愛媛県議会議員の  庶民派・元気派・さわやか派  石川みのるが見て歩き、いろいろな思いを語ります。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

20161223スマホの写真
 
 はやいもので、今年もあと8日を残すのみとなりました。

 このブログも忙しさにかまけて、ひと月あまり更新をしていませんでした。

 年末年始を控え、掃除や年賀状作りなど、それぞれが日常と違った慌ただしさを感じておられることと思います。

20161219 申し入れサイズ変更

 小生もそれ以上にこの時期にやっておかなくてはならない一つに議会報告の新年号の作成があります。

 今年はカレンダーの関係で24日の午前には納品してもらう必要があり、そのためには19日に校了ということで、16日には入稿して、校正を繰り返しました。

 そして、明日には納品となり、発送、配布に取り掛かります。

 この新年号には11月、臨時県議会、12月定例県議会の報告が掲載され、特に新居浜のインフラ整備について記しています。

 県立高校の耐震化、11号バイパス、郷―桧端線、西町、中村線…。

 写真は新居浜市が進める角野船木線で、今年度に約4億6千万円を投じ、今年度中に第2工区の693メートルが開通し、大地工区の327メートル、第3工区の680メートルと全1,700メートルが開通する予定です。

 この道路が開通することで新居浜インターチェンジからマイントピアまでは距離的にも時間的にも大幅に短縮されることになります。

 また、山根グランドでの祭りに際し、太鼓台、人の流れも変わり、利便性が向上するのではないかと思います。

こんご、市の事業としては上部東西線の西進が期待されます。

20161214 角野船木線2サイズ変更

 さて、12月18日には「伊方原発停止・廃炉」愛媛・大分・山口共闘会議の総会と薦田弁護士による記念講演が行われ、翌19日には愛媛県と四国電力に申し入れを行いました。

 以下にその申し入れ文書を掲載しますので、参考にしていただければ幸いです。



                                                       2016年12月19日
四国電力取締役社長
        佐伯 勇人 様
                                             「伊方原発停止・廃炉」愛媛・大分共闘会議
                                                            代表 松本 修次
                                                              々 逢坂 節子
                                                              々 山本 新彦
                                                              々 内田 淳一
                                                              々 清田 昌助                                                                        々 岡本 博之
                                                              々 佐々木明美

                            伊方原発に関する申し入れ

 日頃より四国4県の電力の安定供給に尽力されておられる貴職に対し、敬意を表します。

 さて、2012年1月の伊方原発全基の停止から約4年7カ月経った2016年8月12日、伊方原発の3号機が再稼働し、そして9月7日に営業運転を再開しました。それは3号機が2011年4月29日に停止して5年4か月後でした。  

 一方、2011年3.11の東京電力福島第一原発事故から5年9カ月経った今も原因究明ができているとは言い難い状況にあります。
 例えば汚染水の根本的な解決の目途は立っておらず、その事故処理は当初の倍を超える額が21.5兆円~22.6兆円と試算されるなど、今後この数字がどのように拡大されるか、そして、それを誰がどの割合で負担しなければならないのかは極めて不透明で、その数字をにわかに信ずることなどできません。にもかかわらず国は、100%安全でない原発を「安全」で「安価」と言い切って高浜、川内、伊方と再稼働に突っ走っています。
 
 特に、伊方原発は閉鎖性海域である瀬戸内海に位置する国内唯一の原発であります。しかも、従来から南海トラフ、中央構造線による地震の危険性、そしてプルサーマルの危険性など多くの問題点が指摘されています。

 例えば、岡村 眞・高知大学特任教授、長沢啓行・大阪大学名誉教授、小松正幸・元愛媛大学学長らが基準地震動を過小評価していると指摘し、新たな調査を求めています。

 また、伊方原発2号機で使用している圧力容器の鋼材の強度不足が指摘されていることがフランスからの指摘で明らかとなりました。
 そして、この12月15日に田中俊一・原子力規制委員会委員長が来県し、中村知事との意見交換の中で、「屋内退避は有効」という見解を示しました。

