愛媛県議会議員の  庶民派・元気派・さわやか派  石川みのるが見て歩き、いろいろな思いを語ります。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

20070830083325

 
 自治労本部の定期大会に先立って、28日の14時からは盛岡市内で自治労自治体議員連合の総会に小生も初めて出席させて頂きました。

 総会の資料によると自治労の組織内議員は都道府県会議員が実に107人、特別区・政令市が30人、市議会議員が300人、町村会議員が56人の合計493人。更に自治体の首長が18人。合計511人の勢力とのこと。

 さらにさらに衆議院議員が8人、参議院議員が4人が加わるわけですから、他の労働組合を遙かに凌ぐ大変な勢力と言えるでしょう。

もちろんそれぞれの議員、首長の当選は自治労だけではいけないわけで、多くの労働組合や候補者の地元などのお力をお借りしないといけないのは言うまでもありません。

 都道府県会議員だけでいうと北海道では14人も自治労出身の議員がいます。

 また、三重、福岡、大分が6人。兵庫、島根、宮崎が5人と続きます。

 このように労働組合運動や議員選挙でも存在感を示す自治労は自民党にとっては疎ましい存在なんでしょう。

 だから、自民党の中川前幹事長なんかは自治労を潰すことを公言して憚りませんでした。


 さて上の写真は盛岡で県本部の皆さんたちと「わんこそば」を食べに行った1シーンです。

 小生も挑戦をしたのですが、元来は小食であるにも関わらず、昼に八幡浜の中井前書記長のせいで暴食をしたために51杯でギブアップ。

 因みに15杯で普通の盛りそば1杯だそうです。

 で、わがツアーの女性のエースは90杯。男性は103杯でした。その評価は皆さんにお任せするとして、この店の最高は541杯だそうです。

 そんなにして盛岡に行って腹が一段とせり出したために、反省を込めて、今日は中4日で泉川小学校へ走りに行きました。

 午前に新居浜市役所へ行き、午後は県庁で海員組合の申し入れに同席、午後4時からは新居浜選出の県議会議員が市長以下から新居浜市の9月補正の説明と意見交換。

 そのあと、ランニング。たっぷりと汗をかいて体を絞ったつもりですが、体重計に上がると・・・。

 こりゃあせり出した腹を引っこませるのは並大抵じゃいきません! 

20070831122436

 上の写真は少し見にくいのですが、石を割って桜の木が伸びています。盛岡地裁の庭にあって、国の天然記念物に指定されています。

 
スポンサーサイト

【2007/08/30 08:33】 | 未分類
トラックバック(0) |
20070828102434

今日(28日)は岩手県の盛岡で開催されている自治労第79回定期大会に参加をしました。

 四国に比べて涼しくて、とにかく広い!というのが第一の印象。

 実はこの歳になるまで東北を通過はしたことはあっても、滞在したのは初めて。

 全国から参加した代議員や傍聴など約3500人が広い会場に。

 ところがこの会場には冷房設備がない!やはり、気候によるんでしょうが、冷房無しでは生活が出来ない所で生活を営んでいる私達には理解が出来ませ~ン。

 会場ではいつものように自治労らしく熱心に討論がされていました。 
 他の組合にはない雰囲気と熱気です。

20070828131544


【2007/08/28 17:48】 | 未分類
トラックバック(0) |
20070826124013


 24日、の金曜日、午前10時から行政改革特別委員会が開かれ、「公の施設のありかた検討部会」の報告を受け、それを特別委員会の中で議論しました。

 前回の8月7日に開かれた行革特別委員会では現在5局ある地方局を3局にするという議論がなされ、今回は県立病院や農業大学校、医療技術大学など県の様々な18の施設についてそのあり方を検討・協議しました。

 これらの議論は今日顕在化している地域間格差を温存・助長するという問題をも内包しているだけにいささか重たい気分になってしまいます。

 で、この日の朝刊にはこの特別委員会での議論も経ずに、「博物館を科学博物館に統合 歯科・看護学校譲渡 検討部会決定 来年度から実施」との見出しがトップ記事で踊っていました。

