愛媛県議会議員の  庶民派・元気派・さわやか派  石川みのるが見て歩き、いろいろな思いを語ります。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

体協表彰式3

このテーブルが県議会の1期生のテーブル。中にはカメラ慣れをした議員もいるようです。
 
 26日は県体協の表彰式と懇親会がありました。

 多くの方が表彰されていました。それはそれでいいのですが、全国大会で優勝をした新居浜50’の表彰はなぜないのでしょうか?

体協表彰式1


 今日(28日)から代表質問が始まりました。

 トップバッターは自民党幹事長でもある篠原議員。

 少し早口ではありましたが、ドスのきいた声で、中身も迫力がありました。さすがです。

 期数を重ねられ、修羅場をくぐってこられた経験と自信があのような質問になるのでしょう。

 ま、小生は声の大きさくらいは真似はできても、あの迫力と風格はとても真似は出来ません。

 むしろ、1期生の駆け出しは、おどおどとしてるくらいの方が好感を持ってくれるかもわかりません。

 本会議を終えて来客の応対をしたりして、新居浜へ帰って、通夜に参列。

 ブログを更新、原稿のチェックをして、今晩また松山に向かいます。

 何と言っても初めての代表質問ですから、大事をとって、前泊します。

 さて、何時に松山には当到着をするのでしょうか?

 いよいよ、明日は小生の番です。どんな代表質問になるのやら?

スポンサーサイト

【2008/02/28 20:20】 | 未分類
トラックバック(0) |
横田議長の挨拶

主催者を代表して挨拶する横田県議会議長

 昨日、2月県議会が開会し、会期は3月14日までとなりました。

 小生の質問にある道路特定財源

と思いやり予算の項では、勿論、

社民党の方針を根底に据えな

がら、会派を超えた議員との意見

交換やブログ、HPなどから伺える思

いなどを参考にさせて頂きまし

た。

 内容的には、部分的に自民党の方

からはヤジも飛んできそうなのですが、
愛媛には道路が必要だ

し、地方には必要なんだということは力説
したいと思います。

 ただ、暫定が40年続き、「恒久」減税で

あったはずの定率減税が10年で終わった

のは、国語に見ても、どうにも理解が

できません。

 官僚も国会議員ももう一度国語を勉強

しなおさないといけないような気がします。

 で、この日の午後はマスコミの取材やら、

松山市内の連合愛媛や労組、団体へ社民

党県連合の役員就任挨拶に行きました。

 午後6時
からは写真の「三浦 保」愛基金創設記

念祝賀会に参加しました。

 県の財政が厳しい中、三浦工業の創

業者の三浦保さんの奥さんの昭子さんが、

昨年11月21日に時価25億円の三浦工

業株を愛媛県に寄付されました。

 この25億円も1月5日の正式な書類上

は32億円にも。

 県はそれを基金に福祉や環境などの

施策を行うために2月県議会にも条例案

を上程しています。

 いずれにせよ、巨額には違いありません。

 この祝賀会を終えて、某県議とある人とで

居酒屋に行って意見交換。

 某県議といってもまたまた、スポーツ議

連の後に同行した県議。

 いやー、某県議はストレスでお腹にストレス

と脂肪をたっぷり格納しているようで、よく食べ、よく飲

み、よく喋り・・・。

 うーん、あの方の辞書には「割り勘負け」

の言葉はないように思いました。
 
 その日は松山泊。翌日8時半に新居浜へ。

 そして、新居浜で弔問などの用事を済ませ

て、再び松山で県体育協会の表彰式に出席するのため

に松山へ。

 うーん、29日の代表質問の質問原稿を読み

込みたいのですが、なかなか時間が・・・。

代表質問傍聴のご案内


【2008/02/26 12:25】 | 未分類
トラックバック(0) |
11号バイパス1

完全ではありませんが、舗装も施されたバイパス。
上の写真は新居浜市松原町の11号バイパス工事の様子。

 2月の初めにもこの工事区間の様子をこのブログで記しました。あれから3週間が経ちますが、部分的ではありますが舗装もされ、随分といっぱしのバイパスに日一日と姿を整えているようです。