 このように現在も、そして事故が起きた後の対応について考えると改めて原発の存在自体、そして稼働させようとすることに対して私たちは大きな危惧を抱かざるを得ません。

 言うまでもなく、ひとたび伊方原発で大事故が起きれば、本県の主産業である農林水産業や風光明媚な故郷に計り知れない打撃をもたらすことは自明の理です。

 県民の安全・安心を守るため、県域を越えた地域の安全・安心を守るためにも、下記の事項について申し入れを行います。

                                     記

1.プルサーマル運転を行っていた福島第一原発の3号機における徹底した原因究明を行うことを国に求めること。

2.これまで「新たな知見に基づき対応する」としてきたが、岡村 眞・高知大学特任教授、長沢啓行・大阪大学名誉教授、小松正幸・元愛媛大学学長らの指摘を「新たな知見」として認知すべきではないか。もし、しないとすればその理由を明らかにされたい。

3.フランスからの発信で伊方原発において使用している圧力容器の鋼材の強度不足が指摘されたが、この点についての見解を示されたい。

4.田中俊一・原子力規制委員会委員長が来県し、中村知事との意見交換の中で、「屋内退避は有効」という見解を示したが、これに対する認識をお示し願いたい。

5.福島第一原発の事故処理は当初の倍を超える21.5兆円~22.6兆円と試算され、その一部を貴社が負担しなければならないなど、その試算やスキームなどについて認識をお示し願いたい。

6.伊方原発3号機のプルサーマル運転を停止させること。

7.特に核廃棄物の処理については他人事では済まされず、「国任せ」にせず、国民・県民の命と健康と生活を守るという観点から、電気事業者として責任を持って主体的に捉えること。

                                                                      ―以上―

スポンサーサイト

【2016/12/23 10:53】 | 未分類
トラックバック(0) |
20161120 集合写真サイズ変更

ここ数日は怒涛のような日を過ごしました。

11月17日の夜は東予港からのフェリーに乗って、奈良県橿原市の奈良県立橿原球場、ネーミングライツで言うと佐藤薬品スタジアムへ。

ここでは第2回おじいちゃんの甲子園大会の予選が開催されました。

わが新居浜ビクトリーズは四国での3試合を勝ち抜き、ここ奈良で2試合に勝てば来年の11月に行われる甲子園での大会に出場する権利を得ます。

20161117 針の治療サイズ変更

しかし、小生は13日の練習で右ふくらはぎを痛め、歩くのもままならない状態になっていました。

そこで、頼むべきは東予鍼療所での針とお灸。

朝に夕に通って特急の治療で何とか歩けるようになり、そして、試合前にロキソニンを飲んで本番に臨みました。

初戦は地元奈良のオール高取寿チームに10:0の4回コールド勝ち。

しかし、翌日は雨で順延。

この週末に文化祭などの多くの行事があり、心の中では大きな葛藤がありましたが、甲子園がかかった試合に出ないわけにはいかず気持ちを整理して、翌日の試合に備えることに。


20161119 室生寺紅葉サイズ変更

大きな穴が開いた19日は約30キロ離れた室生寺、そして曽爾高原を訪れ、目の保養と体の休養に。

室生寺の紅葉は見事で、まるでテレビの宣伝に出そうな光景が眼前に広がり、同行したチームメートも同様の感嘆の声。

小生が撮った写真もなかなか好評でした。

そして、宿泊は財政状況が厳しいので、ホテルでの宿泊をあきらめ天理市内の健康ランドで一夜を明かしました。

大勢がいる中で人の気配、いびき、気温などで熟睡には程遠い状態で、20日には宇陀市の室生球場で世紀の一戦を迎えました。

20161119 室生寺正面サイズ変更

相手は香川県の瑞祥爛漫クラブ。

どの選手もバットが振れており、聞きしに勝る強豪チーム。

それでも笹田投手の力投で相手打線をを3安打散発に抑えて、一試合目に続いて完封。

打っては小生が膠着状態を打ち破る左中間への2ランランニングホームランで先制し、その後も幸運な1点を加えて、済んでみれば3対0の二試合完封で甲子園出場を果たしました。