 「これならば特別委員会での議論は必要ないじゃない?」と、率直な感想。小生は委員会でもこの不快感を示しました。

 また、このように重たいテーマを1回だけの委員会の議論で終わってしまうことに小生は違和感を禁じ得ません。

 県民の皆さん、特に「地方」の皆さんにとって大きな「悪影響」が出ないことを祈るばかりです。
 

 上の写真は25日に倉敷で行われた第8回西日本シニア軟式野球大会に参加した「新居浜50'S」のメンバーです。

 試合は前年度に優勝をした高知県の「植野陶器クラブ」に予想外の大差で負けてしまいました。

 小生は久しぶりにあの暑い中で7イニングマスクをかぶり、ヒットも打ちました。

 相手にヒットらしいヒットは3本くらいしか打たれてないのですが、負ける時の流れは如何ともしがたいですね。

 反省点は沢山ありますが、済んだことを何時までもくよくよしていても仕方が無いので、気持ちを切り替えてみんなで昼食にということで回転すしを食べに行きました。

20070826124238


 あの炎天下で試合をして疲れてはいたのですが、みんな食べる食べる。

 下の写真はわがチームのKさん、Iさん、Sさん、Jさんという言わばわがチームの大食漢のエース4人のテーブルに積まれたお皿です。

 因みに小生はこのテーブルには座ってなかったので、あしからず。

 小生はこのお店にはわがチームが食事をした後、ネタもシャリも無くなってしまったのではないかといらぬ心配をしてしまいました。

 しかし、皆さんよく食べますねえ。

 で、小生は明日からは岩手県の盛岡に行ってきます。

【2007/08/26 12:40】 | 未分類
トラックバック(0) |
20070823140402
百日紅(さるすべり)とアジサイ。

 前回の花を小生が「サボテン系」なんて書いていたら、読者から「アオイ科フヨウ族のハイビスカス。和名はブッソウゲ(仏桑華)。サボテンとかの多肉植物とは程遠いですよ」と指摘をされました。

 まったく恥ずかしい話です。

 今回はその読者から密かに(事前に)花の名前を教えていただきました。恥をかかなくて済みました。

 私たちに数々の感動を与えてくれた夏の高校野球から一夜明けた今日は、今までになく涼しさを感じる一日となりました。

 それでも例年よりは暑いんでしょうね。慣れとは恐ろしいものです。

 今朝の11時からは知事に対して、9月議会を控えての予算要望書を提出しました。

 わが会派はA4で13ページにわたるものです。前回も記しましたが、6月に提出したものに比して、今回のは他の人の意見、現場の声を聞き、より具体性を持ったものに仕上がりました。


 さて今日、登庁すると県議会の小生の机の上に「ローカルえひめ」という月刊の新聞が置かれていました。

 その新聞には8月11日に自民党松山支連の定期大会の記事があり、その中での塩崎官房長官の挨拶が紹介されていました。

 で、それを見て小生はやはり永田町に長くいる人と庶民の感覚との乖離を再認識しました。

 それを引用してみますと「・・・前略。特に年金記録問題では、年金というものがどれだけ皆様方にとって大事なものだったかということを、我々は改めて思い知らされたわけであります。

 年金というものの重要さをもっと早く気づかねばならなかった。・・・後略」
 
 つまり、塩崎さんは今回の参議院議員選挙での自民党の歴史的敗北で初めて庶民にとって年金が重要であるということを認識したということであり、今までは重要とは思っていなかったってことを言ってるんですよね。

 うーん、なんと言ったらいいのか。うまく表現はできませんが、なんかずれてるんですよね。

 皆さんはどう思われますか?

【2007/08/23 14:04】 | 未分類
トラックバック(0) |
20070821210202
前回のは朝鮮朝顔だったらしいのですが、今回はサボテン系みたいです?! (実はハイビスカスでした。)

 今、外の気温は26度。室内は31度。どうしてこの時期にこんなに暑いのでしょう?