 この区間は500メートルですが、主要な道路と結ばれますので、バイパスとしての機能は格段と向上するはずです。

 でも、具体的にどんな車の流れになり、渋滞などがどんな形になるのか、小生にはまだ想像できません。

11号バイパス2

3月中には完成する予定だそうです。

 先日は社民党愛媛県連合の定期大会がありました。

 その場で、未熟者の小生ですが、副代表に選出されました。正直、荷が重たいのですが、今の困難な状況に少しでも尽力でくればと決意を新たにしました。

 そして、この会場で薬害C型肝炎訴訟の原告のお一人で、今治の武田せい子さんとお会いすることができました。

 病と闘いながら、長い裁判闘争を闘ってこられた「歴戦の闘士」には見えない、物静かな方です。

 物静かな中にも並々ならぬ闘志を持たれた方でしょう。

 小生は2月議会では知事の政治姿勢、道路特定財源と思いやり予算と消費税、公契約条例、そしてこの薬害C型肝炎について理事者の考えを質すことにしています。

 そんな中で、この武田さんにも小生の原稿に目を通して頂くために、原稿をメールすることにしました。

 小生の質問が様々な形で患者の皆さんの心の支えになって頂ければと思って止みません。

【2008/02/24 18:34】 | 未分類
トラックバック(0) |
宇和島の津島道路1

宇和島道路の工事現場。道路の輪郭が見てきました。

20日は朝、松山から帰り歯医者、労金、太鼓の会、大学校友会の会、そしてマスコミの方に会ったりとそれなりに多忙な一日でした。

宇和島の津島道路2

宇和島南インター付近の様子。

 これらの写真は宇和島道路の現在の工事の様子です。

 宇和島道路は宇和島北から南を経て、津島の岩松までの17.5キロの道路が、現在事業化され、そのうちの6.2キロが供用されています。

 これらは宇和島南から津島IC(仮称)に至る現場で、先日のブログの写真の区間につながる7.8キロ区間の工事の様子です。

 この区間の朝夕のラッシュは想像を絶するものがあり、この地方のどこにこれだけの車があるんだろうか?と思うほど強烈です。

 もし、この間の道路が来年度中に開通すれば、格段に交通の便が改善されると思います。


津島道路3


 当面、この事業化区間から向こうの愛南町や宿毛方面には現道の56号線を通らなくてはなりません。

 現道は確かに交通量も少なくて信号も少ないのですが、律儀に海岸線に沿って走ったり、かなり地形に制限されたルートを通っています。

 宇和島から行くと津島の上畑地でも大きくカーブしてますし、嵐、浦知、内海の須ノ川あたりも律儀にカーブしてます。

 これらの地域に少し長めのトンネルを抜いて距離を短くできたら、高知方面に行くのも随分と早くなるのになあー、なんて、この間、一本松出身の方と話をしました。

 小生が今度の議会で質問をする予定の佐世保道路や思いやり予算にあれだけの金をかけるんなら、こっちに回してくれたらなあなんて思ってしまいます。

 ほんと、鉄道もない地方はせめて道路でも、との思いは強いと思いますが。

【2008/02/21 16:20】 | 未分類
トラックバック(0) |

もうすぐ
onaka
石川さんの元気な質問を楽しみにしています!宇和島の渋滞はひどい・・・必要な道路事業だと思います。しかし、今の国会議論に、もっともっとみんなが関心を持つべき。貴重な税金の使い方、真剣に考えなければ。

コメントを閉じる▲
20080219074703


 17日に行われた太鼓台建設委員会の席上で、「東田」の文字が金糸で刺繍された名札が寄贈されました。「素人」とは言え、玄人はだしのなかなかの出来です。

 29日には「太鼓」が納入、3月29日には幕やかき棒など一式が納入されます。

 寄付金も26,111,000円になりました。2月中には「建設委員会便り」も発行して、自治会員の皆様にも経過を報告できるようにする予定です。

19日は朝、旧一本松町の「いちごの里」に行って、理事長と施設長に会いました。

 現在支給している特殊勤務手当を2年後に全廃をしたいとの申し出でがあって、職員にとって、大きな賃金・労働条件の変更を伴うということですので、小生の出番とあいなった次第です。

