愛媛県議会議員の  庶民派・元気派・さわやか派  石川みのるが見て歩き、いろいろな思いを語ります。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

20070228191309

 2月も今日で終わり、いよいよ明日からは3月。周りでは確かな春の訪れをか感じる候となりました。しかし、小生に至っては投票日まで40日を切って日に日に焦りが募ります。

 上の写真は県本部の街宣車。これで3月4日の集会まで松山や新居浜を走ります。

 さて、昨日は久しぶりに自治労にいはまの早朝のビラまきをしましたた。

 市役所を退職して以降、職員や組合員の方と疎遠になりがちだったのですが、このビラまきをしながら、言葉を交わすことが出来たので良かったと思います。従ってこの日の早朝での街頭挨拶はお休みとなりました。

 今朝は、高木の交差点で街頭の挨拶をしました。家を出た時は5度。しかし、風があったので体感的には寒く感じられました。それでも「ファイト、イッパーツ」。

 今日、高校の同級生のお宅にお邪魔をして、お母さんに久しぶりにお会いしました。

 このお宅には小生が大学時代に帰省をした度に同級生が寄っては麻雀をさせて貰いました。

 このお母さんは仏さんみたいな方で、何時間も麻雀をする小生たちに色々と気を使ってくれました。

 でも、あのお宅で小生はいくら負けたのかしら?

 そのお母さん曰く「稔くん若いねえ。うちの子とは比べものにならない位若いよ」なんて言ってくれたもんだから、またまた悦に入っちゃって。

 ま、悪い気はしないんだけどね。

 さ、明日からは正念場の3月。頑張るぞ!

 
スポンサーサイト

【2007/02/28 19:13】 | 未分類
トラックバック(1) |

週末に寄せて
津田博幸
 明日は3月3日、「桃の節句」、我が家にもお雛様が鎮座ましましています。

 ただ、全部揃えると見事な7段飾りなのですが、ここ10年位は最上段のお二人だけでご勘弁を願っているような始末、誠に申し訳ないv-8

 幸いと言っていいか微妙ですが、子どももお雛様で喜ぶような年ではないので、こういうところから歳月の流れを感じます。

 明日は短大の卒業式。と言ってもまた4月からは大学に編入して、もう2年頑張ってもらわなければならないので、子どもも親もしんどいところですが、目標を決めた以上、最後までやり通してもらいたい。そのためにはトコトン応援するのが親としての務めであると思います。

 予定表を見ると今月は公私ともに忙しくなりそうです。今年度の総仕舞い、人事異動も気になる、あわただしい3月となりそうですv-355

 皆さんもよい週末をv-363

 石川さんも「気張りゃんせー」v-363v-363




はや3月ですね
津田博幸
 1月は「いぬる」、2月は「逃げる」、3月は「去る」と言われるように、あっという間に2月も終わり、「今年もあと10か月ですねぇ…v-75」と呑気なことは言っておれませんv-12

 石川さんがおっしゃるように、まさに『正念場』の月となりましたv-219。悔いを残さぬよう気張っていきましょうv-217

 この時期はいずれの自治体も議会が行われます。県議会も先日始まりました。焦点は新年度のまちづくりの政策と財政の見通しです。

 市民からの要望がある。応えたいがお金がない。無くてもやらなければならないことはたくさんある。何かを削ってやろうにも内にも外にも様々なハードルがある。お金を借りようとしても貸してもらえない、借りたとしても返さないといけないから、つまりは借金だけが膨らむ。しかし、何もやらない訳にはいかないので、当初は骨格となる予算で国の財政出動を見ながら補正予算で政策の肉付けをするv-40

 無い知恵絞って、汗を流して、借金を返しながら公共サービスの質は上げていかなければならない。どこも似たり寄ったりで苦しいですv-12

 国は2007年度から「頑張る地方応援プログラム」と称して、魅力ある地方の再生に向けて頑張った自治体に対して地方交付税を上乗せ配分する制度を行うようです。

 ただし、ただ「頑張っただけ」ではダメで、ちゃんと結果を出さなければ貰うモノは貰えない仕組みとなっています。

 つまり、出生率、転入者人口、事業所数、若年者就業率、製造品出荷額、小売業年間商品販売額、農業算出額、ごみ処理量、行政改革指標の9つの指標で「評価」し、その「成果」によって配分をしようとしています。職員だけでなく、とうとう自治体自身にも『評価制度』が導入されることになるようですv-40

 そもそもこの9つの指標で「魅力ある地域」ができるのか甚だ疑わしい。その自治体、地域にどんな魅力、可能性があるかは、そこに住んでいる市民と行政が力を合わせて独自の政策を創り上げてこそ意味があるというものですv-91

 押し付けの政策になるのであれば、従来の「補助金行政」と何ら変わりはありませんv-293

 景気対策や地域振興の御旗の元、「頑張れ、頑張れ」と号令をかけられ、精一杯頑張った。頑張った挙句が借金まみれになって、なった途端に、今度は「国にもお金がありません」。それどころか今頃になって「放漫経営だ」と言われたのでは全くやりきれない。失政のツケを地方ばかりが背負う必要は全く無いv-293v-355

 ましてや「魅力ある地域」かどうかは国ではなく、そこに住む市民が評価し、自らの責任において創り上げることが『自治』と言えるのではないでしょうか。

 地方が自らの権限や財源でまちづくりを行うことが出来る環境整備を、国が行い、後押しをするという、地方と国の役割分担を明確にすることをまず最優先で行ってもらいたいv-218

 勿論、そのためには、自治体の首長、議会、市民、職員が、我がマチの現状を把握し、進むべき方向を議論することが必要になってきますv-219

 そのヒントは、北海道夕張市にあると思うのですが、皆さんはいかがお考えでしょうか。
 
 我らが『さわやか派・石川みのる』さんには、その先導役として新居浜から愛媛へ、そして国へとつながるうねりを起こしていただきたいv-363



コメントを閉じる▲
20070226215655.jpg

上の花は、萩生のある地区を歩いていた時に目にした花です。当家の了解を得て撮影しました。
 昨日は久しぶりに松山に。そして、連合愛媛主催の春闘決起集会に参加をしました。

 今回、小生は客席に座るんじゃなくて、ステージの椅子に座りました。一つ一つの次第を消化し、今春の県議選に出馬する予定の候補者として紹介をされ、一言挨拶をしました。

 久しぶりに多くの観客を前にして喋るということで、内気で小心な小生なんて上がってしまって頭の中は真っ白。思ったことの3分の1も喋ることは出来ませんでした。

 ま、それでも詰まることなく喋ることができてホッとしました。

 そしたら津田君のコメントには予想外の身に余る賞賛の言葉があり、少し気分を良くしました。津田君ありがとう。

 また、官公労を代表して発言をした県職労の安田青年部長も威風堂々と落ち着いて、しっかりと喋りました。

 なるほど、津田君曰く「アゴの自治労の面目躍如」?。それは安田君に失礼ですよ。

 今日、小生の事務所に県本部のK書記から℡。その折に「津田君のコメントを見た?」とまたまた押し付けがましく小生は問う。

 そしたらK書記は「見ましたよ。全く同感ですよ。書記長の声はよく通りますから」?!。

 あのー、小生が聞きたかったのは声じゃなくて、話の中身なんですけど・・・。K書記さん・・・。

 そして、昨日は懐かしい方から電話があり、嬉しくなりました。その方は自治労の滋賀県本部の方で、自治労連との競合単組の中で大変なご苦労をされ、さらに組合作りのエキスパートとして小生が「師」と仰ぐ方です。

 ところがなんとこの方が、3月17日に行われる新居浜での集会にわざわざ来てくれることになりました。

 おまけに「受付でも何でも石川さんに言われたことをしますよ。そして○○さんと一緒に行きますよ」だって。

 なんと嬉しいじゃありませんか。これが全国の自治労のネットワークなんですね。

 そんな嬉しい言葉を胸に、今朝は6時に起床。そして、菊本入り口で7時から1時間半喋り続けました。

 不思議なんですが、意外と喉がやられてないんですよね。やはりこれも野球で鍛えた成果なんですかね。

 これから残された期間は40日。頑張るぞー! 