 今朝はわが会派で9月議会に向けた予算要望の打ち合わせを県議会の応接室で行いました。

 今回は「現場の声を聞こう」ということで自治労の愛媛県職労の役員の皆さんから1時間半にわたって現場の生々しい状況を説明して頂きました。

 表面的なものだけでは県民・庶民の皆さんニーズには応えられないと思い、前自治労愛媛県本部の書記長として最低限の役目を果たしました。

 今回の予算要望では「理念」や「綱領的」で「抽象的」なものからより具体性を持ったものにしようとの思いからでした。

 他の会派ではこのようなチャンネルは持っていないでしょうから、「現場の声」を活かせる私たちの優位性を少しは示せるものになると思います。


 午後には9月15日から滋賀県で軟式野球など15種目にわたって開催される「スポーツマスターズ」への対応を聞くために県の体育協会に赴きました。

 「スポーツマスターズ」の歴史自体が浅いがために、ある程度の覚悟はしていましたが、同じ日本体育協会協が主催者に名を連ねる国体との対応の違いに唖然としました。

 参加選手すべてが自費の参加となると大変です。いくら草創期とは言え、もう少し何とかならないの?と思い県体協をあとに。

 そして4時過ぎには新居浜警察署の某課に。これまた結論はある程度予想をしていましたが、そのプロセスは小生の予想を超えた「想定外」でした。

 このブログの場では細かい記述は避けますが、公務員用語でいうところの「根拠規定」よりも「前例」。

 その時々の時代、解釈で変わるであろう「運用」によって左右されるような気がしてなりません。

 そして、このように釈然としない二つの思いを胸に日中友好協会の総会に。

 ここでは歴史的で具体的な数字を目の当たりにして、改めてショックを受けました。

 詳報は次回に。
 

【2007/08/21 21:02】 | 未分類
トラックバック(0) |


Zin.
アオイ科フヨウ属のハイビスカスです。
和名はブッソウゲ(仏桑華)
サボテンとかの多肉植物とは程遠い種ですよ~。

コメントを閉じる▲
20070820004843
我が家に咲いた花です。
 とにかく暑いですね。

 昨日はオール愛媛の練習試合で伊予市の厚生年金センターへ。相手は全国大会に出場を決めている若いチーム。

 10時からの試合に備えて、9時からたっぷり汗をかいてアップ。試合では9イニングのうち、6イニング、マスクをかぶりました。

 暑さに負けないために「風がそよそよ吹いている」と、自らに無理やり言い聞かせるも、直射日光は情け容赦なく照りつけました。いやー、皮膚が痛い。
 
 試合は2:4で惜敗。

 伊予市を後にして、今度は新居浜の労災病院の西側の河川敷へ行って、「新居浜50’S」の練習に参加しました。

 今度の土曜日に倉敷である西日本大会に向けての最後の調整。皆さんはこの猛暑の中、1時から練習です。小生は少し遅れて2時から合流しました。

 休憩をはさみ、水分を補給しながらもフリーバッティング、シート、バント練習・守備練習・・・。

 いい加減な高校の練習のようなメニューを、「もう暑いんだから、やめよう」との声も無く、5時過ぎまで。

 みなさん、元気です。小生は久しく本格的に野球をしていなかったもんですから、体が暑さに馴染んでいません。

 ホントに何時倒れるのかと思いました。肌は痛く、顔は赤く焼け、特に首筋は痛くて痛くて。

 夜、就寝する時は 保冷剤を首筋や頬や額に当て冷やしました。

 しかし、この暑さは何とかならないでしょうかね?

 それにしても「新居浜50’S」の皆さんはあの年齢で元気で暑さ知らずで、「化け物」です。 

【2007/08/20 00:48】 | 未分類
トラックバック(0) |
20070815201827
船木校区の夏祭りに登場した「元船木太鼓台」の雄姿

 15日の夜は光明寺自治会主催の盆踊り大会の挨拶に寄せていただきました。

 この地区は世帯が100軒程なんですが、春は自治会の運動会、夏はこの盆踊りと「地域の元気さ」という点では市内屈指でしょう。

 この日もお盆で帰省をされている方も含めて多くの皆さんが参加していました。

 色々なバザーもありましたし、役員の方が「カンパチ」をばらす実演などもしており、とにかく趣向を凝らしているのが一目瞭然。たいしたものです。

 