20161119 曽爾高原サイズ変更

試合が済んで小生のプリウス君はほかのメンバーが乗るマイクロバスとは別に一路新居浜へ。

4時間余り、約350キロを駆けて7時過ぎには帰宅。

奈良での2試合は会心の試合で、小生もそれなりの役割を果たせて一安堵。

それにしても右足が試合に間に合ってよかったですね。

【2016/11/21 08:50】 | 未分類
トラックバック(0) |
20161031 弓岡監督とサイズ変更

早いものでもう11月となり、今年もあと2か月となりました。

祭り、祭りと言っていたのに過ぎ去ってしまいました。

祭りが済んですぐに特別委員会、常任委員会、そして24日からは常任委員会でつくばや東京への視察。

あっという間に時が流れて行ってしまいます。

10月最後の31日、マンダリンパイレーツ新居浜後援会が主催する優勝祝賀会がリーガロイヤルでありました。

愛媛マンダリンは昨年に続いて四国では優勝を収めましたが、日本一をかけた戦いでは負けてしまい、2連覇はなりませんでした。

そのマンダリンパイレーツを指導してきたのが今年3年目となる弓岡敬二郎監督。

1年目の前期が最下位の4位でしたが、それからはその指導力が発揮され、後期は2位に躍進。

そして2年目の前期が1位、後期も1位となり総合優勝。

さらに3年目の前期が1位、後期も1位で総合優勝。

つまり4期連続で優勝を果たしたことになります。

今年で13年を迎える四国アイランドリーグですが、これほどの結果を残した監督はいなかったのではないかと思います。

20161031 マンダリンパイレーツ集合写真サイズ変更

しかし、この弓岡監督もその実績と指導力が買われたのでしょう、今度オリックスバファローズの育成統括という人を任されることになりました。

従って、マンダリンパイレーツの監督としては今年限りとなり、11月の中頃からは新天地に赴任されることになるそうです。

20161031 弓岡監督と大西さん サイズ変更
 
弓岡監督は東洋大姫路高校出身で、小生の出身大学の関西大学の後輩で元大阪ガスの浦口君と同窓。

そんなこともあって、弓岡監督とは懇親会の席で関西弁での会話に花が咲きました。

さて、これからもその経験と指導力で若い選手の才能を十分に引き出し、開花させてほしいと思います。





【2016/11/01 08:52】 | 未分類
トラックバック(0) |
20161020 建設委員会資料サイズ変更

 今日は10月21日で、祭りが済んで3日目となります。

まだ、片付けも残っているし、反省会(総括会)なども残っているし、体自体もまだまだ日常に回帰したとは言えません。

とはいえ、世間は常に動いており、祭りがすんだ翌日にはエネルギー危機管理特別委員会があったし、昨日の20日には倫理法人会のモーニングセミナーが午前6時からあり、10時からは県庁で建設委員会があり、、夕方には憲法を守り活かす会の役員会がありました。

そして、明日は原発の関係で山口に行かなくてはなりませんし、週明けの24日~26日までは建設委員会の視察で茨城、東京へと移動します。

20161016 東臺神社へサイズ変更

 今年の祭りを振り返ってみると、天気予報には些か驚かされましたが、結果的には16日の朝は7時頃まで雨が残りましたが、劇的ともいうべき回復でした。

17日も朝の4時、5時頃は大雨のようでしたが、日中は暑さを感じるほどになりましたし、最終日の18日は雨の心配はありませんでした。

20161018 松木坂井とサイズ変更

 今年の東田太鼓台は二つの大きな野心的チャレンジをしました。

一つは太鼓倉から東臺神社まで車輪を外して担いでいきました。

野心的挑戦で、一時はどんなことになるのか心配していましたが、思った以上に人が寄ってきてくれて、15分強で事を成就させました。

まさに「案ずるより産むがやすし」でしょうか。

また、二つ目の野心的挑戦は寄せ太鼓で、16日はマルナカで、17日は山根グランドでそれぞれ下泉太鼓台と寄せ太鼓を行い、来年に10周年を迎える今年、新たな歴史的1ページを刻みました。