 理事長や施設長とは色々なやり取りがありましたが、この全廃によってある職員などは2万円以上も減収になります。

 結局、この間、人員不足などで過酷な業務に耐えてきた職員のためにも「全廃は当分の間は行わない」ということで合意。

 今後は、「現地の組合員と理事長以下が業務全般にわたって協議を行い、着地点を探る」ということにして、帰路に就きました。

一本松温泉
一本松にある「一本松温泉」。

旧一本松町役場
 この役場にも多い時は60人位いましたが、町村合併の影響で、今は13人しかいません。

 途中、津島や宇和島で工事現場での写真を撮りつつ、県庁の控室で質問原稿の打ち合わせ。

新松尾トンネル
 新松尾トンネルの津島側.。次に下の橋脚に続きます。

津島の橋脚
津島の遠近集会所近くに屹立するような山間の橋脚。

 その後は、県議会の「スポーツ振興議員連盟」の役員による懇親会に参加しました。

 小生とあと一人以外はすべて自民党の議員の皆さん、それと県の幹部。ある意味、小生たちがいなければ新鮮味のない懇親会だったかもしtれません。

 そんな中で、並みいる先輩議員からはこの場では披歴することのできない、また、普段聞くことのできない様々なは話をきくことができました。

 それなりに成果を見出すことができた懇親会でした。

 そんな雰囲気の中で、駆け出しでなおかつ少数会派の小生などは肩身が狭い思いでした。

 会話もほどほどに食いに行ってました。もう一人の自民党以外の議員は「やせる思い」などと言いながら、元来、横にも前後にも場所を取る体形故に随分と存在を誇示しているようでした。

 小生などは内気で神経質が服を着ているのですから、一通り出された料理を食べるのも「試練」、「礼儀」と思って無理やり食べました。

 おじやなんかは4杯しか食べれませんでした。

【2008/02/19 07:47】 | 未分類
トラックバック(0) |
20080216214526

去年の今頃のウイークデーの早朝には市内の何処かに立って1時間半近く街頭演説をしてましたねー。

 昨日(16日)は午後1時30分から文センの中ホールでの「市長の話と噺を聞く会」に参加。

 「前座」で登場した「芸乃虎や志」さんの噺を聞かせて頂きました。

 実はこの「芸乃虎や志」さんは関東育ち。愛大医学部を卒業され、財団新居浜病院の副院長で精神科のドクターです。

 会場で問うと多くの方が過去に先生の噺を聞かれたそうですが、小生は初めてでした。

 「前座」とは言え、笑いを取る点では当然にも後から登場した市長とは比較になりません。

 なるほど「私の噺だけを聞いて帰らないように」と先生が言ってたのも頷けました。


 やはり、話術は話術で巧みだし、美空ひばりの歌を歌う歌は歌でオーバーアクション気味でお上手、またおでこで奏でるピアニカもとてもお上手でした。  

 やはり人を笑わせるツボを心得ていると思います。それは天性のものもあるでしょうが、日ごろの鍛錬であり、長い経験でしょう。


 小生も人目を気にしながらも大いに笑わせて頂きました。

 この会場が一杯になったのは佐々木市長には申し訳ないいんですが「芸乃虎や志」の功績も大なんでしょうね。

 実はこの先生を招いて自治労愛媛県本部の保育部会でも学習会を開催したように思います。

 もし、小生の記憶に間違いがなければ、先生が所属する「日本お笑い学会」の初代会長の井上宏さんは、小生が学んだ関西大学の社会学部教授だったんですねえ。

 なんだか「芸乃虎や志」さんに親近感を覚えたので、今度は新居浜病院へ行って枝廣先生にお会いしよう!