 そのあとは船木小学校での船木地区の夏祭りに。

 市内の校区でも夏祭りを催しているところは10箇所程あるとのことですが、この船木校区の特徴は何と言っても「太鼓台」の登場です。

 この暑い盛りに組み立てをしたり、あの巨大な太鼓台を運行するのは大変だろうと思いますが、やはり、太鼓はいいですね。

 でも、帰省してる方には何よりのプレゼントだと思います。毎年見ている小生でさえもあの太鼓の音と笛の音を聞くと血沸き肉踊るわけですから。

 この暑い中、それぞれの夏祭りなどを催すにあたって、企画、準備、片付けなどをされた役員の皆さんには心から敬意を表したいと思います。本当にご苦労様です。

 で、この太鼓台なんですが、今全国的に地方のお祭りが担い手がいなくなったりして、衰退しているといわれている中で、この新居浜の太鼓台だけは「別格」です。

 現在、市内に50台の太鼓台があります。この20年で実に20台近くも増え、また来年はわが東田地区にも太鼓台が出来るわけで、合計51台。

 個々の太鼓台は行政から特段の援助もなく、建設、運行をしているわけで、これは全国に誇れるとんでもない数字だと思います。

 さて、東田の太鼓台の法被も発注をしましたが、どんな出来上がりなんでしょうか?

 昨日は普段かまってやれないハンドボールをしている高校2年の次男と泉川小学校へ。

 例によって160メートル走を。次男曰く「父さん、思ったより速い。この距離を完走するだけでも大したもんだし、その歳であのスピードで走れるのは大したもんだ」と。

 その後、何年ぶりかで、次男とキャッチボールを。これまた「父さん、なかなかやるねえ。ボールが伸びてる」と。

 普段の鍛錬のお陰か今日ばかりは普段、小生を褒めたりすることのない、次男に褒められました。

 思えばこんな親子の触れ合いを随分と長い間、してなかったなあ。
 

【2007/08/15 20:18】 | 未分類
トラックバック(1) |
20070814193341.jpg

4月初めに小生の事務所前で撮った友近君(現参議院議員)との写真です。
 
 昨日(14日)は我が家の書斎で書類整理などをしていました。そしたら、上の写真が出てきたので、スキャナーで取り込んで、このブログに載せました。

 小生が選挙を戦っていた最中に、今の友近参議院議員が小生の事務所へ激励にきてくれました。

 あー、あれから4月以上も経つんですね。今更ながらに歳月の経つ早さを痛感します。

 時期が時期だけに「どうしてこの写真を載せたんですか?」と思われる向きもおありかと思いますが、他意はありませんので、悪しからず。

 書斎で書類の整理などをしていて、暑くて暑くて辛抱が堪らなくなり、エアコンのスイッチを入れると、冷房のスイッチが入ったり、切れたり。そうこうしていると暖房のスイッチが・・・。

 普段この部屋に入るのは夜だから、特段エアコンの必要性を感じなかったんですが、日中にこの部屋に長時間いるとやはりエアコンが必要であると強く感じました。

 そこで一念奮起。清水の舞台から飛び降りたつもりで、26年戦士のエアコンに別れを告げ、友人の電気屋さんに依頼して更新することになりました。

 昼のエアコンて値打ちありますよね。でも、予期せぬ出費が・・・.


20070815133013
県民文化会館での戦没者追悼式

 そして、本日(15日)午前10時30分から県民文化会館で戦没者追悼式が厳かに営まれました。ご遺族も随分と高齢化し、62年の重みを感じます。

 先の大戦で国民の310万人が亡くなったそうです。我が子の顔も見ることなく命を落とした方も数多(あまた)おられるでしょう。どれほど無念だったことでしょう?

 そして一家の「大黒柱」を失ったご遺族の生活もどれほど大変だったことか?