【2007/02/26 22:29】 | 未分類
トラックバック(0) |

(^^;;ゞ
Zin.
津田さん、直しました。
事務所のカレンダーが日曜始まりだったので大雑把なオレは数字の色なんか気にせず、位置だけで勝手に判断してました。

訂正をお願いします
津田博幸
 お知らせ欄に掲載されている『県政・市政を語る集い』の日程ですが、3月17日、日曜日となっておりますv-405
土曜日ですよねv-363
Zinさん、訂正、よろしくお願いしますv-421


礼には及びません
津田博幸
 お褒めにあずかり光栄ですv-254。石川さんには気分良く街宣活動をしてもらわなければいけませんので、「贔屓目に見ても」とおことわりしていますように、出来るだけテンションが上がるように、その期待も多少は込めておりますv-8。K書記の“お言葉”の中にも、それは読み取れるのではないかと思いますv-221

 話変わって、今年4月24日に全国の小学6年生と中学3年生を対象に、国語と算数(数学)の2教科で『一斉学力テスト』が行われます。

 子どもの学力低下が目立ち始めたため、競争意識を涵養し、世界トップレベルの学力水準を確保するのが目的のようです。

 ところが、全国の小中学校の99.9%が参加するこの『一斉学力テスト』に、愛知県の犬山市教育委員会は「不参加」を決めたそうですv-405

 理由は「特定の科目を点数で競わせる手法は、当市の教育方針と相いれない。競争原理で学力を上げる発想とは“学力観”が違う」ということのようです。至極、明快な答えだと思いますv-424

 点数によって学校も子どもも「ランク付け」が行われます。もし、自分の子どもが「1,219,377番」だったらどうしますv-361

 公表はしないとは言っていますが、学校へは学校の平均点と順位、子どもの点数と順位が返されるそうです。こういう情報は得てして漏れるものですv-399

 そうなったら、ホントに“まとも”な教育が行われるでしょうか。

 教育熱心な保護者は水準の良い学校を選び、子どもは学校と塾通いを強いられ、周りのことには一切無関心。学校はメンツを保とうと来年のテストには成績の良くない子どもを強制的に休ませて水準を上げる。

 結果的に学校と子どもたちを選別し、「教育格差」を助長することになりますv-404

 事実、大都市では水準の良い学校に人が集まり、学校を中心とした街を形成していることろも出てきていますv-355

 このテストの費用は、採点や分析の業務もまとめると60億円とも80億円とも言われています。結局、教育市場万能主義に呑み込まれ、豊かな人間性は失われていくのでしょうかv-40

 世界には、学校に行きたくても行けない子が5人に1人の割合でいるそうです。行けない理由は国や地域によって異なりますが、無限の可能性を秘めた子どもたちを通して、「学ぶ」ということを私たち大人も考え直す必要があるのではないでしょうかv-219

 教育や社会の「病理」を人権の「摂取過多」に例える文部科学相では話になりませんv-12

 子どもたちの苛め、高齢者への虐待、後を絶たぬDV、事実をでっちあげる警察の捜査、などなど…。これら人権に関わる課題がいくらでも山積しているというのに、人権をないがしろにした発言は、かの厚労相と同レベルの見識の無さ、感性の乏しさの何ものでもありません。

 「言葉遣いで思慮深さが、使う言葉で知識が知れる」ということです。

 我らが『元気派・石川みのる』さんには、学ぶ楽しさを語れる政治家になってもらいたいものですv-218




コメントを閉じる▲
20070224122657

昨日は駅前病院の西側の交差点で早朝の挨拶を行いました。地元の東田の方や市役所の職員の方を始め多くの方から声援を受けました。もっとも例外の方は役所の方でも二人ほどいますけどね。

 でも、そんな声援を受けて、また元気にがんばることが出来ます。これからも声援をお願いします。

 小生が家庭を訪れても当然お父さん、お母さんが留守の家庭があり、お子さんが対応をしてくれる家庭もあります。

 そんな時、小生はお子さんに「写真と実物とどちらがいい?」なんて質問をします。そしたら10人の内、8人が「実物の方がいい」と言い、1人が「写真の方がいい」と言い、1人が「どちらとも言えない」という結果に。

 まあ、小生とすれば「実物方がいい」と言われる方がいいですよね。

 しかし、実際はどうなんでしょうか?このブログを見ておられる方はどっちがいいですか?少し知りたい気分です。

 今朝は河川敷で野球の練習をしている所にお邪魔をして挨拶をさせて頂きました。

 皆さん、ホントに元気です。好きな野球が出来て羨ましい限りです。小生もこの時期ならかなり走り込んでいるんですが、今年は歩きこそすれランニングは全くですからね。

 だから腹が出てさっぱりです。時間を気にせずにじっくりと走り込み、心地よい汗をかきたいですね。その走れる時が一番幸せな時間、空間です。

 ああ、走りたいなあ。

【2007/02/24 12:26】 | 未分類
トラックバック(0) |

写真と実物?
津田博幸
 “写真と実物とどちらかいい”ってv-361 それは勿論「実物」でしょう。

 写真に語りかけても笑顔は返してくれるが言葉は返ってきません。やっぱり石川さんは『喋ってなんぼ』でしょうv-8

 今日の連合愛媛の総決起集会への参加ご苦労様でした。さすがに選挙の年の集会ですから力の入れようが違いますねv-91。いつもより時間を多くとって、参加された全員が一言ずつ喋ったのは初めてじゃないんですか。いつもは代表者が紹介するだけだったと思います。

 各候補者、支援する産別組織の組合員の皆さんにはそれぞれ頑張っていただきたいと思いました。

 勿論、私たちも石川さんの当選に向けて、それを上回るような運動をしなければならないのは言うまでもありませんi-227。あと41日しかないのですv-399

 それにしても、この集会でも自治労の存在感は充分に示すことが出来たんじゃないでしょうか。

 多少贔屓目にみたとしても、石川さんの挨拶が一番良かったと思います。いつもの調子で流暢に、かつ理路整然と、「格差、格差」のオンパレードではなく、『人間・石川みのる』を良く表現出来ていて、それでいて伝えたいことはしっかりと入っていてv-218、流石でしたv-425

 また、決意表明を行った県職労のY青年部長もよくまとまっていて、堂々として素晴らしかった。八幡浜のU市議もいい味出してました。

 『アゴの自治労』の本領発揮と言ったところでしょうかv-411。それはそれとして、めざすは『運動の自治労』です。組合員の皆さん、頑張りましょうv-217

 今春闘の取り組み指標のひとつに「パート労働者等の均等待遇・処遇改善」が挙げられていますが、今や全ての労働者の四分の一、約1,300万人に達しようかといわれています。

 短時間労働者は企業側の使い勝手がいい労働者として扱われていますが、人それぞれ様々な理由であるにせよ、正社員と同じ仕事を行いながら、約6割の賃金水準であったり、雇用保険や年金などで制約があるなど、処遇の面で厳しい条件下に置かれています。

 労働組合を結成し、経営者側と交渉をすることなどなく(最近は結成の動きが出始めましたが)、正に「言い成り」で仕事をせざるを得ない状況にあります。

 経営者から賃金を貰っている『労働者』に変わりはない訳ですから、働く環境を整えることによって、今後の暮らしに安心が生まれてきますし、何よりも「働きがい」も出てきます。働きがいが出てくれば更に働く意欲が生まれ、それによって企業も業績を上げられる。そして労働者の賃金も増え、結果的に消費の拡大につながり、働く者も景気が実感できる社会で生まれる。

 言葉で言うのは簡単ですが、クリアしなければならないハードルは幾つもあります。しかし、大局的な視点にたって、それを実現するのが『政治』であり、『政治家』の仕事ですv-363

 雇用環境に生じた「ひずみ」を是正していくことが、社会保障、福祉、高齢化、少子化などの課題解決への道ではないかと思いますv-218

 我らが『庶民派・石川みのる』さんには生活者の視点で労働環境の改善を語っていただきたいと思いますv-421



コメントを閉じる▲
20070222090509

昨日は市役所前の交差点で早朝の街頭挨拶。今朝は西の土居の交差点。日中は暖かいのですが、放射冷却の関係で朝は冷えます。

 昨日は我が家では2度、今朝は3度でした。喋り始める頃はやはり寒いんですよね。

 で、昨日訪問をした家庭で21歳のお嬢さんが応対してくれました。話をすれば小生と同じ東高校の卒業生ということで、従来の家庭訪問とは違って異例の「長話」になってしまいました。

 その話の中で彼女は小生が野球をしていたことを知っており、小生が歳の割りに若いとも言ってくれました。

 そこで小生はついつい調子に乗り、「去年6月に砥部の総合運動公園で計測をしたら50メートルは7秒4、100メートルは16秒4だったよ」なんて喋り始めました。
 
 そんな会話を二人でしました。と言ううよりも、よくよく考えると小生が一方的に喋ったようですが。

 そんな中で21歳の彼女は若いのに非常に人当たりが良く、感じのいい子でした。

 どこに行ってもこのように対応をしてくれれば元気が出るんですが、現実はなかなかそうはいかないんですよね。 

【2007/02/22 09:05】 | 未分類
トラックバック(0) |

日付が替わってしまいましたけど…
津田博幸
 今日は2月22日。数字の並びと鳴き声「ニャン・ニャン・ニャン」の語呂合わせから『猫の日』。

 私の家にも現在三匹が住み着いている。よって、先般紹介した愛犬一匹を含めると、人間の数よりペットの数の方が多い。因みに男女の対比は2対4、子どもが帰ってくれば2対5。それもそのはず、津田家は女系家族v-405。無論、女帝がおなりあそばすv-399