 「枝廣先生」?それは「芸乃虎や志」の本名です。

 で、この画像は去年の今頃の早朝の写真です。

 1年前の1月31日に28年と10か月籍を置いた新居浜市役所を退職し、小生は2月1日から投票日の前日までウイークデーの朝7時頃から8時半までは新居浜市内のどこかに立って街頭演説・挨拶をしていました。

 特にこの写真は出勤途上の「自治労にいはま」の組合員に携帯電話で撮って貰った写真です。よくよく考えてみれば早朝の街頭演説の証拠写真はこれしかないんですよね。

 今にして思えば、あの寒い時期に早朝からよくやったもんだと思います。

 でも、街頭に立っての市民の皆さんの激励がたまらなく嬉しかったし、その反応を心の支えにやってましたねー。
 

【2008/02/16 21:45】 | 未分類
トラックバック(0) |
照明灯の交換

今から球を入れ替えようとする泉川小学校の夜間照明。 
 昨日はどういうわけか多くのアクセスがありました。皆さんに感謝、感謝。

 小生のフランチャイズともいうべき泉川小学校のナイター照明の球の数がもともと少ないのと何個かの球が切れているのが気になって、市の担当の方にその善処方をお願いしていたら、昨日(14日)に早速、新しいのと交換をしてくれていました。

 素早い対応に感謝、感謝。

照明灯


 そして、午後2時からは全日空ホテルで行われた地方自治60年を記念して、自治大学校の校長先生による講演会に参加。

 講演終了後、新居浜のある市議会議員の方に感想を聞くと「脳みそが鼻から出そうでした」と。

 ま、それほど難解な講演だったことを表現しているのでしょう。

 小生はここでいい恰好をするわけではないのですが、行政改革特別委員会や総務企画委員会や組合運動で多少なりとも聞いたたことのあるテーマ、単語、数字だったので、それなりに大変勉強になりました。

 それこそ、それらを聞き慣れない人にとっては無味乾燥の講演だったかも知れません。

 この講演の中身の受け止め方は様々ありましょうが、率直に言ってやはり、この間の地方の塗炭の苦しみとか痛みとかが感じられない中身だっと思えて仕方がありません。

 他の参加者の皆さんの感想を聞きたいものです。

 お互いに愚痴や悩みも言わないと精神衛生上よろしくないということで、その講演を終えて、某議員と大街道の「まろ」という店で夕食を共にしました。

 愚痴自体はお互い取るに足らないものだったのですが、同席の某県議の食欲とその実績にはびっくり。

 小生も決して小食ではないのですが、某県議には驚かされました。

 それでも、小生は某県議に負けず、最後まで付き合い、とどめは「カレー南蛮そば」で刺しました。

 たらふく様々な料理を食べた揚句に食べたこの「カレー南蛮そば」は実に美味でした。

 皆さんも一度はご賞味下さい。

 15日は10時から予算説明を。1時からは保健福祉課から政策・計画の説明。そのあと、質問原稿のチェック。さらに自治労のある組合に関して所管の課を訪れて、確認。そして自治労県本部へ。

 ま、それなりに濃密な2日間でした。

 それと原稿は「大方」仕上がったのですが、先輩諸氏に意見を具申すると非難ごうごう。

 ああでもない、こうでもない、この言葉は適切ではない、こう書くべきだ・・・。

 うーん。やっぱり、代表質問となると責任の重さを感じずにはおられません。

 まだ、時間があるので、じっくり磨きあげますかね。もっとも、元が元だけに磨きようがないかもわかりませんが・・。

 

【2008/02/15 22:03】 | 未分類
トラックバック(0) |
温州みかん

先日、関大の校友会の役員会で行った東予休暇村の玄関。温州みかんが印象的でした。

 この二日ほど家に籠って2月議会の原稿を認めていました。

 代表質問は初めてで、どの程度のタッチで、どの程度のテンションで臨めばいいのかわからないので、まず議事録をめくって、先輩方の代表質問を参考にさせて頂ききました。

 読んではみても、正直なかなか自分の中では消化しきれません。

眺望

そこからの眺望です。

 でも、お陰でざっと80%程度の原稿ができました。中身よりもむしろついつい字数が多くなって、それを調整する方が大変です。

 どんなに多くても10,000字以内に収めないと、決められた時間内に質問することができません。

 特に県議会は時間には厳しいですからね。

 ま、まだ29日の質問まで時間があるので、中身はじっくりと吟味していきます。

 みなさん、やっぱりこんなに苦労をしているのかしら?こんなに労力を割くのは能力がない故に小生だけなのでしょうか?