 こんな辛い、無念な思いを国民・県民に強いる事がないようにするのがわれわれ政治に携わる者の役割であるということを改めて誓った今日の追悼式でした。
 

【2007/08/14 19:33】 | 未分類
トラックバック(0) |
20070813212503.jpg
色彩の丘

 イヤー、今日の日差しはきつかったですね。

 曇っている時はよかったんですが、いざ日が射し始めると肌が痛くて痛くて。

 小生のようにバリケードな肌、否、デリケートな肌をしていると、日が射すとこのまま焼き豚になったり、焼き鳥になったりするんじゃないかと思ったりしました。

 昨日は自治労にいはまの第11回定期大会の記念品を市内の組合員や特別会員の職場を訪問して配りました。

 新居浜の北東の端の衛生センター、南西の端の大生院公民館・・・。こうやって走ると新居浜も広いんですよね。

 それを配り終えると今度は「新盆」ということで、昨年のお盆以降に他界をされたご家庭を訪れ、在りし日の故人を偲んで線香を上げさせていただきました。

 皆さんには生前、大変にお世話になった方々ばかりです。今頃は黄泉の地でどのようにされているのかと思いを馳せました。

 夕方は、フランチャイズでランニング。今日はソフトボールをたしなんでいる小学校5年生の子供から50メートル走の挑戦状を叩きつけられました。

 でも、この子は「5メートルハンデを下さい」とのこと。

 「それならば」と挑み、辛うじて2本とも勝利!へへへ。

 でも、来年になると小生と逆転するかも知れませんね。

 7時半頃には珍しい人からの電話。

 9時からは故郷・新居浜を後にして、兄弟ともに都会に出られている方の財産の処分についての相談。うーん。

 今後、こんな問題を抱える方が多くなるんでしょうね?

 ホントは新居浜に立派にある親の財産をきちんと相続して、この新居浜に住めればいいんでしょうが、色々とそうさせない事情がそれぞれにおありなんでしょうね。

 

【2007/08/13 21:29】 | 未分類
トラックバック(0) |
20070810150402
松山のイオンの近くでみた「ミゼット」です。

 9日、10日と総務企画委員会と環境保健福祉委員会の合同で1泊2日の県内視察を行いました。

 会派は自民、民主、公明、共産、そして小生。まさに多士済済。ホントに色々な意味で勉強をさせて頂いた有意義な研修となりました。

 研修先は東温市、西条市、今治市の大三島、宮窪を訪れました。

 東温市の環境問題に取り組む姿勢、西条市の「食」に取り組む姿勢、大三島・宮窪漁協の地域活性化に取り組む姿勢を拝見させて頂き、地域・地方がそれなりのこだわりを持って今日の厳しい状況にに挑んでいる姿勢をこの目と耳で確認をさせて頂き、大いに見聞を広めることが出来ました。

 また、1期目の小生にとって見知らぬ県議の皆さんと時間を共有することができ、これまた勉強になりました。

 夜の食事や二次会では皆さんの「素顔」に触れることができたのも、小生にとっては大きな収穫です。

 正直、小生が事前に描いていたイメージとは随分と違いました。

 「意外」と言えば他の県議さんに失礼ですが、時間もきちんと守り、研修中は私語も殆んど無く、皆さん真面目に研修に取り組んでいました。

 ある古参の議員さんは「党派に関係なく愛媛媛県民の利益にためにお互いに頑張ろう」とも言い、ある議員さんは「期を重ねる毎に責任を感じ、自分が県民のためにどれだけの仕事が出来ているのか?と思う」などと激白されていました。

 古参議員ほど偉そうにしたり、アルコールが入るに従って酩酊する人もいるのかなと予測をしていたのですが、小生の予測は見事に裏切られました。

 むしろ、1期生の小生にも随分と気を遣って頂きました。

 まさに「人生、知っても知ってもこの世は楽し」です。
 
 また、この研修に際し、多忙な中、色々とお世話を頂いた現地の皆さん、また議会事務局の佐川さん、堀本さんに微に入り細に入り、随分とお世話になりました。
 
 失礼ながら、このブログの場を借りて、心からお礼を申し上げたいと思います。


 この研修で 得たものを今後様々な形で生かして行きたいと思います。

【2007/08/10 15:04】 | 未分類
トラックバック(0) |
20070808144259

20070808144634

 
 上の写真は8日の昼に別子山で行われた朝鮮人強制連行殉難者慰霊祭の様子。
 
 別子の鉱山では多くの中国人、朝鮮人の方が強制連行で働かされていました。

 特に朝鮮人については人数など正確な資料はないとのこと。

 15年前に朝鮮人の強制連行の事実の究明を行っていたところ、旧別子山村にも墓があることがわかり、それから毎年慰霊祭が粗末な石を積んだだけの墓前で行われ、今年で15回目。

 この石の下で眠る多くの殉難者はどのような思いで亡くなっていったのでしょう?