 猫に話を戻すと、「猫に小判」「猫の額」「猫をかぶる」などあまりいいイメージには例えられない一方で、商売繁盛や開運の縁起物としては『招き猫』が有名ですね。

 我が家にもいろいろな『招き猫』がおりまして、右手はお金、左手はお客を招いていると言われ、白色は福を招く、赤や黒色は厄よけ・病除け、金色は金運を招くなどの御利益があるそうですv-421

 中には両方の手を挙げている欲張りな猫もいますが、私にはどうしても「お手上げ状態」にしか見えないのでお勧めはいたしませんv-40

 もう一つ数字が揃うと言えば、このブログのアクセス数。めでたく今日「6666」がクリアされた。今回もまたまた残念、次の「7000」をめざすゾv-217

 この位のことで一喜一憂するんだから平和と言えば平和ですねv-75

 「一喜一憂」と言えば、支持率低下などをいちいち気にすることなく、精神的にタフな意味で『鈍感力』という言葉が登場し話題になっている。現実には「一喜」は思い当たらず憂いてばかりだと思うのだが、長く落ち込むより素早く立ち直る鈍感さが必要だというのだ。

 言われてみれば「なるほど」と思うのだが、いい意味での『鈍感力』は、その対極にある『敏感力』とのバランスがとれていて始めて作用するのではないか。

 格差と正面から向き合おうとしない姿勢、失言と批判が相次ぐ閣僚の資質と進退問題、事務所費で改めて問題となった政治と金の疑惑、充分すぎるほど「鈍い」ではないか。

 今必要なのは国民の声をよく聞くことだ。

 “お行儀”の悪い閣僚連中に今頃になって首相への忠誠心を求めるようなことでは「鈍感力」もあったものではない。早い話が求心力のあるリーダーではなく、単なる仲良しグループと揶揄された内閣を露呈してしまう結果となったことさえも判らないような「鈍感」さでは思いやられる。

 それよりも何よりも、多少鈍くてもいい、世論を真摯に受け止め、何を解決していかなければならないかを見定める『判断力』をまず示してほしい。政策云々ではなく国会議員としての資質が問われているv-219

 我らが『さわやか派・石川みのる』さんには野球で培った様々な「力」を発揮していただきたいv-237


コメントを閉じる▲
20070220091828

昨日は城下橋の東詰めで早朝の挨拶を行い、昼は某新聞社の取材。

 この取材の中で、色々なやり取りがあって後、記者曰く「石川さんは毎朝、街頭で挨拶をしているそうですね。明日、取材に行きたいのですが」と。

 その言葉を真に受けて、今朝は高木の交差点に何時もより早めに現着し、記者がいつ来るのかと何度も振り向きながら、張り切って1時間半喋りまくった。

 しかし、何時まで経っても記者の姿は見えない。マラソンで言えば30キロを過ぎる頃からはオーバーペースがたたって、いささかスタミナ切れの感じ。

 最後の競技場内(8時半頃)になるともう惰性になってしまっていた。アー疲れた。

 事務所に帰って早速、件の記者に「抗議」の電話をした。「今朝来るよう言ってたけど、来なかったね。と優しい口調で。

 で、記者曰く「突発的にトラブルがあったもので」と。

 こちらからはもうこれ以上言えないのが小生のような立場の身。

 さあ、明日はどうなりますことやら。 

【2007/02/20 09:18】 | 未分類
トラックバック(0) |

お疲れ様でした
津田博幸
 犬も歩けば棒に当たる、じゃないですが、投げた棒よりおいしい獲物でも見つけたんでしょうv-16。ブンヤさんやマスコミは、得てしてこちらの都合なんか気にしないですから、「そんなもんよ」と思っていたら間違いないと思いますv-414

 それにしても毎朝1時間半の演説、ご苦労様ですv-421。とてもしゃべれるもんではないですが、これも自治労運動の成果ですかね。『アゴの自治労』の面目躍如というところでしょうかv-411

 話は全く変わりますけど、ネットを見ていたらおもしろい話を見つけましたのでご紹介します。

 インドは、中国やロシア、ブラジルとともに、今後の世界経済を牽引する国として注目されています。人口は若年層比率の高い10億人を抱え、市場として、製造拠点として大きな潜在能力を有していると言われています。

 そのインドと言えば、カレー、カースト制度、タージマハルなどが思い出されますが、人物でいうと“インドの国父”と言われた『マハトマ・ガンジー』でしょう。

 今から約60年以上も前に書かれた「20世紀末の予言」には、20世紀末の世界は次のようになるという予言『20世紀末 資本主義・7つの大罪』がありますのでご紹介します。

 i-165 原則なき 政治
 i-166 道徳なき 商業
 i-167 労働なき 富
 i-168 人格なき 教育
 i-169 人間性なき 科学
 i-170 良心なき 快楽
 i-171 犠牲なき 宗教

 世界への警鐘というより、見事に「現在の日本」を表現していると思いませんかv-362

 誰のため、何のために行われているか解らないような国会や自分のことしか考えていない政治屋、偽装、捏造、改竄が日常茶飯事のマネーゲーム、それを富とした象徴であるヒルズ族の失墜劇、過当競争に煽られ人としての生き方、教養が失われつつある社会、命が軽んじられる世相、………。

 できればこれらの対処法も示してもらいたいと思ってしまいますが、どの予言にもそんなものは用意されていなくて、正に「今、生きている自分たちで何とかせよ」と厳しい命題を突きつけられているようです。v-356

 すべてとはいかないまでも、せめて自分たちの子や孫に、自信を持って語れる明るい未来や、希望が持てる世の中にして引き継がせたいですね。それが「今」に生きる私たちの『志命』ではないでしょうかv-218

 我らが『庶民派・石川みのる』さんにはその「志のタスキ」をしっかりと繋いでもらいたいと思いますv-219





コメントを閉じる▲
20070217090333

上のスイセンは小生を推薦してくれているスイセンです。実を言うと、このフレーズは石川尚志市議の「事務所開き」でのパクリです。スミマセン。
 
 昨日の朝は高木の交差点で早朝での街頭挨拶。この日はこれと言ったトラブルもなく、ゴホゴホと1時間20分喋り続けました。アー疲れた。

 徐々に反応が良くなっていると感じるのは気のせいかしら?

 夜は文化センターの中ホールでの「市長と語る会」にオーディエンスとして参加。ところが何の打ち合わせもなく、市長から参加をしている現役の市議会議員、県議会議員に続いて「予定をしている人」として紹介をされました。

 心の準備が出来てなかったのでびっくりしたな、もー。

 で、その「会」の中身、特に市長がビジュアルに説明したのは小生も随分と勉強になりました。参加してよかったと思います。

 でも途中、疲れからか少し居眠をしてしまいました。ごめんなさい。

 今朝は8時から某事業所の朝礼にお邪魔をして、挨拶をさせて頂きました。社長さんとその息子さんを除いて初対面の方ばかりで少々上がってしまいました。内気は損をしますね。
 
 その後は昼食を某喫茶店で取って、ずっと挨拶回り。この喫茶店はママさん始め人当たりがよく、感じのいいお店です。

 皆さんご利用ください。と言っても、「某喫茶店」ではわかりませんよね。知りたい方は小生に連絡をしてくれればお教えします。

 夜は某労働組合の春闘を控えての臨時大会。そこで冒頭に挨拶をさせて頂きました。

 このように現場で汗して働く皆さんがゆとりや豊かさを実感できるような行政を進めなければならないと思います。

 明日は自治労愛媛県本部の執行委員会が新居浜であります。
 お天気が良ければいいんですけどね。

【2007/02/17 09:03】 | 未分類
トラックバック(0) |

石川さんへ
宇都宮理
 今日(2月18日)は、石川ファミリーにお会い出来てよかったです。
 皆さんに暖かく迎えて頂いて感謝感激です。
 執行委員会の様子を私のブログ(といっても写真中心というか写真だけですが)に載せさせて頂きました。
http://lee1961.exblog.jp/

 今日、事務所で「あの人が津田さんか」とつぶやいている方がいらっしゃいましたよ。

 



いちごのチー
 石川さん自身は自分のことを、誉めたり自慢したり出来ないでしょうが・・・・・津田さんのコメントは“石川さんの人間性を、さりげなく上手にPRしているな”といつも感心しています。一人でも多くの方にブログ見て欲しいですよね!!