 いささか情けなくもなったりもします。

 この原稿の中で道路特定財源と佐世保道路、思いやり予算の関係については本題から少し外れますけどもどうしても言及をしたいと思います。  

植えジャガイモ

OBGの皆さんがじゃがいもの種を植えています

 社民党を応援してくれているOBGの皆さんが今年もじゃがいもの種を植えています。

 この日は冷たい一日でしたが、寒さをもろともせず、皆さん元気に作業をされていました。

Kさん

「写真は嫌い。魂を抜かれるみたいで」というKさん。

 この日、昼からは様々な用事を済ませて、久々に泉川小学校でランニング

 ここ2日ほどの極度な運動不足がたたったのか、はたまた風が強かったのか定かではありませんが、足を必死に動かしても前へ思うように進みません。

 もっと運動をして、腹を引っこめないとズボンが合わなくなってしまいます。

【2008/02/14 08:56】 | 未分類
トラックバック(0) |


onaka
 お疲れ様です。本日から専従になりました。また、専従の先輩として、また色々アドバイスをお願いします。
 さて、団結集会の件ですが、新聞は参加者に配るのですが、講演してもらえるレジメもらうか、作らせてもらえないでしょうか。それと演目というか、何かテーマもお願いできたらと思います。
 お忙しいところ申し訳ありませんが、よろしくお願いします。また、連絡させてもらいます。尾中

管理人のみ閲覧できます
-


コメントを閉じる▲
黄色い花
裏の菜の花

 昨日、今日と外へ出ることを殆んど控え、皆さんにわがままを許して頂き、我が家にほぼ缶詰状態でした。

 別に先日のゴルフを反省して蟄居というわけではありませんでした。あしからず。

 で、何故かというと2月議会では議員になって初めての代表質問を2月29日の10時半からしなければならないので、その質問の下調べと原稿書きをしていました。

 もっとも原稿書きと言ってもパソコンで原稿を認めるんですがね。

 今回の代表質問は時間にして35分ですから、小生なら1分間に280文字程度×34分で9,520文字程度の原稿になります。従って、普通の原稿用紙なら約24枚位です。

 過去2回の一般質問をし、今回3回目ということではありますが、何と言っても代表質問は初めてです。

 やはり、初めての、そして代表となれば小心者の小生は緊張をせずにはおられません。

水仙
表の水仙

 そんなこともあって、質問の日までにはまだまだ時間があるようですが、概ね80%位の原稿を今のうちに仕上げておきたいと思って、家に籠ってました。
 
 まるで34年前の受験生のようです。お陰で殆んど動かず食べる量はこれまたほとんど普段と変わらないためにこの2・3日だけでもかなり太ったような気になってしまいます。

 実際のところ、入院生活をしている人の方が動いている位かもわかりませんね。

 ま、とにかく声が大きいのが取柄で、能力が乏しいだけに時間がかかって仕方がありません。

 何とかして明日の午前中には予定を達成したいと思います。

つぼみ
裏の木のつぼみ

 そんな中で、気分転換に我が家の周りを見渡すと、この3種類の花と木が目に付いたのでデジカメに収めました。

 明日からは伊予路に春を告げる「お椿さん」が始まります。

 ここんところ寒い日が続きますが、まさに「冬来たりなば、春遠からじ」です。

 皆さん、時節柄、ご自愛ください。

【2008/02/12 23:53】 | 未分類
トラックバック(0) |
広大な河川敷

国領川の右岸から左岸を見たところ。(手前の草が少し邪魔ですが・・・。)

 昨日の9日は労働金庫のチャリティーゴルフ大会が新居浜の滝の宮CCで行われました。

 実は小生はこの8年間ゴルフをしたことがなく、もともと下手なので、この大会に参加するのを躊躇していたのですが、ある方の強烈な誘いで、恥を忍んで、また参加する皆さんに笑いを提供するためにと思って参加することになりました。