兎にも角にも誰もケガもなく、楽しくできたのがよかったですね。

今年4月9日の早朝に逝去された渡辺前東田太鼓台運営委員長も黄泉の地から豪快に「わははは」と喜んでくれているのではないかと思います。

改めてご冥福をお祈りいたします。

20161010 懸垂幕サイズ変更

 そして、いよいよ来年は東田太鼓台の購入から10周年であり、新居浜市制施行80周年。

 東田太鼓台は来年の10月9日(予定)に又野太鼓台とお互いに10周年を祝うべく、又野へ里帰りをさせたいと計画をしています。

 また、来年も元気で祭りができますように。



【2016/10/21 10:37】 | 未分類
トラックバック(0) |
20161010 懸垂幕サイズ変更

 今朝の気温は久しぶりに10度台で、急に気温が下がったので、とても寒く感じ、それだけに秋の訪れを感じます。

この時期になると秋の収穫、そして秋祭りの準備が急ピッチで進みます。

太鼓台の組み立て、幟立て、寄付の懸垂幕の掲出…。

そして、小生も祭りまでに議会報告を完配しなくてはなりません。

また、今年は東田自治会館の交差点付近の街路樹も交通安全の観点から4本伐採していただき、懸垂幕の視認性が格段に向上しました。

20161009 決起集会集合写真サイズ変更

10月9日には恒例となった東田太鼓台の「決起集会」も開催されました。

例年のように又野太鼓台さんからの参加もあり、飛び入りで松木坂井太鼓台さんからの参加もあり、夜遅くまで、賑やかに行われました。

また、この日は角野の中筋太鼓台、船木の池田太鼓台も新調お披露目。

見事な真新しい幕を見せていただきました。

サイズ変更20161010 籾摺り

そして、秋の恵みというわけで、コメも籾摺りを行いました。

今年の9月は雨が殊の外多く、その出来具合が心配されましたが、まずまずの収穫量だったみたいです。

祭りまであと5日。

16日、17日、18日と雨が降らないことを祈るばかりです。

【2016/10/11 09:30】 | 未分類
トラックバック(0) |
20161002 組み立てその1サイズ変更

いやー、長い間更新していませんでした。

気が付いたら、夏から秋へと季節が変わり、もうすぐ祭りとなっていました。

それにしてもこの9月から今日までの間、雨が多くてかないません。

我が家の太陽光発電を調べてみるとこの9月は晴れの日が4日しかなく、327KWしか発電していません。

一方、2013年の9月は529KWも発電しているのですから実に200KW以上少ないということで、単純な売電価格で計算すると、

8,400円も差となります。

少なくとも祭りの3日間の、雨は勘弁してほしいですね。

20161002 組み立てその2

雨が多いということは屋外での太鼓の練習は殆どできませんが、太鼓を組むと屋内での練習は可能となります。

やはり、祭りが近づくと太鼓の音が聞こえないのは寂しくて、雰囲気が出てきません。

いずれにせよ、小生の県議会報告を祭りまでに配りきらないといけないのですが、雨が降ると濡れてしまうので焦ってきます。


【2016/10/05 08:12】 | 未分類
トラックバック(0) |
20160820 桂文枝さんとサイズ変更

とにかく毎日暑い日が続きます。

8月7日には立秋で暦の上では「秋」今日は処暑で、暑さも落ち着くと言われたりしますが、現実は全くそんな気がしませんし。

新居浜は30日連続の熱帯夜で、さらに昨日は37.9度まで気温が上昇しました。

毎日、まるでビニールハウスの中に居るような気がします。

屋外で、野球やソフトボール、ジョギングをしていると目まいがしそうです。

20160820 山口高志さんとサイズ変更

そんな暑い日が続く中、この27日、28日は佐賀県で全国都道府県議会議員親善野球大会が開催されます。

これまでの10年間、愛媛県議会チームは他の県議会チームを相手に36勝1敗と好成績を残しています。

この数字を見れば全国1の実力と言っても過言ではないでしょう。

しかし、今年の佐賀での大会には昨年までの主力選手が様々な事情で3人が欠けるみたいです。