 『格差景気』 テレビのコメンテーターがパクリたくなりまよ。お見事v-218


オヤジ、入ってますよ
津田博幸
 又の名を「雪中花」というそうですが、清楚で凛とした気品がある花ですね。水辺に咲く姿が仙人に喩えられたところから「水仙」と呼ばれるようになったようですv-219

 「戦後最長の好景気」と「企業空前の高収益」の中で2007春闘がスタートをしましたv-217。景気回復の実感が無いことから「感無景気」と呼んだ方がおられましたが、何をもって「景気が良い」というのか疑問ですv-293

 先日も経済成長率が示されましたが、その裏には数字では表せ得ない国民生活の窮状が隠されているように思います。

 考えたんですけど、いっその事、『格差景気』と呼んではいかがでしょうv-363

 それくらい問題視されている現状を、政府は「格差が存在する」ことを素直には認めようとしないのは何故でしょうかv-361

 これまで日本は国家と経済力の維持強化に主眼がおかれた政治が行われてきました。国に活力が出れば私たち国民も豊かになれる、その発想が間違いではないのですが、それによって様々な弊害も生み出されたことにも目を向けるべきです。

 小泉構造改革によってそれはより顕著に現れてしまいました。弱肉強食の競争社会は企業や個人の間に「所得格差」を広げました。それによって年金、医療、福祉、教育など多くの格差が生じています。「金の切れ目が縁の切れ目」ならぬ「命の切れ目」と言っても過言ではありません。

 また、中央と呼ばれる大都市と地方の「地域格差」も深刻です。自治体の財政状況は言うに及ばず、そこからくる各種の公共サービスの質にも影響が出始めています。例えば社会保障でいえば、「給付と負担」の不公平感にもそれを見ることができます。

 世論を意識した「効率」のみを重視する社会システムの構築は、私たち過疎や高齢化で喘ぐ地域社会や、社会的弱者への目配りは期待できません。

 政府・与党も野党も、国民が感じている「痛み」や、あらゆる「格差」と正面から向き合い、真剣に議論していただきたいものですv-217

 その視点は、中央からの発想ではなく、地方の地域社会の現状と将来を見据えたものであるべきだということは言うまでもありません。

 我らが『庶民派・石川みのる』さんには、目指すべき地域の将来を語って頂きたいと思いますv-219


コメントを閉じる▲
20070214101930

この本文を記す前に早々と津田君から含蓄のあるコメントが寄せられました。

 彼の聡明さとスピードにはただただ敬服するばかりです。

 先日、関西地方の自治労の某元委員長と電話で話す機会がありました。
 この委員長さんは自治労にいはまと同じ自治労連との競合単組で、随分とご苦労をされてきた方です。

 そんな共通する環境でお互いが活動をしてきた関係で、四国と関西と距離は離れていてもずっと親しくさせて頂いていた方です。過去、新居浜にも何回か来て頂きました。

 懐かしく電話をさせてて頂きましたし、その電話の中で小生の選挙のことを随分と気にして頂いていました。

 4月8日までにその単組の組合員の方と小生の激励のために、何時間もかけて新居浜に来てくれるとのことです。

 こんな気持ちが嬉しいですよね。お互いに苦労を共有できるからこそ激励に来てくれるんだと思います。

 新居浜に来た時は決してスマートとは言えない小生の事務所で、こんな地方でも日本の平和と民主主義のために献身的に活動をしている新居浜の良識ある方々と交流をして貰いたいと思います。

 上の花は、新居浜の外山地区のあるお宅の庭にあった色鮮やかな花を了解を得て、撮らさせて頂きました。

 そのお宅の人が言ってましたけど、今年は暖かいから色も鮮やかなんですって。暖かいのは花の色にも良いし、選挙運動をする小生達にもいいんですよね。

 でも、季節外れに暖かいと冬物衣料が売れなくなったりする悪影響もあるんですよね。

 さあ、明日は何処に立って挨拶をしようかな?それはヒ・ミ・ツ。 

【2007/02/14 10:17】 | 未分類
トラックバック(0) |

お先にコメントさせていただきます
津田博幸
 最近は一年中何かのv-254花が咲いていて、心和みますv-238

 夕べ帰って愛犬『へーシンク』と散歩に行った時のこと、思いがけず「ウグイス」の声を耳にしましたv-405。まだ鳴きはじめなのか少々ぎこちないv-411。「まだまだじゃのぉ~」と思ってしまいました。「春一番」も吹いたということですし、ホントにこのまま春になってしまうのでしょうかv-355

 「ウグイス」と言えば「選挙」に付きもの。我が県本部の『麗しのウグイス嬢』ことS書記も(声がよv-364)、きっとウズウズしているに違いない。

 そのはやる気持ちを抑えようと、先頃この寒いのにわざわざ“雪v-276”を見に遠出をし、どうやら無事帰ってきているようだ。おそらく「雪見酒」ならぬ「雪見ビール」を目一杯浴びてきたに違いないv-426。勿論、「アサヒ」ではなく「サッポロ」だろうv-219。近々その顛末のお披露目があるだろう。期待して待ってますv-16

 「期待」と言えば、火曜日のアクセス数。先日の集会で宣伝したから、さぞ伸びるだろうと思っていたけど、今ひとつだった。やはり間に休みが入るとダメですねぇv-406

 大体人間の記憶力なんてものは、一晩眠れば前の日のことは半分忘れてしまうように出来ているそうですv-40。従って、残っていた半分も次の日には半分になり、その次の日も半分、そのまた次の日も………v-404。こうして一週間も経とうものなら『先週v-361 何かあったっけv-361v-363 』

 この世は思い通りにならないことばかりですね。でも、そうであるから「次、頑張ろう」という気になるのかも。

 子どもの頃、家庭や学校で受ける教育は、ある意味自分の感情をコントロールする術を学ぶのかもしれません。すぐに「切れる」ようなことのないように、親や教師が真剣に子どもと向き合って、人と人との関わり方を教える。

 とすれば、現在『教育再生』の議論が盛んに行われていますが、問題は私たち「大人の側」にあるということを、はっきりと認識しておく必要があるのではないでしょうかv-218

 それにしても『再生会議』の周辺には、手本を示さなくてはならない方がたくさんいますねv-217

 我らが『さわやか派・石川みのる』さんには、野球・スポーツを通じた人間形成教育の処方箋を示していただきたいと思っていますv-218

追伸
 先日のコメントで訂正がありますv-393。「お椿さん」を23~25日と入れましたが、正確には『24~26日』の三日間です。訂正してお詫び申し上げます。くれぐれもお間違えのないようにv-421




コメントを閉じる▲
20070213091555

昨日の朝はある人と某地区の挨拶回り。やはり知った人が横にいるだけに反応はいい。

 小生一人で行くと相手の方は「住宅リフォームの悪徳セールスマン」と思うのか、どうしても構えて緊張をするみたい。

 そこで小生には相手の反応を見ながら緊張を解きほぐすような話術、振る舞いが要求される。その「間」とかテンションのサジ加減が難しいのよね。
 
 夕方は某地区を自転車に乗って挨拶回り。暖かい2月とは言え、夕方に薄着で自転車に乗るとさすがに寒い。高田 渡の「自転車に乗って」なんて歌ってる場合なんかじゃない。

 まあ、こんな挨拶回りもいいかな?なんて思いました。
 そうそう、この挨拶回りでは超有名人の両親の家庭にもお邪魔をしました。小生は少し緊張をしたんですが、お陰でここでも愛想よく対応をしてくれました。

 で、上の写真は自治労にいはまの二人からプレゼントをされた心のこもった達磨です。有り難いことです。

 以前なら、片目だけを入れておいて、事が成就したら残りのもう一方の目を入れ、「両目を開ける」なんて何気なく言っていました。

 しかし、この頃は目の不自由な方つまり視覚に障がいのある方々に配慮をして、最初から二つとも書いておくというのが一般的です。

 もっともこのような配慮を全くしない方もおいでますけどね。件の柳沢厚生労働大臣やそれを擁護する人なんかは人を機械と認識しているんだから配慮なんて全然しないでしょうね。

 今朝は、3連休があったために久しぶりに5時に目が覚めて、早朝の菊本入り口の街頭に立って挨拶をしました。気温は3度。やはり寒い。
 昨日買ったベストを余分に一枚着込んで街頭に立ちました。お陰で上半身は寒さを感じないんですが、足先が冷たいんですよね。