 前日の8日には久々にゴルフショップに行き、何個ボールがなくなるかわからないので、とりあえず1ダース買い込み、また、お店の主の勧められるままに、特価の9,975円のクリークまでも買い込みました。

 これで準備万端。あとは運を天に任せ、まぐれ、奇跡、神に頼むのみ。

 当日は 天気予報では雪が降るとか脅されましたが、雪は降らずに雨。

 もし雪が降ればスコアの悪いのは雪の所為にしようと思ってましたが、それも叶いませんでした。
 
 9時31分石鎚コースからスタート。いよいよ歴史的な瞬間が到来します。

 8年ぶりにクラブを握り、ティーグランドに立つと極度の緊張。

 あれっ?ここは何番クラブかいな?あれっ?クラブはどんなに握ってたのかなあ?色々考えるとめんどくさくなって、エイヤー。

 そしたらまず1回目の奇跡ですね。ボールはグリーンにはほんの僅か乗りませんでしたが、ピンそば2メートルを、2パットで沈め、このホールをパー。

 「幸先良し!」、「うん、よしよし」と「8年のブランクなんぞ関係ないわい」としたり顔。
5番ホールまでパーを2つ。

 しかし、それから以降の現実は極めて冷徹でした。

 ドライバーよりサンドの方がよく飛んだり、それぞれの特性のあるクラブの能力、機能を引き出したり、駆使することなんてできず、あの広いコースを所狭しとあっち行き、こっち行きと縦横無尽、グリーンを挟んで右へ左へ。

 見事に淡い期待を粉砕され、見事に撃沈。

 あー、ゴルフとはこんなに疲れるスポーツかと再認識しました。

 そりゃーそうです。人より何十回も余分にクラブを力んで振りまわし、コースをピンに向かって限りなく直線で移動するなんてできるはずもなく、ボールを捜しに右へ左へと山や谷を歩きまわり、フラットな地面で打つことなんて殆んどないんですから・・・。

 ゴルフとは、いと疲れるスポーツかな?さらに指が10本しかないから数えるのに困ります。

河川敷2

左岸のテニスコートを右岸から見たところ。

 さて、写真は新居浜の国領川の河川敷。

 この河川敷には野球、テニス場、サッカーなどをするグランドやコートがあり、スポーツやイベントなどで年間50万人の人が利用し、新居浜にはなくてはならない一大スポーツゾーンで、全国大会も行われたりもします。

 しかし残念なことに、きちんとした水洗のトイレがなく、男性はまだしも女性の方は近くの体育館に行ったり、コンビニへ行ったりと大変です。

 

 そんなこともあって、今整備に向けて前に動き始めたやに伺っています。

 県、新居浜市の行政の協力はもとより、いま使用をしている皆さん方の協力も不可欠です。

 お互いに協力をしあって、立派に整備ができることを願ってやみません。 

河川敷1

右岸から南を見たところ。このあたりの木も綺麗に剪定され、整備されています。

 で、上の写真は、たまに小生が走る所です。これが結構距離があるんですよね。

【2008/02/10 12:48】 | 未分類
トラックバック(0) |

管理人のみ閲覧できます
-


コメントを閉じる▲
ビラ配り2

寒い中でビラ配り

 昨日の朝は7時50分位に新居浜市役所へ行って、自治労にいはまのビラ配りに参加しました。

 この日は寒かったのですが、それでも風がなかったから助かりました。

 自治労にいはまのビラももう360号になりました。その殆んどを朝ビラという形で朝、出勤する職員に10年間配ってきました。

 雨の日、風の日、雪の日、猛暑の日・・・。色々です。数が少ない組合員ですが、それだけはやりきろうと誓った朝ビラです。

 小生にとっても思い入れがある朝ビラ・・。これからも可能な限り参加していきたいと思います。

ビラ配り

小生なんかは「完全装備」です。

 午後からは県議会の行政改革特別委員会に参加しました。テーマは「第二期分権改革」。

 最初の説明は立場上、難解な教科書を読むみたいな説明でした。

 もっともこんなテーマをマンガを駆使して面白可笑しくできる訳にはいかないんですがね。

 説明をした課長さんがどうのこうのではなく、「中間とりまとめ」の文章自体がが小生にすれば余りにも無機質な語彙の羅列に思えてなりませんでした。

 この間の第一次、そしてそれに続く三位一体の改革。さらにその間に出された財政諮問会議の答申、いわゆる骨太方針などで地域間格差の拡大再生で結果として地方はずたずたにされてきました。