 日本がこんな過去を歩んできたという事実も後世につたえていかなくてはならないと思います。


 昨日(7日)、午前10時から、行政改革特別委員会がありました。開会前とは言え、知事が委員会に出席するのは異例ということであり、それだけ重要なテーマであるということです。

 そのテーマとは現在5つある地方局を3つに統合・再編するということです。

 長きにわたって存在した5局が3局になるということが議論される歴史的な特別委員会に小生が立ち会ったわけです。

 なぜ、5局から3局に?それは当然にも県の財政難に起因し、できるだけ人件費を抑えて県民サービスを低下させないかという二律背反する課題をクリアーする政治的「大英断」が求められますし、関係する選挙区の議員にとっても政治的力量が有権者に推し量られる委員会になったと思います。

 小生はこの委員会に初めて参加したこともあって、これまでどのような議論がなされてきたかはわかりませんし、個々の委員がどのような考えを持っているのかもわからない中で「空気」を読むのに必死でした。

 ただ、推測するに統一自治体選挙や参議院議員選挙を終えてこの時期に理事者が提案するのは、与党と協議した上での「政治的配慮」が存在したということは否めないでしょう。 

 開会して、理事者側から説明を受けました。

 そして質疑の1番手に小生が手を挙げて質問。

 「行政改革などはとかく『管理運営事項』ということで職員団体(組合)との協議をしないということも一般的に言われるが、この問題で職員の賃金労働条件に関わることがあるとすれば、今後職員団体との協議を行うというスタンスを持つのか?」と、職員にとって重要であり極めて基本的な事項について理事者を質しました。

 これについて「この種の問題は事前に組合と協議を行って案を作るという性格のものではない。しかし、人事異動なども伴うこともあり、職員の家族の状況・実態などの把握も重要であると考え、組合とも協議をしていく」という考え方が示されました。

 確かに賃金カットもされ、この際に人員削減、人事異動のやりっ放しでは職員の士気は上がらないでしょうから。小生の問いに対する理事者の答弁は◎。

 しかし、小生はこれ以降の議論を聞いて、びっくりしました。

 それは何故かというと自民党の議員は押し並べて「この際に職員をもっと減らして人件費の削減に努めよ」なんていう荒っぽい主張をするのかと思っていたのですが、「職員をことさら減らせば好いというものではなくて職員の処遇もきちんとして、県民サービスも低下させないようにしっかりと取り組んで欲しい」というのが総意であることです。

 まるで我々労働組合出身の委員が主張したり、考えたりするようなことを他の委員さんに言われてしまい、驚きました。

 それは傍聴に来ていた県職労の役員と委員会終了後に感想を交換したのですが、小生と共通した思いでした。

 いやー、とにかく色々な意味で勉強になったこの特別委員会でした。


【2007/08/08 14:43】 | 未分類
トラックバック(0) |
20070806160230


 8月4日、日曜日は国体の四国予選が今治市営球場で行われました。

 初戦の徳島に健闘むなしく0:3で敗れ、国体出場の夢は断たれました。

 今年は3位、4位決定戦を行い、2位と3位は9月に滋賀で行われる「マスターズ」への出場をかけ、場所を西条のひうち球場へ移し、香川と愛媛で決定戦を行いました。

 結果は愛媛が5:1で香川を下し、愛媛が3位となり、無事出場権を得ました。

 この試合で小生一押しの三瓶の岡本君なんかは軟式野球では不可能に近い5打数5安打と打ちまくり、大活躍をしました。

 あと2塁打が出ればサイクルヒットだったんですが・・・。

 ホントに皆さんよく頑張りました。小生もほんとはユニフォームを着てマスクを被って一役買いたかったのですが、寄せる年波には勝てず、「チーム代表」に甘んじました。

 でも、みんなの頑張りに感動しました。

 今朝は4時に起きて、ある会に参加。

 夕方からは2時間程自分の時間が出来たので、小生の「フランチャイズ」の泉川小学校へ行って、冷汗ではなくてランニングをして、健康的な汗を流しました。

 校庭で遊ぶサッカー部などに所属する中学一年生を3人捕まえて、160メートル走(グランドの西から東)と50メートル走に挑戦しました。

 子供たちにとってはホントに迷惑な話です。

 160メートル走には勝ったのですが、50メートル走には一人だけに1メートル程負けてしまいました。

 まあ、間もなく52才になろうとするおじさんが完走できただけでもよしとしましょうかね?
 