 そこでチョッとしたトラブルがあったんですが、なんとか笑顔でいなしましたけどね。

 まあ、色々と大変です。

 夕方は小生の事務所に参議院の社民党比例代表に挑戦をする金子哲夫さんが来られました。

 かなり熱弁を振るわれていました。限られた時間の訪問だったので、小生が喋る時間は殆どありませんでした。

 さあ、明日はどこに立とうかな?それはヒ・ミ・ツ。
 

【2007/02/13 09:14】 | 未分類
トラックバック(0) |

2月14日といえば
津田博幸
 今日はバレンタインデーですv-25。今や“義理”ならぬ“義務チョコ”と言われるほど、「バレンタインデーはいらないv-363」という男性・女性が増えたようです。

 でも一方で、『バレンタイン 想いの数だけ チョコがある』と謳われるように、告白から恋愛、結婚へと愛を育むカップルができるのもまた事実v-291

 そんな“ときめき”は何処へやら…v-40

 ちょっと前から、いくら電話しても誰も出ないという「空き交番」が社会問題となって『体感治安の悪化』がささやかれていました。

 でも「交番」は日本が世界に誇る安全・安心のシンボルで、『KOBAN』の名で各国に“輸出”されていると、今回初めて知りました。

 そんな「交番」の力を改めて私たちに、正に身を以て示していただいたのが、警視庁板橋署常盤台交番の“お巡りさん”でした。

 警察官として市民を守るのは当然といえばそれまでですが、命をかけて職務を全うする、使命感、責任感か、または人として目の前の命を救いたいという思いだったのか。

 命が軽んじられる世相にあって、誰かの命を命がけで守ろうとする人がいます。自分の持ち場で誠実に職責を果たす人がいます。崇高な使命感から自らの仕事に誇りを持って働く人がいます。そんな人達の手で私たちの社会は支えられていると思います。

 偽装、捏造、隠蔽など職責を果たさないような不祥事や、人を人とも思わないような言動を改めようともしない倫理観の欠如が蔓延する社会であるだけに、いろいろなものを教えていただいた気がします。ご冥福をお祈りします。

 余談ですが、首相が異例の弔問に訪れたそうです。支持率回復を狙ったのかも知れませんが、弔問後のインタビューは頂けなかった。

 故人のお名前を2回も間違えてしまう不謹慎極まりないお粗末なものとなってしまってはどうしようもない。もっと真剣に人の命と向き合ってもらいたいものだv-217




Zin.
トラブルのおかげでオレだけ『特』しました。(^^)v

浦川隊長の指導のもと、ダルマさんの目を作成したのもオレです。
迷いがあった方(白)のダルマさんの目は微妙に大きさが違います。^ロ^;
貼ったのは浦川隊長です。
ダルマさん二人は「石川みのる」事務所のズッコケお留守番隊のズッコケぶりを見て爆笑しているはずです。
そのうちダルマさん達は笑い顔になるでしょう。(⌒_⌒)

コメントを閉じる▲
20070211114000
 昨日、9時からは自治労県本部の労働学校が新居浜のリーガで行われました。

 その労働学校では冒頭挨拶をさせて頂きましたが、時間は10分と制限をされていたので、言いたいことをことをかなりカットして喋らせて頂きました。

 その挨拶を津田君のコメントで褒めて頂きました。ありがとうございました。でも、正直恥ずかしいですね。

 その後、香川県本部の宝田委員長の地公法と公選法の話を他の組合員の皆さんと一緒に聞かせて頂きました。随分と参考になりました。

 昼からは県本部の皆さんのフィールドワーク。皆さんに大変にお世話になりました。この場を借りて厚くお礼を申し上げます。

 今朝の10時からは、社民党公認で3選を目指す小生の地元の石川ひさし市議会議員の後援会事務所開きでした。

 その前に時間が重なって参加できない他の候補者の事務所開きにメッセージを持参して激励に行き、石川ひさし先生の事務所開きに参加をして挨拶をしました。

 制限時間が3分というので、これまた結構きつい挨拶でした。

 地元で市議会議員と県議会議員の二つの選挙を戦う地元の皆さんには大変に申し訳なく思います。

 地元の皆さん、二人をよろしくお願いします。

【2007/02/11 11:38】 | 未分類
トラックバック(0) |

今日も暖ったかでした
津田博幸
 この連休は『よいよぬくかったのぉ』と思ってしまいます。

 暖冬だ、との前評判どおり、東京では観測史上初の「降雪なし」となりそうだと噂されはじめているようですv-12

 日本人はお天気の話が好きな民族だと言われますけど、ホント、朝のあいさつ、昼中道で人と会っても、二言目にはお天気の話題となりますv-278

 もう20年以上前ですけど、ある課長と収入役は、持論のお天気の蘊蓄を展開し合い、午前中いっぱい、その話で盛り上がっておられたことを思い出しますv-403

 こういうのを「のうてんき」と言いますが、『欧米か!』ならぬ『温暖化』はもはや他人事ではない一大事となってきましたv-399

 そうかと思えば、気象学者の中にはこれまでの地球の気候の周期からいえば「地球は氷河期に向かっている」という説を唱えている方もおられるとかv-405

 いずれにしても、地球規模での課題であるだけに、自国の利益のみを追求する国があることは理解に苦しむところです。韓国、中国では「美国」と書けば『アメリカ合衆国』を指すそうです。「美しい国」をめざすとは『アメリカ合衆国』をめざしているんでしょうか。そうなると『欧米か!』も一概には笑えませんv-412

 と、お天気の話は尽きません。「伊豫路に春を呼ぶ」と言われる「お椿さん」も今月の23~25日だったかなv-361 もう一回くらいは寒波が来そうな感じですv-276

 そういえば、我らが『庶民派・石川みのる』さんも、ブログのさわりはお天気の話が多いかも。



コメントを閉じる▲
20070209102309
小生の事務所に飾られている花です。そしてこの花は事務所開きの折にあるご夫婦がプレゼントをしてくれました。有難いことです。 

 今朝は天気予報では曇りということだったので、勇んで本日の挨拶ポジションを目指して、家を出たのですが、途中から雨に降られました。

 天気予報に騙されました。かと言って途中で挨拶を止める訳にもいかず、8時半頃まで傘をささずに初心貫徹で最後まで頑張りました。

 マイクを握ってしゃべり始め暫くして後ろを振り向くと、なんと小生の高校時代の女性の同級生が歩み寄ってきました。

 彼女は涙ぐみながら「稔君、ごめん。ちゃんと応援をしなければいけないのに、父の具合が悪く、十分な応援をできなくてごめん。頑張ってね。これからなんとかするから」とのことでした。

 そんな会話を交わして、固い握手をして彼女と別れました。やはり、持つべきは友との思いを再認識した今日の挨拶でした。

 雨にもかかわらず、頑張った本日の大きな成果でした。

 この挨拶を終えるとそのポジションから程近い事業所でコーヒーをご馳走になりました。

 気温はこの時期としては決して低くないのですが、それでも雨に打たれると体が冷えます。そんな中でのコーヒーは有難かったですね。

 コーヒーをご馳走になって、すぐに別子労働組合の臨時総会で挨拶をさせて頂きました。

 初めてお目にかかる方が殆どですので、小心者の小生は上がってしまいました。

 言いたいことの3分の1も喋らずに挨拶を終えてしまいました。内気で神経質の小生はやはり「政治家」には向かないんでしょうね。

 午後からは自治労愛媛県本部の都市評議会、町村評議会合同の春闘討論集会がリーガで行われ、夜には懇親会も行われます。

 小生はその懇親会に顔を出して、明日行われる県本部主催の労働学校で挨拶をする予定です。久しぶりに懐かしい顔に会うことを楽しみにしています。

【2007/02/09 10:22】 | 未分類
トラックバック(0) |

配布について
村上
昨日は配布活動皆さんお疲れ様でした。ほとんどがポストに投函でしたが、その中で10人ちょっとの人には直接手渡すことになりました。緊張しながら渡したのですが、「頑張ってください」「後援会にも名前書いたんで」とか良い感触でした。困ったのはどこの出身の人かとか石川さんのことについて聞かれたときでした。冷や汗かきながら質問には答えることができました。また機会があれば参加したいです。よろしくお願いします。

いろいろあった二日間でした
津田博幸
 雨の中での街頭演説ご苦労様でしたv-322。声がかすれ気味だったのはそのせいですかv-361 くれぐれもご用心をv-100

 昨日、今日と新居浜での集会や行動で大変有意義な時間を過ごすことができました。v-218

 昨日は初めての合同での討論集会で、「あいさつ」くらいしか出番がなかったですけど、久しぶりにいい緊張感を味わうことができました。v-356

 これを思うと、比べるのは失礼ですけど、毎日マイクを握っておられる石川さんの苦労が解ります。いつも流暢かつ巧妙な話術を展開される石川さんにはホント敬服します。v-421

