回のブラジル訪問。

 一般の観光では行けない所やさまざまの経験をさせて頂きました。

 本日の写真はまさに岐路に就いた写真です。

08.11.22 ニューヨーク1
飛行機から見たニュートーク1。

 小生の隣の隣には上の写真のフェルナンデスちゃん13歳、その前には9歳の妹さん。年齢がなかなかわかりませんでした。

 小生の隣に座った県の職員が英語で一所懸命にコミュにケーションを取ろうとするのですが、ブラジルの義務教育では英語を勉強しないのか、理解できた英語と言えば「WHAT?」、と年齢くらい。

 これには参りました。

08.11.22 ニューヨーク2

 それにしても国際線とは言え、エコノミーの座席はせまい狭い!この座席に往復50時間乗るんですから大変です。

 特に太めの方は大変です。さらに、ふくよかなかたが3人も並んでいるのを後ろからみると気の毒で気の毒で・・・。

08.11.22 カナダ
カナダ上空。

 現実に、ふくよかな某県会議員が二人並び、さらにその隣に現地のこれまたふくよかな女性がその隣に座り、ふくよかな3人で座席には余裕のスペースなんて全く見受けられません。

 まさにオーラすら感じます。

 後ろから眺めていると団子3兄弟が押し寿司状態でした。ホントに気の毒でした。 

08.11.22 オホーツク海
氷も見えるオホーツク海

 帰りに飛行機の窓からニューヨークやカナダ、ロシアの永久凍土のツンドラ地帯、オホーツク海を眺めることができました。

 広大であります。特にツンドラ地帯は凄かった。

 今回のブラジル旅行も終わり、小生の写真や資料の整理も終わりました。

 いずれにせよ、めったにすることのない様々な経験ができました。

 そして、早いものでブラジルから帰国して、もう1月が経ちます。

 同行を頂いた皆さんはじめ多くの皆さんに感謝をしつつ、訪問記を終えていきたいと思います。

 ありがとうございました。
スポンサーサイト




【2008/12/20 11:33】 | 未分類
トラックバック(0) |