【2007/08/06 16:02】 | 未分類
トラックバック(0) |


Zin.
今朝、偶然行ったうちのエサ係が「おったよ」って言うとりました。

コメントを閉じる▲
20070804062126
自治労四国地連定期大会が行われた「徳島県郷土文化会館」
20070804062306
会場の中

 8月2日、3日と徳島で自治労の四国地連定期大会が行われました。四国での自治労の仲間は約35,000人。労働界でも一大勢力です。

 この大会も本来なら先週行われていたのですが、安倍総理が参議院選挙を2週間スライドをさせたために、この日の開催になりました。

 しかし、会場の変更、資料の差し替えなど担当の徳島県本部の皆さんは随分と苦労をされたと思います。

 こんなところにも安倍総理への怒りが。

 この大会に参加して多くの仲間や先輩にお会いすることが出来ましたし遠来の方は4時間半もかけて大会に参加した組合員もいます。本当に頭が下がります。

 小生も先の選挙で無事当選したこともあって、多くの仲間や先輩から祝福や激励を受けました。ありがたいことです。

 自治労の議員連盟の会にも顔を出しましたが、四国の自治労では国会議員が2人、県会議員が9人、市議会議員が19人、町会議員が3人います。
 
労働組合という点で四国では大きな議員の集団です。それだけに自民党の中川幹事長なんかは自治労を潰さなければならないと公言してはばかりません。

 まさにおごりの姿勢です。

 この議員団も社民党、民主党と色々いますが、皆さんに共通をしているのは平和憲法を守る、とりわけ憲法9条の改悪には反対をしているということです。

 この地連大会もあいにくの台風襲来の真っただ中だっただけに急きょ欠席をする人もいました。

 組合員自身が地域の消防団として活動をしていたり、災害対策本部の一員だったり。それだけ自治労の仲間は地域で頑張っています。 

 小生はこの大会に参加をして、小生の拙い「後援会報」を配りつつ、ブログにアクセスするように執拗に言いました。

 これから四国の仲間のアクセスがどれだけ増えるか楽しみです。

 で、今回の定期大会で残念なのは①台風の影響で雨風が強く夜間に外出することはできず、名物の徳島ラーメンを食することができなかったこと。

 ②ホテルでの朝食が「必殺バイキング」で、小生の黄金の右腕が腱鞘炎になりかかったことです。

【2007/08/04 06:21】 | 未分類
トラックバック(0) |
20070802063225.gif
友近勝利の花火だ!

 上の花火は友近君が勝ったからお祝いの意味を込めて。実はこの花火は社民党・新居浜のHPにあるのを転載しました。

 とにかく友近君は愛媛でも大物中の大物政治家と戦い、6万票の大差をつけて勝利しました。

 3月ほど前、小生はある先輩政治家とこの選挙の見通しなどの意見交換をしました。

 その時、先輩政治家は「もし関谷さんが勝つなら僅差、友近君が勝つなら大差」と言っていました。

 やはり、「亀の甲より年の功」。この先輩政治家の洞察力には感心いたします。


 今回の選挙を見て「意外」と思えることも。

 前回のブログで小生は「与党の歴史的大敗と民主党の歴史的勝利」と記述しました。

 が、全国の選挙区でを見ると前回選挙と比較して自民党は3.74%得票率を落とし、一方では民主党は1.36%しか上げていません。

 比例区では自民党は1.95%下げているのに対し、民主党は1.69%しか得票率を上げているに過ぎません。

 つまり、2%動くと結果も大きく違ってくるということでしょう。


 それにしても赤城農林水産大臣にまつわる話は???。

 今朝の新聞なんかは「もう無政府状態」なんて書いてます。

 うーん、どうなってるのかな?

 赤城大臣は絆創膏の説明も大事だけど、国民の皆さんに対してもっとしなければならない大事な説明があると思うんですが。


 今日は総務・企画委員会で松山の議会へ。

 それが済むと徳島での自治労四国地連の定期大会に参加し、久しぶりに四国の「同志」たちと顔を合わせられることを楽しみにしています。

 今日も結構走りますねえ

【2007/08/02 06:52】 | 未分類
トラックバック(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。