 『模擬団交』はどうだったかなv-361。企画をした者としては非常に気になるところですv-355是非、ご意見をお聞かせくださいv-435

 今回もこの『ブログ』の宣伝もしっかりとしておきましたv-426。ただ、連休で火曜日までにかなりの時間がありますので、その点はちょっと心配ではあるんですが…v-404

 思いがけず 「v-380ストロベリーのチーさん」(で良かったのかなi-229)からお声をかけていただきましたv-291。いつも見ていただきありがとうございますv-421

 石川さんのブログで好き勝手やってますがv-80、おだてられるとますます図に乗るタイプなので、今後ともよろしくお願いしますi-229。それと、たまにはコメントの方もよろしくお願いします。v-238

 今日も新居浜の街を歩いて思いましたが、大洲の「五万人」と新居浜の「五万世帯」の差はとんでもないですねv-405。遣り甲斐があると言ってしまえばそれまでですがv-355

 でも、今日配布行動をしたうちのM書記長の話によれば、「手渡しできた方の反応は良かった」ということでした。v-218活動の成果が少しずつでも感じられれば『明日』につながりますねi-228

 しかし、今朝は参りました。起きたら何と「8時59分」v-399。急いで着替えて会場に入ったものの既に最初の講義が始まっていましたv-404。今日は出番が無いからとはいえ、不覚でしたv-12

 参加をされた皆さん、大変お疲れ様でしたv-421。まだまだこれからですので、これからもがんばりましょうv-217

 我らが『元気派・石川みのる』さんも、明日からもまた張り切ってまいりましょうv-91v-363



コメントを閉じる▲
20070207101844.jpg
あるご家庭の花です。色が鮮やかです。
昨日の朝は暖かくて6度もありました。小生は、小生の事務所の近くの長田交差点でマイクを握り、旗を二本立てて、早朝の街頭挨拶を行いました。

 日中は挨拶回りと葬儀が2件。夜は地域のお世話人の皆さんの集りに顔を出しました。

 皆さんの熱意が伝わり、元気が出ましたし涙が出る位嬉しかったですね。
 市役所OBの方も参加をしてくれましたし、小生の野球の関係の方も夫婦で参加をしていただきました。参加をいただいた皆さん、ありがとうございました。

 その後は某市議会議員の会合に顔を出させていただきました。
 「時間は?」と問えば「15分程度で。」、「15分もくれるの?」なんてやり取りをして話に入りました。

 導入は、初めて顔を見る方もおいでるので、小生の生年月日から喋り始めました。

 展開はいつもの構造改革や、規制緩和、自殺、柳沢発言、教育基本法の話を時間一杯喋りました。

 話が済んで、質問をリクエストをすると「アイランドリーグについてはどうですか?」との想定外の質問があり、少し困りました。ハハハ。

 候補者予定者曰く、「石川さん、話が上手になりましたね」なんて言われました。それに対して小生は「朝の街頭演説の成果かな?」なんてやり取りをしました。でも、やはりそんな風に言われると照れますね。

 今朝は楠中央通りの駅前病院の西側の交差点で行いました。ありがたいことに役所の皆さん方は車窓から声援を送ってくれます。

 声援があると我ながら調子が出て、益々ボルテージが上がりますね。

 まだ風邪が抜けないで薬を飲みつつ、ゴホゴホとやりながらの街頭挨拶でした。 

 

 また、通学をする高校生にも笑顔を振りまくのですが、笑顔で応えてくれる方もいますし、シカトする方もいます。まあ、これも個性なんでしょうね。

 しかし、毎度のことながら津田君はいつもいいコメントを提供してくれます。

 皆さん、必ず津田君のコメントを見てくださいね。

 小生の内容よりも絶対にいいですからね。 

【2007/02/07 11:19】 | 未分類
トラックバック(0) |

度々お褒めにあずかり恐縮です
津田博幸
 ご支援ありがとうございますv-238。県職のU委員長からも「自分のブログ持ったら?」って言われましたけど、そうなると仕事どころじゃなくなりますのでv-436、その点はご容赦をv-421。でも、頑張りますv-218

 今日は2月7日、何の日だろうと調べていたら、『北方領土の日』だそうです。

 執筆活動とともに長く返還運動をやってこられた作家の「上坂冬子」さんは、昨夏、歯舞海域で起きた日本漁船の銃撃事件について、自国の領海で、自国民が外国人に殺された重大事件に対して、なすすべもない日本という国の情けなさを嘆いておられた。

 日本政府が国民の命や権利に対してこんな態度なら「愛国心など持てない」とも言っておられる。総理自らが出席された今日の「北方領土返還要求全国大会」をどう見られたのだろう。

 「嘆く」といえばこちらも相当なものだv-40。言わずと知れた厚労相。……………ハァ~i-195i-181、だ。もう言葉に仕様がない。

 「言葉は心の使い」といわれるが、この方やこの方を擁護されている方の女性観や価値観は一体どう見ればいいのだろうv-361

 今年の「サラ川百句」の中に、「犬はいい 崖っぷちでも 助けられ」という句が出ていたが、いずれ厚労相もこう嘆くに違いないv-217

 ちょっと今日は重かったかなv-356

 我らが『さわやか派・石川みのる』さんの言葉には、それを裏付ける真実があるからこそ聞く人の心を捉えるのだと思うv-254




コメントを閉じる▲
20070205200649


 暖冬とはいえ、我が家の寒暖計は1度未満。今朝はこの辺で言うところの「大じも」でした。

 そんな中、今朝も神出鬼没よろしく、西の土居の交差点にマイクを握りつつ一人で1時間20分喋りました。

 普段は鶯のような声をしているのですが、ここ数日風邪気味のために鶯とまではとてもいきません。

 そんな中で、ある同級生からは「石川!マイクの音が聞こえんぞ!」とありがたい励ましを頂きました。

 あのスピーカーも決して性能が悪いわけじゃないいんですが、どうしても交差点では車の音で小生の鶯が聞き取りにくいのだと思います。

 もっとボリュームを上げれないこともないのですが、一杯にしてしまうとご近所の方の迷惑にもなるし。難しいところではあります。

 今朝はこの街頭での挨拶を終えると某事業所の朝礼で挨拶をさせて頂きました。あり難い事です。

 そして、午前10時からの葬儀に参列をして、お見送りをしました。故人は小生の親戚であり、サッカーの福西君のお爺ちゃんでもあります。

 生前は小生にも随分と優しくしてくれましたし、小生の父の選挙でも随分とお世話になった方でもあります。ご冥福をお祈り申し上げます。[

 その後は地元の方の葬儀。そして夜は市役所時代にお世話になった方のご母堂様のお通夜。その合間を見て、家庭訪問をしました。

 夜の会議では「石川みのるさんを勝手におす会」の正式な旗揚げとなりました。この会は小生がお願いをしたわけではありませんので、まさに「勝手」です。

 今後この「会」」から100円カンパの呼びかけがあると思いますので、その折はご協力をお願いします。

 で、上の写真は昨日の関西大学の東予地区の校友会(東予千里会)の総会で記念撮影をする直前に携帯電話で撮ったものです。スペースと携帯の機能上、あの程度しか撮れませんでしたので悪しからず。

 総会には地元の校友の皆さんはもとより校友会の本部や岡山、香川、の校友会からも参加を頂き、盛大に行われました。

 小生の記憶に間違いが無ければ、本部の副会長は工学博士、香川の会長は前副知事、岡山の会長は弁護士、愛媛(松山)の会長は元聖カタリナの校長だったような気がします。間違ってたら済みません。

 そんな面々が参加をしている場で、小生が会場で新居浜の先輩にかくかくしかじかと紹介をれると、皆さんから大きな拍手で声援を送ってくれました。あり難いことです。

 今日は6,000件を突破した日でもあります。前回の1,000件よりも7日早い到達となりました。

 アクセスを頂いた皆さん、ありがとうございます。今後もアクセスをよろしくお願いします。



【2007/02/05 20:06】 | 未分類
トラックバック(0) |

なかなか……?!
津田博幸
 連日ご苦労様ですv-421

 日中は早春を思わせるような陽気で過ごしやすいんですが、大洲市内の中学校では集団風邪で学級閉鎖が出てしまいましたv-400

 入学試験を控えておられる受験生の方、ご家族の皆さんは大変気になるところですv-388

 気になることと言えば、収束の気配がない大臣の発言問題v-355。今週は遂に「辞めます」と言うかと思えば相変わらずの続投宣言v-293

 今日に至っては、あろうことか他人の選挙結果を良いことに「禊ぎは終わった」かのような強気な態度に一変したとかv-414。開いた口が塞がらないとはこのことだv-40

 閣僚や党役員から政治資金や問題発言が次々と噴出するもんだから、遂に党幹部からも「これほどオウンゴールがあったのではたまらない」とボヤキも報じられているようだv-12