 このような地方へ強いてきた地方の痛みや苦しみなどに対する記述、総括などは当然にも皆無。

 「地方政府」などという文言まで登場しますが、その概念の説明や財政的裏付けもありません。

 問題は、今論じられてこのような「分権」が地域で、地方で生活を営む住民にとって福祉や教育や医療などのサービスがどのように向上をするかという点が全く見えてきません。

 それ故に感情が無い無機質な言葉の羅列と評した次第です。

 もっとも委員になっている方々は惨憺たる地方の痛みなどを体験してないし、関係のない方々でしょうから仕方がないでしょうけど。

 それだけにこのような方々にまことしやかな「地方分権」などを論じて欲しくないですね。

 

【2008/02/08 20:10】 | 未分類
トラックバック(0) |

管理人のみ閲覧できます
-


コメントを閉じる▲
全景セミナー

寒い中、整然と並んで聞いてくれました。 

 今朝も寒く、我が家では3度。そんな寒い中で、小生の母校の新居浜東高校の体育館に多くの3年生の皆さんに集まって頂き、新居浜労福協による「クレ、サラ撃退法」のセミナーを行いました。

 小生が学校にお願いをして、この日の運びとなり、内心、ホッとしました。

セミナー全景2

会場は暖房器具一つ無い体育館ですから、底冷えがして。

 講師は労金の職員に高松からわざわざ来ていただき、講演をお願いしました。

 3年生と言えばもうすぐ進学、就職というように社会に出て、これから好むと好まざるとに関わらず、人生の荒波に揉まれます。

 特に今日のようなテーマで学校の授業では教えられないだけに、過去、多くの方が悩み、、無用なトラブルに遭遇したり、損害を受けたことと思います。 

 今日のセミナーは、そのような無用なトラブルに巻き込まれないための実社会に役立つ、極めて実践的なセミナーでした。

 実際に話を聞いてみて、小生の知らないことも沢山出て、小生も勉強になったし、先生も勉強になったのではないかと思います。

 庶民、堅気の人を騙そうと相手は言葉巧みに近付いてきます。そのプロに素人は太刀打ちはできません。なんと言っても相手は騙しのプロです。

 一般の銀行、クレジット、サラ金の利息を比較したグラフを見て、改めて納得。

 銀行で借るうちはまだ健康体でしょうが、サラ金に手を出すと重篤な病気に。

セミナー3

皆さん寒い中ですが、「意外と」熱心に無駄口も言わず、きちんとした姿勢で聞いてくれていました。
 セミナーを終えて何人かの人に感想を聞きましたが、皆さん「とても勉強になりました」と。

 まだ、高校生ですから小生を喜ばせるための社交辞令ではないと思いますが。

 このセミナーは新居浜では新居浜高専ではしたことがあるそうですが、他の高校でも社会人になるための一般的な知識としてぜひ、取り組んで欲しいと思います。

【2008/02/06 19:22】 | 未分類
トラックバック(0) |


h.manabe
高校生にとってとても良い体験となでしょう。
ところで、最近読んだ本で次のことを書いていました。
近頃(この言葉を使うと年寄り?)道徳の基準は、人に迷惑をかけないことのひとつだけのよいうです。人に迷惑をかけなければ何をしてもよいと判断する親も多い。
昔の日本人の道徳の規準は、武士道であった。と、なるほどと納得しました。

コメントを閉じる▲
20080204115223


 2月3日に東田太鼓台の第10回建設委員会が開かれました。

 早いものでもう、10回になりましたし、お披露目の日まであと3か月になってしまいました。

 寄付金もこの日現在で2,516万1千円。現時点で当初の目標額にはまだ到達をしていませんが、ほぼ達成の見込みが立ったとの報告がありました。

 大口寄付では300万円がトップで、あと100万円と続きます。個人では一サラリーマンで現在は現役を引退されている人が100万円を寄付していただいたとも報告がありました。

 いずれにせよ、多くの方にご協力を頂き、無事5月4日のお披露目で市内51番目の太鼓台として世に登場をしたいものです。
 
 で、この写真が東田太鼓台の幟と天幕です。どうですか?