残った陣容でこの酷暑の中でどこまで戦えるのか不安が過ります。

20160820 竹内応援団長とサイズ変更


さて、8月20日、高松で関大フェスティバルin四国が開催され、学校法人の理事長、学長、校友会会長、教育後援会会長、多くの校友らが参加しました。

教授陣による講演もあり、応援団・、チア―リーダーによる迫力ある演武あり、とあっという間に時間が過ぎていきました。

関大の応援団長の竹内さんは、長い関大応援団の歴史の中で2人目の女性応援団長。

小生は予てから応援団の第94代団長の竹内さんと会いたかったので、その思いが成就させることができました。

20160820 団長とチアリーダー

その参加者の中では圧巻は桂 文枝師匠。

軽妙な語り口は流石でした。

また、往年は快速球の名投手として名を馳せた山口高志さんも参加して、小生と同じテーブルで杯を酌み交わしました。

山口さんはこれまで阪神のピッチングコーチをされていましたが、今は関大野球部の指導に当たっているとのこと。

関大野球部は専用球場も整備され、早瀬監督と山口さんとのコンビでこれから確実に強くなっていくと思います。

20160820チア―リーダータワー

いずれにせよ、このフェスティバルの成功に向けて尽力された各県の校友会支部の皆さんを始め、多くの皆さんに感謝申し上げます。




【2016/08/23 09:58】 | 未分類
トラックバック(0) |
20160801 サイズ変更2

参議院議員選挙など、色々なことがあった7月も終わり、8月に入って、もう3日。

梅雨明け前からの猛烈な暑さは続いたまま。

新居浜は連日33度、34度、35度、そして時には36度という日もあり、そして、夜も25度を下回ることも稀で、この暑さにうんざりとしています。

特に8月27日、28日と佐賀県で全国の県議会議員の野球大会があるので、これまでなまっていた体を元に戻すために必死です。

もうこの歳になって、技術を高めようなんて全く思いませんが、少なくとも暑さにだけでも慣れて、熱中症にならないために暑さと闘っています。

そこで時には昼休みに新居浜市役所に行って、キャッチボールをしたり、河川敷を走ったりしていますが、その汗の量は半端ではありません。

先日の31日、日曜日の午後、久しぶりに野球の練習に参加しましたが、体重が3キロ以上落ちていました。

まだ、まだ、暑さに慣れていないので、体調のコントロールが出来ずに必要以上の汗をかいている様な気がします。
20160801 サイズ変更

さて、FBにも書いていいますが、茨城県立大洗高校のマーチングバンド「ブルーホークス」の四国公演が8月1日~8月5日まで10公演が行われます。

昨年に続いての新居浜公演は8月5日、金、13時30分~市民体育館で行われます。

小生はこの日、県議会の特別委員会があるので、新居浜での公演を鑑賞することは叶いません。

これまで、市内の高校などを訪問して、夫々案内をしてきましたが、この公演を鑑賞すると大いに感動すると思います。

小生は昨年、船木中学校で初めて見た時には鳥肌が立ったことを昨日のことのように鮮明に覚えています。

20160801 サイズ変更1

空調がなく暑い新居浜市民体育館ですが、ぜひ、足を運んで日本1の大洗高校のマーチングバンドに接して、感動を得て下さい。

絶対に得をした気分になること請け合いです。


茨城県立大洗高校マーチングバンドの四国での公演日程

8・1 (月) ①15:30~ 香川県観音寺市大野原会館

8・2 (火) ②19:00~ 砥部町広田小学校・体育館

8・3 (水) ③10:00~ 伊予市しおさい公園・市民体育館
        ④14:00~ 久万高原町ラグビー場
                 (雨天時;久万高原町産業文化会館)
8・4 (木) ⑤10:00~ 松山市立石井北小学校・体育館
        ⑥14:00~ 内子町文化交流センター・スバル大ホール
                (小田自治センター)
        ⑦18:30~ 砥部文化会館・ふれあいホール