 政府は今国会に「NSC」創設の関連法案を提出する方針とのこと。『国家安全保障会議』の略称らしいのだが、「NSC」といえば吉本興業が開校している『お笑い芸人養成学校』も『New Star Creation』略して「NSCv-219v-237

 なるほどv-364 「オウンゴール」とはうまいこと言うなと思っていたら、そういうことだったのねv-405

 一言、言わせてもらっていいかな、「真面目にやれよv-217

 と、今日もオチがついたところで、楽しんでいただけましたでしょうかv-8

 我らが『元気派・石川みのる』さんも適度に息抜きをしながら励んでいただきますようにv-421



コメントを閉じる▲
 20070204103701.jpg

昨日は土曜日のために早朝の街頭での挨拶はありませんでした。
 
 その代わり、市内全域で挨拶回りを行いました。

 狭い道も遠慮なく進むために助手席に乗っている人は、体を細くしたり、お尻を上げたりして大変です。もっとも道の幅や車の幅はは変わらない訳で、体を細くしたり、お尻を上げたりしても何ら変わらないのですがね。ハハハ。

 途中、事務所には40S、50Sで一緒に野球をした人や東高校の野球部の先輩も事務所に激励に来てくれました。有難いことです。

 夜は同級生のA君が「今日ショッキングなことがあった」とのことで、小生も久しぶりに小生も風邪気味の体に栄養を補給すべく焼肉を食べたくなったので、ブログのお師匠さんと共に急遽3人で焼肉を食べに行くことになりました。

 このブログの女性の読者から「みのるさん、焼肉をたべすぎですよ」
なんて指摘を受けていたので、少し控えていたので、久しぶりです。

 A君の話を聞き、宥めつつ久しぶりの焼肉に舌鼓を打ちました。久しぶりに食べたのか、3人で25,850円も食べてしまいました。ちょっと食べ過ぎたかな?また、腹が出そうです。

 今日は四国中央市で関西大学の校友会(東予千里会)の総会が行われます。

 その中で、校友の皆さんが小生のために如何なる演出をしてくれるのか楽しみです

【2007/02/04 09:18】 | 未分類
トラックバック(0) |

焼肉はいいよなぁ~
津田博幸
 お寒い中、ご苦労様ですv-421。でも例年より暖かいと言うし、雨に降られることも少ないようだし、まずまずではないですか。

 「キリ番ゲット」は又も持っていかれてしまいました。まぁ、女性が笑っていられる世の中は「平和」だと言いますし、そう思って自分を納得させるしかやり場がないのも事実v-406。次、がんばるゾッv-293v-363

 「政府は帆であり、国民は風であり、国家は船であり、時代は海である」と言ったのは、ドイツの評論家、ベルネ氏だそうだ。

 今の我が国に例えると、風を受ける帆はタガがゆるんだうえに穴だらけでボロボロでv-405、そこに吹き付ける風は強烈かつ四方八方から舞って荒れ狂い、止む気配は無いv-412。しかも肝心の船は、偽装、改ざん、捏造、欠陥、隠蔽などのお粗末な材質で辛うじて船を形づくっているという代物でv-404、とても今の荒海には漕ぎ出せないv-399

 そんなところだろうか。そう言えば、民主党のCMもこの類の帆船だったような……v-393

 昨日の愛知県知事選と北九州市長選をみても、時代が何か今までにない「変化」を欲しているような雰囲気が感じられたり、宮崎では「昨日の敵」を腹心になびかす“東風”が吹いている。

 すべてのことに流されるようでは、国政を預かる官僚としては失格だろうが、頑固にも程があるというもの。

 安倍内閣が大切なのか、大臣のイスが大事なのか、それよりももっと大切なものが他にあるんじゃないですか。少子化対策を担当する大臣が、少子化の責任はまるで女性側にあると言わんばかりの、女性の人格を踏みにじった発言に、自ら責任をとらなければならないのではないですかv-217

 「教育再生」を謳う政府の一員であるならば、国民やその一部始終を注視している子どもたちに、自らが「範を示す」ことで応えようという発想はないのですかv-217

 ちょっと前、育児休暇をとった英国のブレア首相に、世界中の女性が拍手喝采したことを、大臣はご存じないのでしょう。「恥の上塗り」は見苦しいですよ。v-40

私たち国民の気持ちを代弁する『庶民派・石川みのる』さんにますます期待が募りますv-91



『アシスト賞』?
津田博幸
v-237 又しても擦っただけだったv-436

 昨晩、愛知県知事選と北九州市長選の開票速報を見るべくパソコンを開いて一喜一憂した後、気になるアクセス件数をチェックしてみると「5988」番。

 ゲッv-40、これでいくと、また明朝だv-39

 朝一、職場でブログを開くと「5998」という無情のお告げv-16

 仕方がないので(何が仕方がないのかよくわかりませんが、)県本部へ電話を入れて、「今、5998番よ。」v-239

 その後、県本部の事務所内が狂喜にも似た歓声に包まれたことはご想像にお任せしますv-356

 『アシスト賞』って、無かったっけv-236  おこぼれ、お待ちしておりますi-241

 と言うわけで、「6000番ゲット」の現場からは以上です。


万歳三唱
S書記
v-238やりました。v-816000番ゲットv-20今度は全くの偶然でv-221(いつもそうですがv-8

 朝、津田さんから電話もらった瞬間、反応的にブログを開けてしまい「もうすぐ6000番だよ」と言われ「しまった開けてしまったv-12と思ったら偶然にv-238お~ほっほほ~。

 土曜日に女性部の幹事会があり、そこでも問題発言に対する抗議の話題が持ち上がり、「そうよ、そうよ」とやはり怒りは同じでした。v-42
中央本部の常任幹事もきていただいていたのですが、彼女は「女性だけでなく、男性に対しても暴言であり、女性も男性も「機械のように扱う」戦時・戦後直前の時代から政府はなにも変っていない。と言われました。v-237
 全くその通りです。人間を機械扱いする発言に男女ともに怒りを結集しなくてはなりません。v-42
「人が住んでいるから、そこに電気が、水道が、教育ができる」と公務労協の事務局長が以前の講演で言われてました。今、電気を水道を教育を求めて人が動かなくてはならなくなっている時代になりつつあるような気がします。
 どうやら庶民がおかしいと感じることと、政府がおかしいと感じることには大きなズレがあるようです。この格差解消が庶民派に課せられた大きな仕事ですね。


ププッ( ̄m ̄*)
Zin.
『焼肉』効かんかったねぇ。

コメントを閉じる▲
20070201230748

小生のキャッチコピー「いつも笑顔で平和に暮らし隊」を背中に記したジャンパーが出来ました。

 試しに小生がモデルとなって撮影をしたのですが、小生の後頭部が異常に薄いのがわかりました。普段、自分では後頭部は見えないので、この写真を見て納得。ほんとに寂しなりました。

 でも、このあとこのブログを見た人から「実物はそんなに気にするほど薄くないですよ」と。少し気が楽になりました。
 
 今朝も7時過ぎから8時半まで約1時間20分。裁判所前の交差点でマイクを握って挨拶をしました。今朝の温度は3度。風がなかったので助かりました。でも、反応はまだまだですね。

 しかし、例の柳沢大臣の発言は許せないものがあるのは当然です。今日の愛媛新聞の投稿欄に36歳の女性が投稿をしていました。

 その通りだと思います。更にこのような大臣の首を切らずに「職務に専念をして欲しい」と「再チャレンジ」を促す安倍総理。こんなことが「再チャレンジ」の意味するものであったなんて知りませんでした。

 こんな大臣を擁護する安倍総理も閣僚も自民党の議員センセイも同じ穴の狢。即刻辞めて欲しいものです。

 で、今度新居浜の県議選に立候補を予定している他の皆さんはどのように考えているのでしょうか?

 安倍総理や柳沢大臣を擁護するなら立候補の資格はないと思うのですが、皆さん如何お考えですか?

 で、このブログも今日、明日で6000突破、なんてことになるかも?
前回の1000件よりも8日から9日も早く到達かな?