 そして、この日から法被も配り始めました。 

20080204115033


 昨日、県議会の総務企画委員会があり、国土形成計画やデジタル放送の説明をうけました。

 ここ国土形成計画は全総に代わり、今後の我が国の国土をどのようにしていくかという計画案。まだ、完全にコンクリートがなされていない進行形の「案」。

 しかし、これがすこぶる不評。小生は駆け出しなもんですから、最後に発言をしようとしたんですが、期数を重ねた自民の先輩議員の皆さんが小生が言おうとしていたことを悉く発言。

 小生が発言する場面がなくなってしまいました。

 それはそれとして、今まで国に翻弄され続け、結果として、地方が疲弊してきたという反省と国への不信感から皆さんが「絵に書いたモチ」と辛らつに評価をされました。

 このように地方の切り捨てや地方の疲弊という現状認識は驚くほど自民党の皆さんとも共有できるんです。

 問題は、その認識からいかに地方を、また県民の皆さんに元気になって頂けるかの方策、方針を私たちがどのように提起できるかということでしょう。

 例の道路特定財源にしても、ここで詳らかにできないこともありますが、小生と同じ意見をお持ちの議員も会派、党派を超えておられるのにもびっくりしました。

 

【2008/02/04 11:52】 | 未分類
トラックバック(0) |

管理人のみ閲覧できます
-


管理人のみ閲覧できます
-


管理人のみ閲覧できます
-



h.manabe
太鼓台が出来ると益々町内が団結します。また、郷土愛が生まれます。素晴らしいですね。

コメントを閉じる▲
看板

 
 昨日は久しぶりに河川敷へ行ってランニングをしました。

 実は4週間ほど前にランニングをしていて、右のふくらはぎに違和感を覚えて以降、本格的にはランニングをしていませんでした。

 幸い日常生活には大きな支障はなかったのですが、軽い肉離れだったのでしょう。

 違和感を覚えて何回かランニングに挑戦をしたのですが、はかばかしくなく、結局、鍼灸で治療をすることに。

 小生がいつも世話になる鍼灸は肩が痛くなったら行き、また、肘が痛くなったら行き、腰が痛くなった行き、今回のように肉離れになったら行きで、小生にとったらまさに魔法の鍼灸。

 もし、この先生に巡り合っていなければ、この歳まで長く野球はできなかったろうと思います。

 ホントに魔法の鍼灸です。

 そして、昨日久々に走って、回復具合を確かめました。そしたらバッチグーです。

 風邪の方はまだ完全に治癒してないので、時にゴホゴホ、コンコンとやっていましたが、足の方は完全復調。

 なんだか胸のつっかえが取れたようで、ルンルン気分になりました。


バイパス工事1


 この写真は新居浜の松原町の国道11号バイパス工事の様子です。

 昨年の6月議会で小生が質問した中にこの工事がのことが入っていました。

 別に小生が質問をしたから、工事が早くなったなんて言いませんが、それなりに思い入れのある工事となりました。

 予定では今年度中ということですから、あと2か月足らずでこの区間は完成ということになるでしょう。

 この区間が500メートルで、幹線道路と繋がりますので、現在よりも飛躍的にバイパスとしての機能が高まると思います。

バイパス工事2


 今日は松山で会があり、帰宅をしていると桜三里は白くなっていました。

 また、通行止めになるような予感をさせます。

【2008/02/02 17:41】 | 未分類
トラックバック(0) |

腰が痛いのは、辛いですね。
腰痛アドバイザー
腰が痛いのは辛いものです。
私も14年間悩まされました。

私が考案した腰痛解消法をお試しください。

【3分腰痛解消法】で、検索すると見つかります。

腰をお大事に。


コメントを閉じる▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。