8・5 (金) ⑧10:00~ 松山市来住町・愛寿荘
        ⑨13:30~ 新居浜市民体育館
        ⑩18:00~ 丹原文化会館大ホール
                 前売り(一  般):1,500円
                   (高校生以下):1,000円
                 当 日(一  般):2,000円
                   (高校生以下):1,500円



【2016/08/03 18:50】 | 未分類
トラックバック(0) |
新居浜公演案内チラシサイズ変更

7月10日に投開票のあった第24回参議院議員選挙が終わって、早いものでもう10日。

梅雨時特有の蒸し暑さと雨という悪コンデコンディションの中で戦った参議員議員選挙。

さて、冒頭の画像は茨城県の大洗高校のマーチングバンドが8月5日に新居浜市民体育館で講演を行う案内チラシ。

今回は愛媛には8月3日~5日まで滞在して、実に8会場で演奏会をするとのこと。

酷暑の中でのマーチング演奏は体にかなりの負担を掛けると思いますが、この8会場の中でエアコンがあるのが3会場。

ホントに酷だと思います。

詳報は後日に。

サイズ変更永江さんの挨拶

さて、今回の参議院議員選挙は投票率は全国が54.7%で前回を2.09%上回ったが、憲法問題が問われた極めて重要な選挙でありながら、戦後5番目に低い投票率であった。

これは安倍総理の巧妙で極めて姑息な争点隠しによるものと考えられる。

 全国的に改憲を阻止し、立憲主義を取り戻すために野党が協力をする必要があるというムードが徐々に醸成され、1月29日に県内の野党間で学者・弁護士らの呼びかけによる協議が始まり、4月5日にながえ孝子さんが出馬表明し、5月12日に様々な調整をした上で、野党統一候補として調印を行った。

20自治体のうち、
松山:5,880票、新居浜:4,093票、西条 :3,313票、
東温:  106票、八幡浜:  636票、西予:   177票、
鬼北:  332票、松前:    384票 などで、ながえ票が上回った。

一方、山本候補の地元である今治市の11,694票を始め、
四国中央:3,041票、上島町:1,538票、愛南:1,040票、
内子:   1,014票、 伊方:   901票、など12市町で山本候補にリードを許した。

メガホンとのど飴サイズ変更

ながえ候補が立候補表明をして約95日、統一候補となって、約60日、それぞれが運動を展開し、現職候補を猛追したが、結果は…
山本  326,990票  
ながえ 318,561票 で、誤差の範囲とも言われる約8,429票及ばなかった。

正に惜敗だった。


【2016/07/19 08:37】 | 未分類
トラックバック(0) |
20160630 永江と

早いもので18日間の参議院議員選挙の運動も今日を含めて5日になりました。

梅雨明けを思わせる猛烈な暑さの中で、候補者を始め関係者も連日奮闘しています。

私たちも公示にの翌日から毎日午前7時~街頭に立って、投票率向上に向けた運動をしています。

ただ、通行をしている方にはどの陣営かわからない方も多いと思いますし、なぜこんな時間に、こんな場所に立っているのだろうかなどと思われる方も多いのではないかと思います。

こちらとしては「ながえ孝子」さんの応援の意味で立って入るのですが、法律によって、本人を類推させるポスター、写真、キャッチフレーズを記した幟などは禁じられていますからある意味仕方のないことです。

さた、各マスコミによる調査なども耳にしますが、「ながえ孝子」さんは現職を猛追しているとは言え、まだまだ抜き去るという所までいっていないようです。

残された5日間の運動の仕方、戦術や天候などの要素によって当落が変わるのだろうと思います。

比例車

さて、選挙戦も残り5日、選挙区選挙も大事ですが、私たちにとっては比例選挙も大事です。

吉田ただとも党首、福島みずほ副党首の当選をなんとしても勝ち取らなければなりません。

そして、6月30日の夕刻に高知から引き継いだ比例車も愛媛は今日が最終日。

今日は西条を経て、新居浜、四国中央市を午後8時まで走ります。

僕もその車に午後から乗り込んで「比例区は社民党」を訴えます。

比例区は社民党サイズ変更

道中でこの車を見かけたら、声援をお願い致します。




【2016/07/05 09:14】 | 未分類
トラックバック(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。