【2007/02/01 23:06】 | 未分類
トラックバック(0) |

いいなぁ、そのジャンバー
津田博幸
 人が着ているのを見ると何故か欲しくなるのは私だけでしょうかv-291

 久々に出ました『S書記』 v-315 怒り心頭とはこのことで、見事に炸裂しておりますv-217。このブログをご覧の女性はもちろん、世の女性の憤りを代弁して余りある意見だと感服しておりますv-218

 「国民の代表だったっけ?」その問いにお答えしましょう。昨日もお示ししたように、国会議員は地元有権者の柵(しがらみ)と共にあります。

 従って、自分のため、党のため、安倍内閣のため、地元有権者のため、自分に献金してくれる業者・団体のため………、そして国民のためv-16

 「国民のため」を思って議員活動をしている方がどのくらいおられるのか怪しいもんです。まだ心の片隅にあるようなら救いようがあるというものですが、かの大臣には望むべくも無いでしょうv-40

 どんなに謝罪、陳謝しても言葉に気持ちが込められていないと感じるのは私だけでしょうか。

 物事にはタイミングが大事です。引き際を間違うと更に傷口が大きくなってしまうように思います。『辞任』は勿論ですが、『辞職』と言われてもおかしくない、それほど重大な問題発言ですv-237

 何しろ国民、有権者の半数以上である女性を侮辱したわけですから。しかも国外のメディアも大々的に報じていますから、今後の外交にも影響が出るのは必至ですv-356

 ホントに心の底から「申し訳ない」と反省しているのなら、『辞職』してゼロからやり直すしかないでしょう。

 政府は近く、少子化対策の戦略会議を発足させ、かの大臣も当然そのメンバーになるでしょう。国民の世論との相当なズレを放置したまま、新しい政策を打ち出したとしても、信頼回復など出来るはずがないということがどうして解らないのでしょうv-236v-237

 作家の山田風太郎さんは、産科研修の際の日記に「実に人間は、母の血潮の中に最初の叫びをあげるのである」と綴ったそうです。

 人間誰しも『』のお腹から生を受けてこの世にあるのです。それを忘れてしまっては『』とは言えません。

 人を大事にする政治を、『さわやか派・石川みのる』さんに託しますv-237

 今日の降り積もる雪のように、石川さんの双肩にはみんなの期待が集まりますv-354



国会って国民の代表だったっけ?
S書記
 長い間の公務大変ご苦労さまでした。v-20いろんな事があったかと思いますが、それはすべてこれからの「石川みのる」の糧になり人生を豊かにしていってくれるものと思います。
 ところで最近のニュースですが、「問題発言」を許せるのか。
人間だから失敗はつきものですが、つい?うっかり?では、すまされない立場というものがあり、「言葉に意識あり」つまりは、そのうっかり言葉は、「しっかりと意をもって」発したものであり、その人の意識・認識をはっきりと現しているものだと思います。
それだけの意識の方に国の貴重な税金をつぎ込むのはいかがなものでしょう!
 しかも総理は「今後発言には注意するように」だとか。注意して直るわけないだろ。しかも重ねて「家内からも厳しく言われ・・・」「家内?」普通のおじさんは、そんな風に言うかも知れませんが、大臣たる人があの発言の後の反省の言葉として、妻を「家の内にいる女」と発言し、「ダメだこりゃ」とアゴが外れそうになったのは私だけではないでしょう。
 しかもまた、某大臣は「彼を守っていきます」って?「何から守るの?」悪いのは、発言に対して抗議している国民なんですか?もう、こんな内閣イヤ!みのるさんどうにかして~。


コメントを閉じる▲
20070201091140
20070131224955.jpg

昨日は小生にとって最後の新居浜市職員の日。というよりも28年10ヶ月勤めた新居浜市役所を退職をした日でした。

 9時から辞令交付式。小生にとっては最初で最後の市長からの退職辞令の交付です。

 28年と10ヶ月。色々なことがありました。人生の半分以上でしたから。

 辞令を受け取り、庁内や水道、消防の職場を訪れて退職に際しての挨拶回りをしました。行く先々で励ましの言葉などを頂戴し、小生の携帯にも励ましのメールを数多くいただきました。

 時としてこみ上げるものがあり、正直、目頭が熱くなる時も。
 
 ホントに永い間お世話になりました。

 夜は市役所野球部の送別会が「武蔵」で行われました。市役所の黄金期も含めてプレーができたことを誇りに思いますし、このように小生の送別の宴を持って頂いたことに感謝の気持ちで一杯です。

 市役所の野球部に入った若い頃はホントによく練習をしましたし、
シーズンになれば昼休みにも汗を一杯かきかきキャッチボールもしました。

 それが礎となって国体に3回も出場できました。今になってはホントに懐かしい思い出です。

 送別会では花束、更に身に余る記念品を頂戴し、最後は会場の外で皆で胴上げまでして頂いた上に皆でお見送りまでして頂きました。

 こんな多くの友を持っていることを誇りに思います。皆さん色々と機を使って頂きありがとうございました。

 一夜明けて、市役所を退職し、何にはばかることもなくなったので、今朝は早朝から東城の交差点に立ち、マイクを握って街頭での挨拶行動をしました。

 まだまだ本番ではないので、反応は少ないのですが、それでも市役所の仲間を始め予想以上に多くの方が声援を送ってくれました。ありがたいことです。

 これから神出鬼没ではありませんが、所を変えて早朝の挨拶を行います。でも、正直、場所取りが大変なんですよね。

 このブログの読者を始め、小生を街頭で見かけたら声援をお願いします。

【2007/02/01 09:10】 | 未分類
トラックバック(0) |

冬らしくなりました
津田博幸
 2月になりました。なったとたんに冬型が強まって、今日は一日雪が降ったり止んだりv-276。今晩から明日にかけてがピークのようですv-356

 ようやく四駆スタッドレスの出番。今回は期待できそうだv-8

 その一方で、相変わらず期待が出来そうに無い今国会v-12。かの大臣もなかなかしぶといv-413。首相も「失言しても職責を全うしてもらいたい」と擁護する姿勢v-405。『再チャレンジ』とはこういうことだったのv-361

 いつだったか聞いた話。
「国会議員は地元の県民のことしか考えてない。県議会議員は選挙区の市町村のことしか考えていない。市町村の議員に至っては自分のことしか考えていない。では、一体誰が日本のことを考えているのか。大丈夫、日本のことはちゃんと『アメリカ』が考えてくれている。」v-399

 何とも情けない、しかも少なからず当たっているだけに、笑うに笑えないところが妙だ。なんとかしなきゃぁねv-40

 我らが『庶民派・石川みのる』さん。愛媛、新居浜から変えようではありませんかv-363

 月の初めにあまり芳しくない話では先が思いやられますので、ちょっと趣をかえて、奈良県が募集・編集した「幸せなふたりのであい100選」から大賞の作品をご紹介します。


風船が運んでくれた幸せの赤い糸
小学校のとき、学校の企画で風船を飛ばしました。
風船の中には、生徒それぞれが書いた手紙を入れたのです。
僕は、「一緒に花を見に行こう。一面の花畑を」と書いた手紙を入れて、
大空へと風船を飛ばしました。

そして、風船のことなんかすっかり忘れてしまった17歳の夏。
アヤという少女が僕の高校に転校してきました。
席が近かったこともあり、お互いの話をするようになってすぐに仲良くなりました。
ある日、国語の授業で、自分が大事にしている宝物と、
それにまつわる話を一人ひとりが発表することになりました。
このときアヤが、木にからまっていた風船と、その中に入っていた手紙の話をしたのです。
そのとき僕は、「そういえば小学校のときに……」と、当時のことをなんとなく思い出しました。
そして、授業が終わってから、アヤに詳しい話を聞いてみたのです。
すると、僕が風船を飛ばした時期とアヤが拾った時期がほぼ同じだったことや、
アヤが拾った場所が隣町だったことがわかり、妙な気分に襲われたのです。
アヤは、風船に入っていた手紙には、「花畑を見に行こう」と書いてあったと言います。
僕は、立ちすくんでしまいました。
「その手紙に、ドラえもんの絵がかいてなかった?」「なんで知ってるの!?」
驚きながら、ふたりは一瞬見つめ合いました。僕の飛ばした手紙でした。
アヤは笑いながら僕に言いました。「花を見に行こう」と。

コスモス畑が初デート。ひまわり畑でプロポーズ。そして、僕たちは結婚しました。
いまでも手紙を大事に持っています。僕たちふたりを引き合わせてくれた手紙は一生の宝物。
生まれた子どもにも僕たちの出会いを教えてあげたいと思います。
この子にも、僕らのような出会いがありますように。』


 まるで映画のストーリーのような素敵な出会いですねv-434

 明日2月2日は、何を隠そう、私の結婚記念日ですv-308。こんな出会いではなかったですけど、21年、お互いによく辛抱したものですv-16。明日はささやかなお祝いでもしますv-218v-238


コメントを閉じる▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。